ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 最先端AI技術群 ~NEC the WISE~
  4. コンサルティング
  5. アナリストコラム
ここから本文です。

アナリストコラム

豊富な経験を持つデータアナリストによる、AI技術やデータ活用に関するコラムです。

分析コラム「趣味の分析のススメ!」[New]

NECソリューションイノベータ
亀山 篤志

2018年10月17日

好きこそ物の上手なれ、ということわざがあります。
好きなものに取り組むと、上達が早くなる、という意味ですが、これはデータ分析の勉強をする上でも当てはまることだと考えています。
今回は、実際どのような効果があるかについて、私の実体験を通して感じたことを書いてみようと思います。

メディア業界に起こるアド・シンギュラリティ

NEC 放送・メディア事業部
志村 典孝

2018年9月12日

2045年になると、AIが自分より頭の良いAIを作り、そのまたAIがAIを作り…というように爆発的に知能が加速し、AIが人類の知能を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」が起こると言われています。私が担当しているメディア業界でも今、様々な変化が起こっており、これからのメディアの未来にはどんなシンギュラリティが起こり得るのかを考えてみたいと思います。

花火大会をAIで「安心・安全」かつチョー楽しく!

NEC航空宇宙システム
川端 正憲

2018年8月9日

皆さんは日常生活においてどの程度「AI」という言葉を聞くようになったでしょうか?
最近は私達の生活の至るところでAI技術が使われており、私達の生活を豊かにしてくれています。そんなAIですが、いざAIを活用しようとしたとき、敷居が高いと感じておられる方が多いように思います。そこでAIをどう活用していこうかということにフォーカスしたいと思います。

文系でもデータ分析の仕事はできるのか

NECソリューションイノベータ
岡本 悠佳

2018年7月18日

私はNECグループの中でも少数派の「文系」のデータアナリストです。就職してから10年以上経っていますので、いまさら学生時代の専攻によって「文系」「理系」と分類する必要もないのかもしれませんが、よく「文系でもデータ分析の仕事ができるのですか?」という質問をいただくので、お答えしたいと思います。

スポーツ界におけるデータ分析

オートモーティブ本部
千葉 雄樹

2018年6月22日

世界的なサッカーイベントで連日盛り上がっています。
今日のプロ・サッカー、ひいてはスポーツ・ビジネスの世界とデータ分析は強い関係にあることをご存知でしょうか。近年様々な角度から注目される機会の増えたデータ・スポーツですが、その分析手法の概要に触れてみたいと思います。

「仮説立案」こそ、分析の第一歩

NEC アナリティクス サービス コンピテンス センター
落合 勝博

2018年5月22日

データサイエンティストには多くのスキルが求められますが、分析技術以外の部分をどのように伸ばせばよいのかの方法論は、まだ確立していないのが現状です。
今回は、NEC社内で多くの人材を育成してきた第一線の著者の視点で、データサイエンティストに必須の仮説立案力の鍛え方をご紹介します。

「飲める文庫」を実現するデータ分析

コーポレート事業開発本部
山本 康高

2018年4月24日

昨年度、NECはやなか珈琲様とコラボして、名作文学の読後感をコーヒーの味わいとして表現するブレンドコーヒー「飲める文庫」を発表しました。多くの反響を得たこの企画の裏で、どのような分析が行われていたのか?その内容を解説いたします。

NECは如何にしてAI人材を育成しているのか?

AI・アナリティクス事業開発本部
孝忠 大輔

2018年3月14日

AIに関する注目が集まる中、各所でAI人材が不足しているという話を聞くようになりました。メディアではAI人材争奪戦という切り口で取り上げられることが多く、NECもAIを扱う企業として取材を受けることが増えています。NECでは2020年にAI人材を1,000人にするという目標を掲げており、日々、人材育成活動に取り組んでいます。今回はNEC社内のAI人材育成施策についてご紹介したいと思います。

「こんなところにもIoT・AI・分析技術が!!!プラント編」

NEC アナリティクス サービス コンピテンス センター
若松 直哉

2018年2月15日

最近は、TVや雑誌でもAI・分析技術のキーワードを非常に多く見かけるようになりました。
実際に業務で関わっている方やTV・雑誌などの情報から、利用方法も含めかなり具体的なイメージができている方も多いのではないでしょうか。
そのような状況のなか、まさか「こんなところにもIoT・AI・分析技術」の視点でご紹介させて頂きます。

「IoT・ビッグデータ・AIの活用とは何か?」

NEC アナリティクス サービス コンピテンス センター
高城 真弓

2018年1月25日

データサイエンティストはデータの特徴を正しく把握し、それを報告したり、機械学習などの後工程に活かしたりする必要があります。単純なデータ集計ではデータの特徴を把握しきれない場合も多いため、本コラムではデータを把握するために必要な、データ可視化(データビジュアライゼーション)の方法について紹介します。

データサイエンティストに求められるビジュアライゼーション力(基礎編)

NEC アナリティクス サービス コンピテンス センター
中野 淳一

2017年12月13日

データサイエンティストはデータの特徴を正しく把握し、それを報告したり、機械学習などの後工程に活かしたりする必要があります。単純なデータ集計ではデータの特徴を把握しきれない場合も多いため、本コラムではデータを把握するために必要な、データ可視化(データビジュアライゼーション)の方法について紹介します。

チャットボットを活用した働き方改革

NEC AI・アナリティクス事業開発本部
森本 麻代

2017年10月12日

2016年に閣議決定され、一億総活躍社会実現に向けて働き方改革実現会議が実施されているように、近年では働き方改革が着目され強く推進されています。働き方改革とは、働き方を根本的に見直し、企業文化や社会風土を変えていくことを言います。今回は働き方改革でAIが活用できる可能性についてお話させて頂きます。

AIを使う中で見えた"違った視点"を持つこと

NEC アナリティクス サービス コンピテンス センター
志賀 正徳

2017年8月8日

設備保全に対してAIを活用した障害の予兆保全が一般的になってきました。
AIは、障害の予兆を「いつもと違う」状態から判断しますが、この判断を別な見方から活用してみれば、というご紹介をします。

鉄道分野におけるデータ活用

NEC アナリティクス サービス コンピテンス センター
河野 俊輔

2017年7月14日

アナリティクス サービス コンピテンス センターの河野です。鉄道業のお客様を中心としたデータ分析を担当しています。
今回は鉄道分野におけるデータ活用についてお話したいと思います。

流通小売業の現場で、部下としてのAI

NEC アナリティクス サービス コンピテンス センター
田辺 剛

2017年5月9日

「NEC the WISE」が発表されて半年が過ぎ、NECの独自AIのイメージもだいぶ認知されてきたように感じます。その一方、流通小売業の現場で多くのお客様から頂く、AI技術を実務で扱うことに関する課題についてご紹介します。

「人工知能で運命の人と出会えるか?」アイデアソン体験記

NEC アナリティクス サービス コンピテンス センター
彭 溪(ほう し)

2017年5月9日

先日「人工知能で運命の人と出会えるか?」をテーマとするアイデアソンに参加し、所属チームで見事1位を獲得することができました。今回はその体験談をご紹介します。

ペルソナマーケティングへのAI活用

NEC アナリティクス サービス コンピテンス センター
丸山 翔平

2016年12月27日

2016年11月に公開した「AI活用味覚予測サービス」(5つの質問に答えると、国民的お菓子「うまい棒」の好みの味を教えてもらえるというサービス)に関して、マーケティングへのAI活用という視点で紹介します。

ページの先頭へ戻る