サイト内の現在位置

インテリジェントICTで、人の移動をより快適に、モノの流れをより最適に

Intelligent Logistics & Mobility

産業構造の変化、荷主のビジネスのグローバル化によるサプライチェーンの複雑化、新規・異業種の参入による競争の激化――。サプライチェーン全体を最適化するために鍵を握るのがバリューチェーン全体をつなぐ物流です。

「Intelligent Logistics & Mobility」が目指す世界

ピックアップ事例

NECからのご提案

「Intelligent Logistics & Mobility」が目指す世界

物流を起点にバリューチェーンを全体最適化

NECでは、物流を起点とすることでバリューチェーンの全体最適が可能になると考え、「Intelligent Logistics」が実現する「未来の物流」を、次のように描いています。

「未来の物流」においては、実世界でモノが運ばれて流通するフィジカルロジスティクスネットワークと並行して、仮想空間のサイバーロジスティクスネットワークが広がるようになります。
これは、サプライチェーンに関連する販売計画や生産計画、需給情報などのさまざまな情報や、物流を支えるモビリティから得られる情報がもとになっています。
例えば、IoTにより収集、集約された情報を仮想空間で「見える化」し、AIを活用し分析した需要予測から最適な需給計画を実現。仮想空間でサプライチェーン全体のプロセスを横断的に俯瞰した上で計画したり、その時々の状況に合わせてダイナミックな変化をシミュレーションしたりすることで、実世界での最適なリソースの配備、最適な輸送ルート、そして最適なサプライチェーン構築が可能になります。

NECは、単にデータの「見える化」に留まらず、最適化を実現するための「使える情報」に進化させ、実世界と連動させるロジスティクスプラットフォームの提供を目指しています。

物流の動きに合わせ生産ラインの予定を組むというご提案

NECは自らがメーカとして、いち早くマスカスタマイゼーションの波を経験し、工場・物流・営業の三位一体体制を築き、物流改革をビジネスプロセスの強みに変えてきたノウハウの蓄積があります。
この改革の最大のポイントは、製造に物流を合わせる(造ったものを運ぶ)のではなく、「出荷便(物流)の動きに合わせて生産ラインの投入予定を組む(即ち、運びに合わせて造る)」これまでとは逆の発想で生産ラインと出荷便の同期を仕組み化したことでした。
また、業務の効率化、AIを活用した精度の高い予測、またセキュリティ、IT/通信/OT、車載デバイスなどに関する高度な技術を磨き上げてきました。さらには自動走行など新たなモビリティの進化が、物流サービスの高度化を支えています。

効率化の先にある、オンデマンドの快適なロジスティクスの実現を。
NECでは、お客さまと共に、バリューチェーンイノベーションによる価値創出を実現します。

安全・安心を支える豊かなモビリティ社会

物流を含め、人・モノの移動を支えるモビリティ。自動運転、コネクテッドカー、シェアード化などの登場により、車の価値は大きく変化し、業界の構造自体も大きく変化しています。
NECはセキュリティ、AI・IoTなどの先進技術を有しており、それらの豊富な実績を生かして、次のようなモビリティ社会の実現を描いています。

車に取り付けられた複数のセンサーによって収集された情報から、数秒後に起きうる危険をAIで予測します。そして収集データや車両情報などをクラウド上のセキュアな環境につなぎ集約して、さらにAIで学習・分析。その結果をもとに新しいモビリティサービスを生み出します。
NECはモビリティに関わる様々なステークホルダーと共に、安全・安心なモビリティ社会に貢献していきます。

ピックアップ事例

物流インフラの高度化でインドの経済発展に貢献

経済発展に向けて企業誘致に取り組む中、輸送のリードタイムの長期化や遅延など物流インフラの整備が課題となっていたインドで、RFIDを活用しコンテナの位置情報をクラウド上で見える化する物流可視化統合プラットフォームを構築し、サービスを展開。これにより、製造業、流通業といった荷主や運送業者など物流に関わる各事業者がコンテナの位置情報をリアルタイムで確認でき、輸送のリードタイム短縮や在庫削減、生産計画の精度向上が図れるようになりました。現在も得られたデータを活用したサービスの拡充に向け、新たな取り組みが始まっています。

物流が生産のリズムをつくる
製造業のサプライチェーン改革事例

グローバル競争の激化、多品種少量生産・短納期化への対応のため、生産革新を迫られたNEC。工場内の生産ラインの改革に加えて、お客さまからの注文を起点にまず納期を確定、それに合わせて生産計画をたて、部材を調達する流れに変更。オーダーから調達までを連動させる仕組みとし、物流が「リズムをとる」役目を担うサプライチェーン改革を行いました。この改革により、納期を遵守するとともに、注文から納品までのリードタイムが大幅に短縮してお客様に製品を届けられるようになりました。

交通・商業事業者とともに
ICカードを活用した地域創生事例

全国各地で課題にあげられる地方創生。熊本県でも地域活性化に悩みを持っていました。そこで交通・商業事業者とともに検討して生まれた熊本地域振興ICカード「くまモンのIC CARD」。利用者の利便性が向上するだけでなく、交通・商業事業者のシナジーを活かしたキャンペーンを打つことでお客様の移動や購買を促進します。また利用者のデータを分析することで、さらに快適な交通整備や新たなサービス検討に貢献します。

NECからのご提案

  1. 企業間連携のロジスティクス展開によるサプライチェーン革新
    サプライチェーンにおける人・モノの流れをすばやく見える化し、リアルタイムに物流情報を把握することで、最適な需給バランスを実現するダイナミックなサプライチェーン革新を創造します。またDR/BCP対策や、AIを活用して障害を未然に防ぐことでサプライチェーンの永続性を確保します。
  2. 生産・販売・物流、三位一体のロジスティクス革新
    生産・販売・物流部門が連携し、出荷動向をベースにした流れを作り、物流起点の省力化/効率化/自動化を通じて、ムダな生産、仕入れ、在庫確保を極小化。
    さらには、経営戦略に基づく組織体制の改革へつなげます。
  3. 物流現場の効率化/最適化による現場革新
    実世界の物流情報をIoT技術によりリアルタイムに収集し、AIにより最適なルートおよび輸送手段を選択します。
    また、AI・IoT・ロボットの導入により、自動ピッキングや自動搬送、出荷検品プロセスの自動化、作業の省人化や作業人員の最適配置を可能にすると共に、ドライバーの見守りなど、日々の作業における安全・安心やミスの撲滅、生産性向上を目指した現場マネジメントの強化へ貢献します。
  4. 新たなモビリティサービスの提供支援
    クルマの自律化およびコネクティッド化、次世代車載情報通信システム(IVI)や先進運転支援システム(ADAS)などの開発を支援。NECのセキュリティ、AI・IoTなどの先進技術と、豊富な実績を生かして、モビリティに関わる様々なステークホルダーと共に、物流業界をはじめ様々な産業でのモビリティサービス提供を加速し、安全・安心・快適なモビリティ社会に貢献していきます。

関連事例・取り組み

株式会社ミツウロコ様

新無線通信技術「LPWA」とIoTで、配送業務を効率化

村田機械株式会社様

リアルタイムな物流を支える「自動倉庫システム」にSDN導入

住友電気工業株式会社様

AIやIoTを活用したモビリティ事業でNECと協業

アーメダバードスマートシティ開発会社様

IoTを活用し安全で正確なバス運行を実現