サイト内の現在位置

NECの取り組み

NECのSAPビジネス取り組みの歴史

NECは1994年よりSAPビジネスに本格的に取り組み、参画プロジェクト数は200以上。また、2008年より全社を挙げ、SAPを用いたグローバルでの業務改革(Global One = G1)プロジェクトを遂行。現在、日本国内最大級のSAPユーザです。

NECグループは日本一のSAP認定コンサルタント数を擁しており、豊富な技術力を保有。それらを基に、自社システムのプラットフォームにSAP HANAを採用するなど、さまざまな最新技術をいち早く取り入れ、常に新たな価値創造にチャレンジしています。

NECのSAPへの取組の歴史

SAP社との強固な連携関係

NECは、SAPの各種パートナープログラムを締結し、各種認定を取得しているSAPのトータルビジネスプレイヤーです。

日本企業単独としては、SAPドイツ本社内に  SAPコンピテンスセンターを初めて設置(2008/4/18)。SAP社とも強固な連携関係をフル活用し、グローバルに活用可能なサーバ・ストレージの認証や新しいSAPソリューションの検証評価を行い、最適なSAPプラットフォーム製品およびサポート、最新ソリューションを迅速にご提供します。

SAP社との強固な連携関係

NECの自社での取り組み(NEC経営システム改革)

2008年より、NECグループ全社挙げて、「経営のスピードアップ」、「連結の見える化とリアルタイム化」をテーマに経営システム改革に取り組み、わずか3年間で、グローバルでの業務改革(業務プロセス・コードの標準化)とシステム構築展開を行いました。その結果、日本最大級(国内・海外含め10万人規模)のSAPユーザとなっております。

また、さらなる経営のスピードアップと効率化を目指し、NEC経営システムの基盤(プラットフォーム)として『SAP HANA』を採用。経営判断、業務判断の更なるスピードアップと運用コストの削減を実現します。

NEC経営システム改革

SAP Award of Excellence

SAPビジネスへの貢献度、ならびに顧客満足度などにおいて、高く評価された優秀パートナーに授与される賞である『SAP AWARD OF EXCELLENCE』において、NECは毎年、数多くの賞を受賞しています。

2019年 受賞実績

NECは2019年、SAPジャパンが優秀パートナー企業を表彰する『SAP AWARD OF EXCELLENCE 2019』において、最優秀賞「プロジェクト・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

SAP AWARD OF EXCELLENCE 2019
最優秀賞「プロジェクト・オブ・ザ・イヤー」受賞

日本電気株式会社 / アビームコンサルティング株式会社
 「株式会社三井住友フィナンシャルグループ様:グループ共通人事プラットフォーム導入プロジェクト」

国内初、「SAP® SuccessFactors®」と「SAP® Cloud Platform」を組み合わせ、様々な要件を柔軟に実現できる画期的な「セミオーダーメイド型の人事プラットフォーム」構築によってSMBCグループ各社様の人事情報の統合管理を支援可能にし、クラウド時代の新たな人事サービスの形を実現したことを高く評価されました。

過去の受賞履歴についてはこちら

SAP PROJECT AWARD受賞  イメージ

お問い合わせ