サイト内の現在位置

デジタルトランスフォーメーションを実践するために…
NECがおすすめする3つのポイント

企業競争力を強化し、新しいビジネスの創造と社会価値を生み出す、
デジタルトランスフォーメーションを実践するためには何が必要なのか?

企業の現場革新・グローバル化・顧客の多様化へ対応するために、デジタルトランスフォーメーションが注目されています。しかしながら、すでに多くのITシステムが利用されている状況のなか、それらを効率的に運用したり、高度に使いこなし、さらにはAIやIoTを導入して「デジタルトランスフォーメーションを実践すること」にどのように取り組めばよいかわからないというのが、現状ではないでしょうか。

【デジタルトランスフォーメーションを実践するための課題】

・システムの最適化(基幹システムを中心にシステム全体を最適化)
・業務の標準化(部門ごとにバラバラな業務を共通化・標準化)
・最新IT技術の活用(AI, IoTの効果的な導入)

NECは、自社で実践してきた事例やそこで蓄積してきたノウハウをもとに、3つのポイントをご提案します。

<実践ポイント1>
安心・安全に情報基盤を
構築することに合わせ、
テクノロジーの特徴を理解しながら、
最適な技術を適用することが必要。

デジタルトランスフォーメーションを具体的に実践していくためには、部分的に使われているITシステムを見直し、確実なデータ統合を可能とする「情報基盤」を、安心・安全・確実に構築していくことが必要ですが、それに合わせて、先端のテクノロジーを、用途に合わせて適用 していくことが重要なポイントとなります。
その際に一番重要になるのが、テクノロジーの特徴をよく理解したうえで、自社のビジネスに合った適用を考えていくことです。テクノロジーにはそれぞれ特性があります。それらを正しく理解し、情報基盤に組み合わせていくことで、デジタルトランスフォーメーションが実践されていきます。

参考情報

<実践ポイント2>
AIやIoTなどの先端テクノロジーを
活用することで、業務改革を加速。
成功事例を取り入れていくことが
最も効果的。

デジタルトランスフォーメーションを実践し、成功させていくことは、それほど簡単なことではありません。自社の現場の状況に合わせて、AIやIoTを実装していくことで改革が加速していきますが、それには、経験とノウハウが必要となります。成功事例から、自社にとってのベストプラティクスを見つけ、適用していくことがもう一つの重要なポイントになります。現場の情報を収集し、分析を行い、改善を繰り返し行うことのできる仕組みを構築。改善活動を加速させながら課題を解決していくことでデジタルトランスフォーメーションが実践されていきます。

NECの実践例

NEC自社実践事例

<実践ポイント3>
ヒト・モノ・プロセスをつなぎ、
新しいビジネスモデルを構築。
バリューチェーン全体で構想し
デザインしていくことが重要。

デジタルトランスフォーメーションを実践していくためには、事業に関わるヒトと事業に必要なモノ、発生するプロセスの連携が必要になります。その際に、重要なことは「バリューチェーン全体」をどのように構想するのか。利用するヒトにどのようなメリットをもたらし、どのように利用してもらうのかをデザインしていくことが重要なポイントになります。 ヒト・モノ・プロセスをつなぎ、企業間の連携で形成されるバリューチェーン全体を変革。デジタルトランスフォーメーションの実践と加速を実現していきます。

参考情報

関連記事

リアルとサイバーをつなぎ合わせて新たな価値を創造し、私たちの暮らしやビジネスをより良く変えていくこと。これが、NECの考えるデジタルトランスフォーメーションです。未来の経営に必要なリソースをつなぎ合わせ、人々の生活や働き方の変革、都市運営から都市経営への変革、持続可能な企業・産業への変革を通して、個人と社会に最適なサステナブルな社会の実現を目指します。

デジタルトランスフォーメーション

製造業の皆さまの「ものづくり」を革新・強化することを目的に、自社の生産革新やサプライチェーン改革のノウハウを活かし「NEC ものづくり共創プログラム」として様々な活動を展開中です。

NEC ものづくり共創プログラム

お問い合わせ