サイト内の現在位置

“DX時代に向けた” 企業の業務基幹システムにおけるデータ活用のポイント

コラムで学ぶデータ活用

製造業ITメーカーのIT部門のメンバーでDXの推進をリードする立場に抜擢された新見さん
「2025年の崖」で言っていることとは?DX推進のためのデータ活用とは?
うわべの取り組みに終わらないために、DXの全体像や真髄を理解すべく、物知り博士の古田先輩と知見を深めていきます。

登場人物紹介

  • 新見さん
    製造業ITメーカーのIT部門でDXの推進をリードする立場に抜擢された。
    DXに対する知見は広く浅い。
    質問が鋭く、その洞察力は社内でも一目置かれている。
    メモ魔。

新見さん

  • 古田先輩
    新見さんの先輩。日本経済の発展を心から願っている職場内の物知り博士。
    話し出すと止まらないのは少々難点。
    しかしながら、大学でも教鞭をとり豊富な知識と経験に裏打ちされたリアリティある解説には定評がある。

古田先輩

コラム一覧

「2025年の崖」という言葉が随所で取り上げられており、なにやら切迫感があります。ある製造業企業のIT部門で基幹業務システムを担当し、昨今DXを検討するメンバにもアサインされている新見さんは、熱心に勉強しています。今回は職場の古田先輩にこの「2025年の崖」についていろいろ質問してみることにしました。古田先輩は、職場内のものしり博士。話し出すと止まらないのは少々難点なのですが、大学でも教鞭をとり豊富な知識と経験に裏打ちされたリアリティある説明には定評があり、生半可に書籍を読むよりずっと勉強になるのでした。

新見さんは、「2025年の崖」から、DXを進めるにあたり「データ活用」が重要であることを学びました。そして、「データ駆動型経営/ビジネス」というものが、ずっと気になっています。 “「データ活用」というけれど、それなら今までもずっと取り組んできたし、一体どこが違うのか”と。

新見さんは、前回「データ駆動型経営/ビジネス」について確認しました。そしてその話のなかで、古田先輩は最近なにかと話題の「AI」についても語られており、大変気になっています。そこで今回は「AI活用」という視点で話を聞くことになりました。

新見さんは、定期的に情報共有会を行っているグループ企業のIT部門の方から、「欲しい情報がとれない」とユーザから最近よく言われて困っていると聞きました。また、そのIT部門で作成した情報系システムはユーザに使われておらず課題となっているとのこと。これまで「データ活用」の視点でいろいろ勉強してきた新見さんは、データの充実化が不十分なのではと考えましたがそうでもないようです。

企業がDXを推進する上で、「データ活用」というものが、いかに重要なのか認識し始めた新見さん。具体的に集めたデータをどのように活用しいけばよいのか、そして活用していくためにIT視点でどのようなことを気にしなくていけないのか、もう少し詳しく古田先輩に聞いてみることにしました。

DXを推進するデータ活用において、7つの要素を考慮しながら、企業全体で全体設計をしていくことがポイントであることを勉強した新見さん。
その中でコードとマスタの標準化・統合化も重要な課題と聞き、今回はここを掘り下げて聞くことにしました。

新見さんは、ふと思いました。「2025年の崖」で聞いた全社横断的なデータ活用が必要だとしたら、海外進出をしている企業は、現地法人もその対象になるはずだと。はたして、グローバルベースでシステムを標準化/統合化するなどというのは可能なのか。
古田先輩に聞いてみるとなかなか大変なようです。

これまで、「データ活用」という視点で新見さんはさまざまなことを勉強してきました。今回は最後のテーマとして、「組織変更対応」について学びます。見逃しがちではあるものの、組織変更対応もデータの「精度」と「鮮度」を保証するうえで非常に重要テーマだとのこと。プロジェクトの中でどのように進めていくべきか。設計の初期段階から留意して進めていく必要があるようです。

コラム制作者:
日本電気株式会社 DX事業推進本部 SAPビジネスグループ
中西英介・土屋直之

本コラムの設定は架空のものであり実在の人物や団体などとは関係ありません。

お問い合わせ