サイト内の現在位置

【悩み1】テレワークって生産性は上がるの?

「テレワークを始めたのに生産性が上がらない」といった声をよく聞きますが、
テレワークで変化するのは、「働く場所」。
生産性の向上に重要なのは、「働き方の質」を高めることです。
NECでは、”一人ひとりのパフォーマンス最大化”を目指して、
「会議」・「関係」・「業務」の質の向上を行っています。

働き方の質を高める ポイント

会議の質の向上
関係の質の向上
業務の質の向上

会議の質の向上(共創・創造の場)

新たな働き方におけるWeb会議は、「共創・創造の場」としての役割が期待されます。
オフィス、リモート両方の参加者が集中して参加するWeb会議を実現できるか、「会議の質」の向上が求められます。

関係の質の向上(チームの生産性の向上)

新たな働き方では、チームメンバー間のコミュニケーションが疎遠になりがちです。
業務負荷や進捗がわからない状況では、チームの生産性低下につながりかねません。
いつでも気軽なコミュニケーションができるか、「関係の質」の向上が求められます。

業務の質の向上(日常業務のサポート)

新たな働き方では、システムやツールの使い方など、今までオフィスで聞けたことも、自ら解決しなければならず、生産性の低下につながっています。
そうしたノンコア業務をどこまで削減できるか、「業務の質」の向上が求められます。

おすすめソリューション

DXの時代において必要不可欠なのは外部パートナーとの共創。
しかし、いざ始めても上手くいかないという声をよく聞きます。重要なことは、従来の当たり前を見直してみること……
Post COVID-19における特徴の一つである、働く場所の多様化。
そこで重要となるのは、いつでも、どこでも、どんな端末からでも、安心・安全に仕事ができること……

詳しく知りたい方はこちら

NEC 働き方DX DAY セッション抄録

関連コラムを読みたい方はこちら

NEC デジタルワークプレイス

他のコラム・レポートはこちら