サイト内の現在位置

NECのデジタルワークプレイス

New Normal時代の新しい働き方とビジネスの在り方をご提案します。

一時は全国に発令された新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルス感染拡大の第二波の警戒を怠らず、ビジネスを止めないため然るべき準備が必要となっています。また、新型コロナウイルス終息後のNew Normalの世界では、「新しい生活様式」の浸透により、様々なビジネス変化が起こります。このようなNew Normalのビジネス変化を受け、働き方のあり方を再定義し、NECでは新たな働き方やビジネスを生み出す場所としてデジタルワークプレイスを提供します。

New Normal時代のビジネスの変化「デジタルワークプレイス」

新型コロナウイルスのワクチンが開発されたり治療法が確立するまでは、感染防止のため継続してソーシャルディスタンスを確保し、ビジネスを進める必要があります。これまでとは違う、リモート前提の新しい働き方、ビジネスの進め方が求められます。New Normal時代の新しいビジネスの在り方としてNECは「テレワーク」「トランスフォーメーション」「トランスペアレンシー」「タッチレス」を提案します。

New Normal時代の4つのビジネス変化

New Normalでは可能な限りの移動自粛を求められることが考えられます。例えば、「通勤はテレワークやオンライン会議で抑制」、「出張はやむを得ない場合のみ」といった考え方が当たり前になります。このようなNew Normalな世界において、オフラインだから生産性が落ちるといったことでは、遅れをとります。NECでは、オンラインとオフラインを融合させ、オフラインの世界においてもオンラインと同等のテレワーク環境を提供します。

会社環境へ安全にリモート接続したい
離れていてもコラボレーションしたい
従業員の健康と幸福を守りたい
テレワークでも成果が見えるようにしたい
どこからでもスキルを向上できるようにしたい
セキュリティリスクへの不安を解消したい
リモートで業務を行いたい

新型コロナウイルス感染拡大の第二波や災害への警戒を怠らず、ビジネスを止めないために然るべき準備が必要です。新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言下ではテレワークを行いたいが、「紙文化がのこっているためにオフィスに行かなければ仕事ができない」、「周りの人に相談・確認できないので仕事が滞る」といった声が聞こえました。NECでは、緊急事態宣言下などの環境下においても業務継続が可能となるよう、デジタル化・自動化によるリモート前提の業務改革を支援します。

紙文化から脱却したい
AI・自動化で価値ある仕事にシフト
デジタル化を徹底サポートしてほしい

新型コロナウイルス感染者発生に伴い、オフィスや工場の一括閉鎖が社会問題となったことは記憶に新しいですが、New Normalな世界においても「三密回避(ソーシャルディスタンス)」や「接触確認」、そしてそれに対応する「働き方改革」が継続して求められてます。NECでは、New Normalで新たに求められるようになるリソースの可視化と把握により、場所に左右されない多様な働き方を支援しながら、適切な接触者/非接触者の分類を支援し、感染発生に伴う影響範囲拡大を最小限に抑えます。

働く場所と人のつながりを見たい
オフィス・現場の三密防止をしたい

新型コロナウイルス感染拡大時には、モノへの接触そのものが感染リスクとして認識されました。New Normalな世界においても不特定多数の人が接触するモノへの接触は極力回避することが継続して求められます。NECでは、生体認証、ジェスチャー指令などの独自技術を活用した非接触による感染防止を支援します。

Touchless環境の実現(顔パス、ジェスチャー指令)をしたい

関連記事

イベント・セミナー

プレスリリース

関連リンク

お問い合わせ