サイト内の現在位置

【悩み3】Post COVID-19を見据えたITインフラって?

Post COVID-19における特徴の一つである、働く場所の多様化。
そこで重要となるのは、いつでも、どこでも、どんな端末からでも、
安心・安全に仕事ができることです。
NECでは、従来の「境界型防御」ではなく、「ゼロトラスト」を意識したITインフラを整備しています。

「ゼロトラスト」を意識したITインフラのポイント

端末環境
Webアクセス
アカウント管理

端末環境

働く場所が多様化すると、端末の盗難・紛失など情報漏えいのリスクも高まります。
どこからでも安心して利用するには、端末のシンクライアント化が有効です。
OSアップデートやパッチ適用の一元管理で、セキュリティリスクの低減も可能です。

おすすめソリューション

Webアクセス

情報収集やクラウドサービスの利用など、業務を行う上で不可欠なWebアクセス。
会社からでも、自宅からでも、どこからでも同じセキュリティポリシーを適用してWebアクセスできることが求められます。

アカウント管理

リモートワークとクラウドサービスは相性が良く、ますます利用は増加しています。
一方、利用するサービスが増えるにつれ、アカウントの適切な管理も必要となります。
アカウントの一元管理、なりすましによる情報漏えいリスクの低減が求められます。

「テレワークを始めたのに生産性が上がらない」といった声をよく聞きます。テレワークで変化するのは、「働く場所」。
生産性の向上に重要なのは……
DXの時代において必要不可欠なのは外部パートナーとの共創。
しかし、いざ始めても上手くいかないという声をよく聞きます。重要なことは、従来の当たり前を見直してみること……

詳しく知りたい方はこちら

NEC 働き方DX DAY セッション抄録

関連コラムを読みたい方はこちら

NEC デジタルワークプレイス