サイト内の現在位置

Digital Office

リアルとデジタルが融合する新しいオフィスの在り方

資料ダウンロード

デジタルオフィスとは

働き方が多様化する中で、労働力の確保と生産性向上を両立すべく、多くの企業がオフィス環境のデジタル化に取り組んでいます。近年では、受付システムの導入や会議室予約のデジタル化、タッチレス入退など、多くのプロセスがデジタル化され、生産性向上に寄与しています。この取り組みを成功させるためには、これからのオフィスの姿をとらえ、プロセスの見える化や利用者に寄り添ったオフィス改革が重要です。

これからのオフィスの姿

これまでのオフィスは、みんなが“同じ場所”で“同じ時間”に働くための画一的な場所というのが主流でした。しかし、ここ数年で、オフィスワークとリモートワークが融合するハイブリッドワークへのシフトが急速に進む中、オフィスが提供する機能は"ただ人々が集まり働く場所"では、もはや不十分になりました。
これからのオフィスは、人々が集まることの価値を最大化する活動起点として、再定義されます。新しいオフィスでは、組織や会社の枠を超え、人と人とがつながりを大切にし、想いを伝え合い様々なコミュニケーションを行うことで、コラボレーションを生み出す拠点としての役割に注目が集まっています。

リアルとデジタルが融合する新しいオフィスとは

新しいオフィスでは、リアルとデジタルのそれぞれの強みを活かし融合させながら人々をアシストすることで、コミュニケーション活性化やストレス緩和、創造力アップをサポートします。
例えば、顔認証によるタッチレス入退ゲートやタッチレス決済の仕組みでは、セキュリティカードやお金を取り出す動作をなくすことで、利便性向上し、利用者のストレス緩和をサポートします。


デジタルオフィスに関係する製品・ソリューション

資料ダウンロード