サイト内の現在位置を表示しています。

ビジネスコラム -勤怠管理システム 勤革時

「勤怠管理」関連のビジネスコラムをご紹介します。旬のキーワードやお客様の経営課題解決、IT検討に役立つ情報をお届けするコラムです。

来年に控える育児介護休業法改正!抑えるべき改正情報を整理!

定期的に改正されている育児介護休業法。男性の育休取得も増加傾向にある中、ここ最近では「短時間勤務」、「テレワーク」、「看護休暇」等のキーワードが注目されている。企業の働き方や規程整備にも影響してくる最新法改正情報のポイントを要チェック。

5分で復習!今さら聞けない定時決定のポイントをおさらい。

定時決定のポイントについて、分かりやすく徹底解説します。

【残業申請制度の落とし穴】労働時間の管理は誰がする?

日々の労働時間を管理する責任は会社側にあります。もし会社側が従業員の労働時間を適正に管理せず、残業申請なども従業員任せにしていれば、あとあと未払い残業代などの問題が起こる可能性もあります。
本記事では、自己申告制の残業時間を切り口に、具体例を交えながら解説していきます。

時間外労働には36協定の締結が必要! 正しい内容で作成を

繁忙や人手不足などにより、どうしても所定労働時間内に業務が終えられない場合も存在します。そのような場合には、従業員に残業を行って貰いますが、そのためには一定の手続きが必要となります。当記事では、時間外労働に必要となる36協定について、解説を行っています。

2024年4月施行の法改正情報を徹底解説!

2024年4月施行の労働条件明示義務について、対応ポイントを徹底解説します。

【総チェック】2023年に実施される法改正情報

2023に改正される労働基準法、育児介護休業法についてご紹介します。

勤怠管理システム導入の“前と後”

従業員の勤怠管理に関する経営者の責任は年々重くなっています。正確でより細やかな勤怠管理を実現する勤怠管理クラウド。その効果について導入前後のエピソードを交えてご紹介します。

これだけは知っておきたい経営者のための法律知識(勤怠管理篇)

適切な勤怠管理は、コンプライアンスが重視される昨今、企業にとって必要不可欠です。 勤怠管理の中でも、特に従業員の労働時間管理の重要性に焦点を当て、 事例を交えてわかりやすく解説します。

これだけは知っておきたい経営者のための法律知識

お問い合わせ・無料トライアル