サイト内の現在位置

技術のNECを牽引する研究者たち

2022年2月22日

NECのNo.1技術成果は、学術界をリードする卓越した研究者たちに支えられてきました。
NECは、これからも研究者にとってNo.1の成果を出せる「場」であり続けます。

国際的に学術界をリードするNEC研究者

今岡 仁
世界No.1の顔認証技術

史上最年少NECフェロー

峯松 一彦
世界をリードする共通鍵暗号の研究者

山本 剛
量子コンピュータ開発を牽引する研究者

Ghassan Karame
高速ブロックチェーン

Ghassan Karame

Mathias Niepert
グラフベース関係性学習

Mathias Niepert

Manmohan Chandraker
コンピュータビジョン

Manmohan Chandraker

今もなおNECとのつながりを持つ著名な研究者

Yann LeCun

Vladimir N. Vapnik

蔡 兆申/中村 泰信

Ronan Collobert Jason Weston

Kai Yu

Leon Bottou

Yidong Huang

研究人財の育成の特色

高度研究人材の認定制度について

2015年から管理職層には研究専門職制度を導入し、主席研究員のポストを設置しました。
また、非管理職層でも研究開発業績の優れた人材には特別な報酬制度を適用する
「選択制研究職プロフェッショナル制度」を導入しています。

アカデミアでのNEC研究の競争力

機械学習に関する難関国際学会*1 における論文
採択数は企業として世界5位(2000年-2017年、当社調べ)
他AI分野のトップ学会*2 で論文採択多数

  • *1
    NeurIPS、ICML、KDD、ECML-PKDD、ICDM
  • *2
    AI一般: IJCAI, AAAI、画像認識系: ICCV, ECCV, CVPR など

ACM CCS、Eurocrypt、IEEE S&Pなどサイバーセキュリティ関連の難関学会で論文採択多数

セキュリティ

光通信に関する難関学会(OFC/ECOC)において30年以上連続で多数の論文採択

ネットワーク

難関国際学会(機械学習)の論文採択数

難関国際学会(機械学習)の論文採択数
企業ランキング(当社調べ 2000-2017)

お問い合わせ