サイト内の現在位置

技術のNECを牽引する研究者たち

2019年11月6日

NECのNo.1技術成果は、学術界をリードする卓越した研究者たちに支えられてきました。
NECは、これからも研究者にとってNo.1の成果を出せる「場」であり続けます。

国際的に学術界をリードするNEC研究者

今岡 仁
世界No.1の顔認証技術

史上最年少NECフェロー

Ghassan Karame
高速ブロックチェーン

Ghassan Karame

Mathias Niepert
グラフベース関係性学習

Mathias Niepert

Manmohan Chandraker
コンピュータビジョン

Manmohan Chandraker

今もなおNECとのつながりを持つ著名な研究者

Yann LeCun

Vladimir N. Vapnik

蔡 兆申/中村 泰信

Ronan Collobert Jason Weston

Kai Yu

Leon Bottou

Yidong Huang

研究人財の育成の特色

基礎研究への持続的な投資を維持し、2018年度目標「AI研究者数300名」を宣言(2016年度IR)しました。
現在はそれを大幅に上回る470名を達成、今後さらに周辺領域を強化する予定です。

AI研究者数300名宣言

2015年から管理職には研究専門職制度を導入し、主席研究員のポストを設置しました。
また、非管理職(若手)に報酬上限のない「選択制研究職プロフェッショナル制度」を導入しています。

アカデミアでのNEC研究の競争力

機械学習に関する難関国際学会*1 における論文
採択数は企業として世界5位(2000年-2017年、当社調べ)
他AI分野のトップ学会*2 で論文採択多数

  • *1
    NeurIPS、ICML、KDD、ECML-PKDD、ICDM
  • *2
    AI一般: IJCAI, AAAI、画像認識系: ICCV, ECCV, CVPR など

ACM CCS、Eurocrypt、IEEE S&Pなどサイバーセキュリティ関連の難関学会で論文採択多数

セキュリティ

光通信に関する難関学会(OFC/ECOC)において30年以上連続で多数の論文採択

ネットワーク

難関国際学会(機械学習)の論文採択数

難関国際学会(機械学習)の論文採択数
企業ランキング(当社調べ 2000-2017)

お問い合わせ

Yann LeCun

Vladimir N. Vapnik

蔡 兆申/中村 泰信

Ronan Collobert Jason Weston

Kai Yu

Leon Bottou

Yidong Huang