サイト内の現在位置

スマートシティを実現する「NEC Safer Cities」

「NEC Safer Cities」は、私たちの強みである安全・安心を支える独自技術を核に、より高度なスマートシティを構築するためのプラットフォーム、各種ソリューションをトータルにラインアップ。お客様やパートナーのみなさまとの共創で、人々がもっと自由に、個人の能力を最大限に発揮できる公平で豊かな都市空間づくりを進めてまいります。

国内外における主なNECの取り組み

NECはこれまで、日本国内および海外の政府や自治体、さまざまな企業とともに、安全・安心で健康で活き活きと暮らせる都市づくり、快適な移動体験などの領域で、先進的な取り組みをしてきました。これらの取り組みを通じてスマートシティの実現を目指します。主な事例を紹介します。

NEC Safer Citiesが描く未来の社会

NEC Safer Citiesが描く、未来の社会で様々な人が豊かに暮らす姿を紹介します。安全・安心で健康に、便利な生活を送ることができる。個人が今より自由に、国を越えて活躍できる。誰もが公平にサービスを享受できる。そんな世界を目指していきます。ここでは4つのストーリーでNEC Safer Citiesの世界を紹介する動画をご覧いただけます。

どこにいても、自分にあう仕事や子育てのスタイルを選べる

動画を再生する

もっと自由に

すべての子供を見守り個性を伸ばすことでみんなが住みたくなる街になる

動画を再生する

誰もが公平に

どの国からきても安全で不安なく快適な日本旅行ができる

動画を再生する

安全で快適に

国を超えてデータを共有し市民サービスや医療サービスを受ける

動画を再生する

生き生きと

5つの領域でソリューションを提供

NEC Safer Citiesでは、スマートシティを実現するために、「Public  Safety」「Digital Government」「Smart Transportation」「City Management」「Digital Healthcare」の5つの領域でソリューションを提供。安全・安心をつなぎ合わせて都市生活をより豊かなものに変え、人々がもっと自由に、個人の能力を最大限に発揮できる効率・公平な都市の実現を支えます。

安全・安心な社会の実現
人やモノ、あらゆる動きをリアルタイムに把握し、犯罪や災害等の事前予測や発生後の支援を行います。安全・安心な街づくりを支援します。

Public Safety

デジタル化と仕組みの改革で人にやさしい社会を実現
デジタル化による行政サービスの効率化と抜本的な社会システムの改革で、官民連携の新サービス創出を支援し、生活者、行政、企業、すべての人にやさしい社会を実現します。

Digital Government

安全で快適な移動体験の実現
あらゆる交通手段をシンプルな手続きでシームレスにつなぎ、安全・安心の上に最適なルート・コストで便利・快適な移動環境を実現します。

Smart Transportation

スマートで快適な都市づくりを支援
都市のデジタル化の推進とデータ利活用基盤サービスで、官民の垣根を超えたデータの利活用やサービス連携を実現します。

City Management

健康で活き活きと暮らせる社会の実現
ICT活用により、医療に関する様々な課題解決を行うと同時に、人々が活き活きと暮らすことができる健康長寿社会の実現を目指します

Digital Healthcare

NEC Safer Cities関連資料

NEC Safer Citiesをご理解いただくためのホワイトペーパーや、第三者機関による調査データ等、各種資料をご用意しています。

  • ダウンロードには会員登録(無料)が必要になるものがございます。

NEC Safer Citiesの考え方や取り組む課題と、日本を中心としたお客様・パートナーとの共創例やソリューションを、5つの領域ごとにご紹介します。

資料ダウンロード※会員登録(無料)が必要です。

ホワイトペーパー

NECが取り組む社会課題それぞれについて、世の中の動きのほか、NECの考え方や取り組み、提案をご紹介します。

資料ダウンロード※会員登録(無料)が必要です。

社会価値創造レポート

都市の安全が今どのような状況にあるかを知るために、英・エコノミスト誌の調査機関EIUが実施した世界60都市の安全性指指数評価に協賛しました。詳細な結果をダウンロードいただけます。

Safe Cities Index 2019


NECが考えるスマートシティとは

都市が抱える課題

2050年には全世界の人口が98億人まで増加すると予想される中、都市部の人口は63億人と、現在の2倍近くに膨れ上がると言われています。都市への急激な人口集中は、人やモノの移動を活発にして経済を発展させ、新たな価値の創造を促進する一方、犯罪やテロなどの危険性を増加させる可能性もあります。国境や業界の垣根を超えて、人やモノの移動がますます活発になることで、従来では起こらなかった様々な課題が生じるようになるのです。

日本では、政府から目指すべき新しい社会として「Society 5.0」が提唱されています。
その「誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる人間中心の社会」の実現には、加速する少子高齢化や生産性の低下、地方の過疎と都市への人口集中、社会インフラの維持等、私たちの身近ですでに起こりつつある社会課題を克服していく必要があります。

NECの考えるスマートシティ

デジタルテクノロジーにより、これまで見えなかった実社会の出来事をデジタル・データに変換し、見える化することができるようになります。データを分析し、対処へ生かしていく、データ利活用型の柔らかい社会基盤への転換、それがこれからのスマートシティだと考えています。また、「人間中心の社会」には、産官学、そして市民を中心とした地域コミュニティによる共創活動といった「アナログ」の側面も重要です。

フィジカル空間とサイバー空間の両方から、安全・安心で快適、そして生き生きと暮らせる社会の実現を目指しています。

スマートシティを実現する「NEC Safer Cities」

NECはこれまで、指紋認証や顔認証などの生体認証や、映像解析を含むAI(人工知能)、IoTといった先端技術を活用し、安全・安心な都市の実現に向けて世界中で取り組んできました。私たちは、その実績とスマートシティへの想いを「NEC Safer Cities」という名で提案し、お客様やパートナーのみなさまと共創しながら、プライバシーをはじめとした人権に十分配慮し、グローバルにソリューションを展開してまいります。

もっと見る

プレスリリース