サイト内の現在位置

スマートシティを実現する「NEC Safer Cities」

都市が抱える課題

2050年には全世界の人口が98億人まで増加すると予想される中、都市部の人口は63億人と、現在の2倍近くに膨れ上がると言われています。都市への急激な人口集中は、人やモノの移動を活発にして経済を発展させ、新たな価値の創造を促進する一方、犯罪やテロなどの危険性を増加させる可能性もあります。国境や業界の垣根を超えて、人やモノの移動がますます活発になることで、従来では起こらなかった様々な課題が生じるようになるのです。

日本では、少子高齢化に伴い労働人口の減少が起こり、社会保障費の増加や生産性の低下、社会インフラの維持・運営に様々な課題が生じると予想されます。このように、今後発生する都市の課題に対し、デジタルテクノロジーを活用した対策が求められてきています。

NEC Safer Cities

NECはこれまで、指紋認証や顔認証などの生体認証や、映像解析を含むAI(人工知能)IoTといった先端技術を活用し、安全・安心な都市の実現に向けて世界中で取り組んできました。
こうした実績をもとに、安全・安心をつなぎ合わせて都市生活をより豊かなものに変え、人々がもっと自由に、個人の能力を最大限に発揮できる効率・公平な都市の実現を支えます。私たちは、この想いを「NEC Safer Cities」という名で提案し、お客様やパートナーのみなさまと共創しながら、グローバルにソリューションを展開してまいります。

NEC Safer Cities 5つの領域

安全・安心な社会の実現
人やモノ、あらゆる動きをリアルタイムに把握し、犯罪や災害等の事前予測や発生後の支援を行います。安全・安心な街づくりを支援します。

Public Safety

デジタル化と仕組みの改革で人にやさしい社会を実現
デジタル化による行政サービスの効率化と抜本的な社会システムの改革で、官民連携の新サービス創出を支援し、国民、行政、企業、すべての人にやさしい社会を実現します。

Digital Government

安全で快適な移動体験の実現
あらゆる交通手段をシンプルな手続きでシームレスにつなぎ、安全・安心の上に最適なルート・コストで便利・快適な移動環境を実現します。

Smart Transportation

スマートで快適な都市づくりを支援
都市のデジタル化の推進とデータ利活用基盤サービスで、官民の垣根を超えたデータの利活用やサービス連携を実現します。

City Management

健康で活き活きと暮らせる社会の実現
ICT活用により、医療に関する様々な課題解決を行うと同時に、人々が活き活きと暮らすことができる健康長寿社会の実現を目指します。

Digital Healthcare

プレスリリース