サイト内の現在位置

NEC Safer Cities

2050年には全世界の人口が98億人まで増加すると予想される中、都市部の人口は63億人と、現在の2倍近くに膨れ上がると言われています。都市への急激な人口集中は、人やモノの移動を活発にして経済を発展させ、新たな価値の創造を促進する一方、犯罪やテロなどの危険性を増加させる可能性もあります。国境や業界の垣根を超えて、人やモノの移動がますます活発になることで、従来では起こらなかった様々な課題が生じるようになるのです。このように、今後発生する都市の課題に対し、デジタルテクノロジーを活用した対策が求められてきています。

NECはこれまで、指紋認証や顔認証などの生体認証や、映像解析を含むAI(人工知能)IoTといった先端技術を活用し、安全・安心な都市の実現に向けて世界中で取り組んできました。
こうした実績をもとに、安全・安心をつなぎ合わせて都市生活をより豊かなものに変え、人々がもっと自由に、個人の能力を最大限に発揮できる効率・公平な都市の実現を支えます。私たちは、この想いをNEC Safer Citiesという名で提案し、お客様やパートナーのみなさまと共創しながら、Public Safety、Digital Government、Smart Transportationの3つの領域でグローバルにソリューションを展開して参ります。
NEC Safer Cities(Global)

一方、日本に目を向けると、少子高齢化に伴い労働人口の減少が起こり、製造業だけでなく、医療・介護や社会インフラの維持・運営に様々な課題が生じると予想されます。急速に進む超高齢社会に対応した持続的な新しい都市作りや、革新的な都市経営の仕組み、長寿社会を支えるヘルスケアの新しい仕組みづくりを提案し、幅広い関係者とともに、より良い街づくりに貢献してまいります。そこで日本向けには、グローバル共通の3つの領域にCity Management、Digital Healthcareを加え、ソリューションの拡充と提供を進めてまいります。