サイト内の現在位置

マイナンバー(社会保障・税番号制度)インフォメーション

マイナンバー制度は、行政を効率化し、生活者の利便性を高め、さらに公平・公正な社会を実現する社会基盤として成立しました。
NECは、企業の制度対応と、企業や行政機関の制度活用による新事業創出を支援します。

ソリューション

マイナンバーカード利活用、また地方公共団体におけるマイナンバーカード利活用を支援します。

最新情報

注目の製品・ソリューション

企業における顧客の厳格な本人確認をオンラインで実現し顧客の利便性と事業者の業務効率化を実現

トピックス

個人情報保護法の改正により、都道府県と政令指定都市による「匿名加工情報」の民間事業者への提供が2023年度からスタートします。今後のデータ利活用の可能性と、推進に向けてクリアするべき課題について、一般社団法人データ社会推進協議会と一般社団法人ユニバーサルメニュー普及協会のキーパーソンにお話を伺いました。

行政ビッグデータとは?~山積する社会課題を解決し、地方を創生する重要な切り札に~

少子高齢化、人口減少という自治体市場の変化に対してデジタルを活用し、住民と職員の関係もより良くしていくことが自治体DXの目的と考えています。未来のまちづくりのために、どのように行政サービスを提供すればよいのか。海外の先進事例と比較しながら自治体行政の未来の姿を考察します。

どう進める?自治体DX ~デジタルの力で描くまちの未来~

若い世代の有権者を中心にインターネットを利用した投票、いわゆる「ネット投票」を望む声が強くなっています。投票所に行かなくてもPCやスマホで自宅から投票ができないのか。そんな思いを持つ人は少なくありません。そこで、選挙実務と技術面のそれぞれの専門家に、ネット投票のメリット、クリアすべき課題などについて聞きました。

コロナ禍で顕在化した現行選挙制度の課題 ―― ネット投票で「誰一人取り残されない」投票環境の実現を

2021年5月に成立したデジタル社会形成整備法に個人情報保護法の見直しが盛り込まれたことにより、行政ビッグデータの利活用が一気に加速すると期待されています。データ利活用の可能性、課題や注意点について、データを利活用する企業、データを提供する地方公共団体、プライバシーマーク制度を運用するJIPDECのキーパーソンにお話を伺いました。

ついに行政ビッグデータの活用が可能に!私たちの生活はどのように変わるのか?

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、社会のデジタル化が加速していますが、行政の分野における日本の取り組みは、まだ道半ばというのが実情です。先行する国々の取り組みを参考にしながら、これから日本がどのように行政DXを進めるべきなのかを、「ビジョン」、「ルール」、「人」の3つの観点から考察しています。

行政DXで「誰一人取り残さない」well-beingな社会の実現を目指す

NEC主催のパーソナルデータ活用研究会の参画メンバーから、行政やIT分野で高度な知見を持つ水町 雅子氏、出版物のデジタル化に専門的な知見を持つ共同印刷、さらにはNECで地方公共団体などのDX推進を支援する岩田に、行政におけるデジタル化の課題と展望について話を聞いています。

なぜ、行政の「テレワーク」や「デジタル化」は進まないのか? ~出版物のデジタル化が行政DXの突破口の1つに~ 

動画

デジタル・ガバメントで実現するちょっと先の未来 サステナブルコミュニティ 近未来イメージ編

都会での生活は便利になった代わりに疎外感や孤独感という人間関係のデメリットを生む結果にもなっています。この様な社会課題を、地方でデジタルを活用して解消していく様子を、動画にまとめました。

デジタル・ガバメントで実現するちょっと先の未来 サステナブルコミュニティ 次世代への承継編

自分の家族や地域が、将来も豊かであるためには、資産を次世代に円滑に承継させることが重要です。よりよい未来の実現のために、デジタル技術を活かして将来に自分の想いをつないでいく様子を、動画にまとめました。

デジタル・ガバメントで実現するちょっと先の未来  ~デジタルが導くwell-being~

国民のwell-beingに資する「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」を実現した社会とはどのような姿なのか。人、街、暮らし方・働き方の3つの視点から近未来の世界を紹介します。

関連コンテンツ

資料請求・お問い合わせ