サイト内の現在位置を表示しています。

HPC活用ケース

お客様の活用用途に合わせ、性能・価格・納期・品質を考慮し、プラットフォーム選択に運用を組み合わせ最適なHPC活用環境をご提案

汎用的に活用する

膨大な研究データの分析、センサーデータなどの処理や、大規模なプログラムの実行など、高速な処理を必要とする場面でHPCが多く必要とされています。さらに、新素材などの研究領域や医用創薬などの化学分析などの研究部門での活用や、企業における省エネ対策でも、新たなHPC活用の範囲は広がりをみせています。

主な活用ケース

  • 膨大な研究データ/センサーデータ等の処理
  • 大規模なプログラムの実行
  • 新素材・熱電変換素子などの研究開発
  • 膨大なサーバやワークステーションの場所や電気代等のコスト低減

主な活用業務

製造業:研究開発部門、プラント管理部門
流通業:物流網管理部門
通信業:移動通信アンテナ開発部門、衛星通信レーダー処理部門
医用創薬:化学分析部門
建設業:建設素材研究部門

AIを使った開発や分析に特化して活用する

近年、大きく拡大を見せている「AI技術活用」でも、HPC活用が進んでいます。AIを活用したデータ分析や開発、需要予測、マーケティング分析、セキュリティインシデント分析など、多く複雑な情報を早く的確に分析を行なう際に、高速に安定して処理を行なうHPCの活用が拡大しています。

主な活用ケース

  • 分析業務
  • 商品レコメンドの開発
  • 商品の需要予測、株式などの予測
  • 市場動向などのマーケティング分析
  • マルウェアなどのセキュリティインシデント分析

主な活用業務

製造行:研究開発部門
流通・サービス業:マーケティング部門
全業種:セキュリティ対策部門

研究・シミュレーションに特化して活用する

研究やシミュレーションなど、膨大で煩雑なデータを処理し的確な結果を導き出す場合に、HPCが有効に働きます。気象予測や地球環境変動解説や、専門特化した解析、ナノテクノロジーや新規素材開発など、大学などの研究の分野、気象や自然観察などシミュレーションに特化して業務を行なう分野で多く活用されています。

主な活用ケース

  • 気象予測、地球環境変動解析など地球シミュレーション領域
  • 水理解析(土木・防災)、流体解析、地震波データ解析などリスクシミュレーション領域
  • ナノテクノロジー、新規素材開発、ものづくり基礎研究など研究・開発領域

主な活用業務

大学・研究機関
気象・自然観察部門