サイト内の現在位置を表示しています。

HPC運用ケース

お客様の契約パターンに合わせた運用のパターンで、最適にHPCを運用していける環境をご提案

オンプレミス型で運用する

大規模なスーパーコンピューティングを含むハイパフォーマンス向け計算基盤などの、ハイパフォーマンス向け計算基盤して主流な運用方式です。

運用メリット

  • 設置サイト内で柔軟な物理構成が可能
  • 利用優先度の自由な設定が可能
  • 機器拡張の自由度が高い

主な構築例

  • 企業/団体専用の共有計算基盤
  • シミュレーション専用機

クラウド型で運用する

スーパーコンピューティングを含むハイパフォーマンス向け計算基盤は、高速な処理だけでなく、シミュレーションや生成AI・機械学習、ビッグデータ活用など、複雑で高度なデータ利活用に利用することができ、その用途は広がりを見せています。これらの用途での利用をより早くより柔軟な導入、運用が可能です。

運用メリット

  • 設置場所を選ばず導入が可能
  • 物理サーバの運用管理が不要

主な構築例

  • HPCリソースホスティングサービス

自社に合った契約方法で運用する

スーパーコンピューティングを含むハイパフォーマンス向け計算基盤をオンプレミス型、クラウド型、またはその組み合わせなど、自社の事情に合わせた選択が可能です。保守だけではなく維持運用の委託など幅広いニーズに対応できます。

保有型で契約

  • 内部自由に運用変更が可能
  • サービス再販などのビジネス拡張が可能

サービス型で契約

  • 運用管理などお客様での負担部分をサービス型として導入し管理を簡略化
  • サービス化することにより資産管理などが不要

HPCシステムに対する技術支援や構築支援・運用の知見を基にした
運用サポートメニューをご用意しています