サイト内の現在位置

需給最適化プラットフォーム

バリューチェーン全体での需給を最適化

NECのAIが実現する、食品ロス削減のための新たなプラットフォーム

体験版のご案内はこちら

体験版 ログインnew window

需給最適化プラットフォームとは

AIの需要予測により製造・物流・販売のバリューチェーン全体の課題を解決するのがNECの需給最適化プラットフォームです。
NECが提供するAI「異種混合学習技術」が気象情報や販売実績など様々なデータやノウハウを組み合わせ、
需要予測の精度の向上を実現します。

食品ロスがもたらす、無駄なコストとサステナブルな社会への影響

世界では年間約13億トン、日本でも年間約646万トンの食料が廃棄され、
バリューチェーン全体で無駄な生産・廃棄・物流コストがかかっています。
これは需要と供給のミスマッチによるもので、需要予測の精度を高めることが解決の糸口となります。
食品ロスは、コストの問題だけではなく、サステナブルな社会にも深刻な問題であると認識し、
新たな手法により食品ロス削減の根本的な解決策を講じなければなりません。

生産ロス/運輸ロス/在庫ロス/販売ロス/廃棄ロス
製造から販売まで需給を最適化するプラットフォーム

製造から販売まで需給を最適化するプラットフォーム

食品ロスの原因である需要と供給のミスマッチは、バリューチェーン上の様々な工程で発生します。NECでは需要予測や在庫情報、販売実績などのデータを取引先企業と共有することで予測精度や情報共有のスピード化を図り、AIを用いてバリューチェーン全体の需給を最適化する需給最適化プラットフォームを提供していきます。

高い需要予測精度により、廃棄しない体制の実現へ

高い需要予測精度により、廃棄しない体制の実現へ

需給最適化プラットフォームでは小売業での需要予測や販売データから気象情報やイベント情報などをNECのAIで分析し、需要予測に活用することで予測精度が大幅に改善しています。この精度の高い需要予測をもとに、生産計画や発注計画などの需給バランスを最適化することで、バリューチェーン全体において食品ロスの削減につなげ、無駄なコストを抑制していきます。

環境やエネルギー問題に貢献し、企業価値を向上

環境やエネルギー問題に貢献し、企業価値を向上

製造・物流・販売の各工程から食品ロスをなくすことにより、排出されるCO2や消費エネルギーの削減にも大きな効果が期待できます。データの有効活用を重視する企業において、AIによる分析をベースとする需給最適化プラットフォームは有効に機能するでしょう。食品ロスの削減は、社会および地球環境を揺るがす問題への取り組みにもつながり、企業価値の向上に寄与していきます。


AI需要予測サービスの紹介

様々なコーザルデータや過去の来客実績を用い、AIによる分析を行うことで、来店客数を予測します。

客数予測(小売業向け)

客数予測(小売業向け)

様々なコーザルデータや過去の販売実績を用い、AIによる分析を行うことで、商品の販売数を予測します。

販売数予測(小売業向け)

販売数予測(小売業向け)

得意先への出荷実績や出荷に寄与する様々なデータを用い、AIによる分析を行うことで、製品の出荷数を予測します。

出荷数予測(製造業向け)

出荷数予測(製造業向け)

さらに使いやすいサービス機能の数々を、順次アップデート予定です!

需給最適化プラットフォーム 体験版

需給最適化プラットフォームは、NECのAI「異種混合学習技術」により、需要予測の精度向上を実現します。小売業向けに日次の「客数予測」や「販売数予測」、製造業向けに短期~中長期の「出荷数予測」をご提供します。まずは無料の体験版でお試しください。

  • 利用には会員登録が必要です。 new window会員登録の流れ
  • 動作保証環境(推奨環境)
    • 対応端末:PC ※スマートフォンやタブレットは対象外
    • 対応OS:Windows®10、7
    • 対応ブラウザ: Google Chrome、Internet Explorer® 11

お知らせ


導入事例

日本気象協会 様

日本気象協会 様

世界の全産業の3分の1に影響を及ぼすといわれている気象現象。その気象予測データを活かして、より詳細な商品需要予測の実現を目指すのがNECと日本気象協会の協働プロジェクトです。季節性の高い食品のほかに、アパレルや化粧品、日用雑貨など多岐にわたる需給最適化プラットフォームとして汎用性があり注目されています。