サイト内の現在位置

AIの需要予測で食品ロス削減へ
需給最適化プラットフォーム

製造から小売まで
食のバリューチェーン全体を最適化し、
食品廃棄を減らせる社会へ

食品ロス削減への取り組みが、収益拡大につながる

食品ロスの大きな原因の1つが、バリューチェーンで生じる需要と供給のミスマッチと考えます。
そこでNECの「需給最適化プラットフォーム」が、この問題を解決します。

深刻な問題である食品ロス

まだ食べられるのに廃棄される食品ロス。世界で年間約13億トン、国内では年間約646万トンにも及んでいます。食品ロスは、生産・加工・物流・小売・消費のバリューチェーンの各段階で発生。その原因の1つが、需要と供給のミスマッチです。
NECの「需給最適化プラットフォーム」は、AIによる需要予測によりバリューチェーン全体の課題を解決し、食品ロスの削減に貢献します。

AIによる「異種混合学習技術」で需要予測を最適化

「需給最適化プラットフォーム」は、NECのAI「異種混合学習技術」を活用。多種多様なデータの中から精度の高い規則性を自動的に発見し、その規則に基づいて状況に応じた最適な予測を行います。このNECのAI技術により、販売動向に影響を与える気象情報や販売実績などの様々なデータやノウハウを組み合わせて解析することで、需要予測の精度向上を実現します。

食品ロス削減と同時に、収益向上に貢献

「需給最適化プラットフォーム」は、食品メーカーの在庫・生産の最適化、食品卸・物流の在庫の最適化やリソースの効率化、また食品小売の発注の最適化を実現。食のバリューチェーン全体で、需要と供給を最適化し、過剰な生産、期限切れによる返品、過剰な在庫、売れ残りといった様々な課題を解決します。

需給最適化プラットフォームについてもっと知る

より深く需給最適化プラットフォームを知っていただくためのコンテンツをご用意しました。

動画で見る需給最適化プラットフォーム

需給最適化プラットフォームゲーム画面
ゲームで体験する需給最適化AIの力
  • ゲーム体験画面は、自動的に音声が流れます。

お知らせ

関連情報

お問い合わせ・資料ダウンロード