NEC DX Factory

サイト内の現在位置を表示しています。

「NECが考える2030年のスマートファクトリー」動画視聴お申込み

製造業での急速なデジタル化が進む中、多くの企業がスマートファクトリーに取り組み始めています。
NECでは、10年後の「ものづくりのあるべき姿」を描き、5GやAIなどの先進技術を活用することで、どのようなスマートファクトリーが実現できるのか具体的な姿を本動画にまとめました。

ものづくりの未来を体現するNEC DX Factory

デジタルトランスフォーメーションがが得る「ものづくりの未来」

NEC DX Factoryとは、設計~製造~出荷~物流までのすべてのプロセスにおいて、すべてのモノ(人・モノ・設備)をデジタル化。バーチャルでシミュレーションを行い、フィジカルにフィードバックし、ヒトと協調しながらロボット・生産設備を自律制御することで、ものづくりの革新を実現するというコンセプトです。

お客様との共創で進化するNEC DX Factory

「NEC DX Factory」は、玉川事業場に開設した共創スペースにて、実際に見て触ることが可能です。ここで実際、次世代製造ラインを体験していただくと共に議論し、アイデアを創出。このアイデアとNECおよびパートナー企業の先端技術やソリューションを組み合わせて、実証します。更にはNECグループの工場にて実地検証も行い、お客様やパートナーの皆さまとの共創により進化し続ける、次世代型ものづくりのコンセプトなのです。

体験・検証・実践

活用イメージ

迅速な製品仕様変更対応/AIを活用した故障予兆と品質分析

DX導入に向けたシナリオ

NECのノウハウとAI/IoTを組み合わせた、ものづくり形態に合わせた導入シナリオ(人作業/設備/サプライチェーン)をご提案します。

ユニット・製品組立型、プロジェクト型といった、人が中心であるものづくり形態の皆さまに向けた導入シナリオをご紹介します。

人作業編

日報や紙での管理など、人作業起因での遅れ

ジョブショップ型、プロセス型といった設備が中心であるものづくり形態の皆さまに向けた導入シナリオをご紹介します。

設備編

設備が古い、データの紐づけ困難など設備起因の遅れ

デジタルサプライチェーンを用い、在庫の適正化により商品回転率を上げ、スループットを向上させるシナリオをご紹介します。

サプライチェーン編

サプライチェーン全体での収益性向上を行いたい