顔認証とは

顔認証の特長

顔認証は、人間が普段相手を判別する手段をシステムで実現した最も身近な認証方式です。専用装置が不要で導入しやすく、利便性に優れるなどの特長を持っています。

自然な認証

顔は、普段から人間が相手を判別する手段として利用している身近な認証方式であり、利用者の心理的負担が少ない

非接触・非拘束

指をかざす等の操作が不要なため、特別なユーザ操作を強いることなく、利便性に優れた認証が可能です

高い不正抑止効果

照合時の顔を「顔画像ログ」として残すなど、管理者が目視確認することも可能であり、高い不正抑止効果が期待できます

専用装置が不要

一般的なWebカメラも利用可能であり、登録用データとして既存の顔写真利用も可能なため、専用装置が不要です

顔認証の適用分野例

出入国管理などのセキュリティや国民IDといった国家インフラから、企業の入退場管理やPCログオン等のセキュリティ強化のほか、企業のサービス高度化や機器の組み込みまで、業種を問わず幅広く活用可能です。

顔認証適用分野例として国家インフラ・エリアセキュリティは出入国管理、重要施設監視、国民IDなど。企業セキュリティはPCセキュリティ、ログオン認証、入退場管理、出退勤管理。企業サービスは顔パス入場(会員管理)、思い出写真検索、おもてなしインフォメーション、マーケティングなど。機器組込みはロボット、複合機、車載機器、金庫・ロッカーなどです。

顔認証の仕組み

顔認証は大きく「顔検出」と「顔照合」の2つの処理に分かれます。「顔検出」処理では、画像の中から顔領域を決定し、次に顔特徴点の検出を行って目・鼻・口端などの顔の特徴点位置を求めます。次に特徴点位置を用いて顔領域の位置・大きさを正規化した後、「顔照合」処理を行います。

顔認証の仕組みのイメージ図

NECの顔認証は優れた環境耐性と様々な条件に対応し、高精度を実現しています。
顔の特徴の中から個人を識別する最適な特徴を選択することにより、経年変化の影響をうけにくいほか、ディープラーニングにより、顔の向きの変化や低解像度の顔画像にも対応することができます。

様々な利用環境や条件への対応例として、顔の向き、照明、表情、近赤外線カメラ撮影、経年変化などに対応します。

動画顔認証と静止画顔認証

静止画の顔認証はカメラの前で立ち止まって本人の意思で認証を行う「積極認証」です。
一方、動画の顔認証は本人がカメラを意識しないで行われるため、対象者がカメラから遠い、正面を向いていない、複数人を同時に認証しなければならないなどの条件が加わります。そのため静止画顔認証より照合処理が難しいのです。
NECは2017年、米国国立標準技術研究所(NIST)が実施した動画顔認証技術のベンチマークテストにおいて、認証精度99.2%と、他社を大きく引き離す第1位の性能評価を獲得し、これまでの静止画の顔認証テストに続き、4回連続の世界一を獲得しました。

静止画、動画ともにセキュリティや監視のほかエンターテイメントなど、多様なソリューションを用意しており、国内外で多くの導入事例があります。

動画顔認証の照合処理の難しさ

動画顔認証は静止画の顔認証と違い高速顔認証(リアルタイム)、複数人同時認証、カメラとの距離(低解像度認識)、様々な顔の確度、様々な照明条件への対応が必要です。

世界No.1の顔認証技術(環境適用性)

認証精度を表した図。悪環境でのエラー率(競技場)でも好環境でのエラー率(乗客ゲート)でも圧倒的に低いエラー率を達成。NECの顔認証技術は多様な実用環境で強いことがわかる。

Results shown from the Face In Video Evaluation (FIVE) do not constitute endorsement of any particular product by the U.S. Government.
new windowhttps://www.nist.gov/programs-projects/face-video-evaluation-five

お問い合わせ