耳音響認証

耳音響認証とは

人の耳穴(外耳道)を含めた頭部の空間構造には個人性があります。NECではイヤホン型の認証デバイスを使って耳穴(外耳道)方向に検査音を送出し、反射した音から個人性を測定する、耳音響認証を開発しました。

耳音響認証は、音を聞くだけで任意の場所やタイミングで認証が可能で、且つマスク・手袋・眼鏡を着用していても利用可能です。加えて、人体の外部ではなく内部の情報を用いるため詐称が困難であるという特徴も持っています。

耳音響認証の特長

  • ハンズフリー&アイズフリー
  • マスク・眼鏡・手袋着用でも利用可能
  • イヤホンを装着するだけで、いつでもどこでも認証可能
  • イヤホンを装着している間、継続的な認証が可能
  • 人体の内部の情報を用いるため、詐称が困難

想定利用シーン

特定の作業工程を適任者が実行していることを確認
(工場、工事・建設現場等)

現場作業者の特定

耳音響認証で個人を特定し、必要な相手にのみ音声情報を届ける
(工場、イベント会場スタッフ等)

作業現場コミュニケーション

継続的な認証により、話者の入れ替わりを検知し情報漏洩を防止
(警備等)

セキュアなコミュニケーション

モバイル端末、アプリケーション等へ自動的にログイン

スマートキー・スマートログイン

体感と対話で、新たなイノベーションを生む共創空間
「NEC Future Creation Hub」

耳音響認証のデモをご体験いただけます。「NEC Future Creation Hub」は法人のお客さまを対象とした完全予約型の施設ですので、ご見学を希望される場合は、弊社担当営業にご相談ください。

耳音響認証を活用した製品
ディスプレイを必要としない、「耳」を通じた新たなコミュニケーションスタイル「ヒアラブルデバイス」の紹介

ヒアラブルデバイスページへ