サイト内の現在位置を表示しています。

Ansible

Ansibleとは

概要

冪統性(べきとうせい)を重視したOSSのIT自動構築ツールであり、多数のサーバやクラウド環境をAnsibleを使うことで自動で構築、設定変更することが可能です。
構築する環境をPlaybookに記述し、Ansibleを実行することで必要なソフトウェアのインストールや設定を自動で行います。

※PlaybookとはYAML形式で記述された定義ファイルです。詳しくは以下のURLをご確認ください。
  https://docs.ansible.com/ansible/latest/user_guide/playbooks.html

特徴・機能

堅実な環境構築・運用

  • 作成したPlaybookをもとに、自動で環境構築~構成管理することで、構築・運用時における人為的ミスを削減。

エージェントレス

  • 環境構築対象PCに特別なエージェントは不要。
  • エージェントレスによるリソースの効率化。
  • SSH&WinRMの利用、パスワード認証・公開鍵認証の両方への対応による高いセキュリティ。

多彩なモジュール

  • サーバ設定、ファイアウォールの設定、VMware、Dockerなどのインフラを構築・設定するモジュールが数多く存在。
  • ルータなどのネットワーク機器への設定が可能。

高い生産性を実現

  • 従来時間のかかっていた複数のサーバにまたがる構築・更新作業も自動化、加えて特別なコーディングスキルを必要としない可読性の高い設定ファイルで実現可能であるため、DevOps化を推進。

Ansible導入による効果

多数のサーバに対して1台ずつソフトウェアのインストール・各種設定を行うことは工数の面から非効率であり、また環境構築ミスの原因にもつながります。加えて、クラウドによる柔軟で素早いリソース調達のメリットを最大化するためには、サーバの構成管理も自動化していく必要があります。
Ansibleは上記の特徴・機能からこれらの問題を解決します。さらに、可読性の高いPlaybookを通して開発(Development)と運用(Operations)の密接な連携を進め、ビジネスのDevOpsを推進します。

サーバの運用において、ソフトウェアのバージョン管理やシステムの構成を把握・管理することは非常に重要です。運用者は、開発者が作成したPlaybookを確認することで構築した環境の詳細を迅速かつ正確に把握することができます。また、メンテナンスなどによるサーバ停止の差異に、停止順序を意識する必要がある大規模で複雑な環境でも、手順をPlaybook化しておくことでミスなく実施できるようになります。開発者はバージョン管理において、複数のソフトウェアのバージョンをAnsibleを通して多数のサーバへ確実に構築することができます。AnsibleはPlaybookを通して開発チームと運用チームの連携を促進し、より良い環境構築を継続的に行うことができます。

動作環境

動作環境

サポート対象バージョンとサポート期間

Ansibleサーバ
  • Red Hat Enterprise Linux  7.x, 8.x
    (NEC Linuxサービスセット同時購入を推奨)
構築対象サーバ
  • Red Hat Enterprise Linux,Oracle Linux, Windows Server
  • 本サポートサービスは上記OSに対し動作を保証するものではありません

サポート対象の配布形式は以下の表のとおりです。

  配布形式 サポートの可否
Ansible コミュニティから提供されているPythonパッケージ (*1)(*2)
RPM等のパッケージ(*3) ×
各OSのディストリビューションから提供されているパッケージ (*4) ×
  • (*1)
    Python3のpipコマンドによりインストールした「ansible」パッケージをサポート対象とします。ただし、必ず「pip3 install --user ansible」のように「--user」オプションを付与してインストールしていただくか、python3 -m venv 【環境名】 を用いたvirtualenv環境にインストールしていただくようお願いします。「--user」オプションを付与しないでインストールした場合は、システム全体のPython 環境に悪影響を与える可能性がございます。
     (参考)https://pip.pypa.io/en/stable/user_guide/#user-installs
  • (*2)
    コミュニティがPyPI (https://pypi.org/) 等のサイトでリリースしているパッケージを改造していないものをサポート対象とします。
    PyPI以外のサイトからインストールされている場合は、弊社による調査のために、ご利用の環境一式のご提供をお願いする場合がございます。
  • (*3)
     2022年1月現在、Ansibleコミュニティからパッケージは提供されておらず、自己ビルドしたパッケージや、コミュニティ以外からパッケージを入手できたとしてもサポート対象外です。
  • (*4)
    サポート対象ディストリビューションが採用している形式(RHELの場合、rpm) 、および実行形式ファイルを含むもの
    ※Ansible Automation Controller、Ansible Engine、AWXおよびRed Hat Enterprise Linuxに含まれるAnsibleパッケージはサポート対象外です。

サポート対象バージョンとサポート期限は以下の表のとおりです。

  対象バージョン サポート期限
Ansible Ver 4.X, 5.X
  • サポート対象に対するサポート対象期間は、コミュニティのサポート期間と同一とします。
    コミュニティのサポート期間は、以下のWebサイトをご確認ください。
    Ansible Release Status
備考
  • 契約期間中のバージョンに関しては、サポートを継続します。

Ansibleサーバの運用に関する問い合わせ対応を行います。

ヘルプデスクサービス
  • Ansibleサーバに対するマニュアルレベルの技術的な問い合わせに対応します。
  • パッチのお問い合わせについて対応します。
障害対応サービス
  • Ansibleサーバの障害や各種問題について、技術的な支援を行います。

サポート内容

ヘルプデスクサービス

  • Ansibleの運用、Playbook記法に関してマニュアルレベルの技術的な問い合わせに対応します。
  • パッチのお問い合わせについて対応します。
  • Playbookのレビュー、テスト、デバッグおよび作成作業の代行とみなされる作業は行いません。
  • Playbookにより構築・管理している対象に関する問合せには対応しません。
  • Playbookサンプルコードや、テンプレートの提供は行いません。ただし、対応に必要な範囲でサンプルコードを提供する場合があります。
  • 一部の製品・環境(特定のネットワーク機器やクラウドサービス、等)専用のAnsible Collectionsに関して、問い合わせに対応できない場合があります。
  • pipでインストールできる「ansible」パッケージに同梱されている以下のCollectionsのみをサポート対象といたします。これ以外のCollectionsのご利用方法やご利用時のトラブルに対するお問い合わせはサポート対象外です。- amazon.aws- ansible.netcommon- ansible.posix- ansible.utils- ansible.windows- azure.azcollection- kubernetes.core
  • Collections/Playbook公開サービス「Ansible Galaxy」に公開されているCollections/Playbookについてのご質問はお受けできません。

サポートサービス時間

  • 月曜日から金曜日 8:30~17:30 (土日、祝祭日及び弊社の休日は除く)、または24時間365日

資料請求・お問い合わせ