働き方のDX

人の力を解き放つデジタルワークプレイス

Workplace, Work Princicples, Digital Technologyの連携で実現する
Smart Work 2.0の環境と機会

2021年度よりNECでは、働く場所や時間等を自律的にデザインし「チームとして」のパフォーマンスを最大化する「Smart Work2.0」に取り組んでいます。オフィスの進化を担う「Workplace」、新しい働き方の制度・ルール整備を行う「Work Principles」、デジタルの力を活かし新しい働き方を実現する「Digital Technology」の3つで推進しています。

デジタルテクノロジーで、これまで実現してきたこと

新型コロナウィルス対策に伴う出社制限の中で、まずは、リモートでもリアルとつながり安定的に業務遂行可能な環境を構築。実施にテレワーク率が85%の中、業務継続を実現しました

チームの力とそこから生まれる創造性を最大限に発揮し生産性向上を図るハイブリッドワーク環境を実現するため、ウェブ会議システムやコラボレーションシステムなど、リアルとリモートとをシームレスにつなぐ、デジタルツールの展開等を行ってきました。

デジタルIDの活用で進化する新オフィス空間 ー 社員が自然と集まりたくなるオフィス作り

NECが誇る顔認証技術や多数の企業との協業により、高度な技術で、シームレス、かつセキュアに繋がりエクスペリエンスを高度化する真のハイブリッドワーク環境を実現します。
社員が業務の生産性が上がる、周りとのコミュニケーションが円滑に、楽しくなると感じられるように、オフィスにはNECの高度な技術を活用した様々な仕掛けがされています。社員から選ばれるオフィス、企業へ。NECはオフィスと共に進化をしています。

【関連リンク】

人の力をより発揮するためのデジタルテクノロジーの活用

NECグループ社員向け「NEC Generative AI Service」を短期間で立ち上げ

社員が安全・安心に生成AIを業務に活用するために「NEC Generative AI Service」を構築。様々なコンポーネントによりシステムを実現するコンポーザブル・アーキテクチャとローコード開発ツールにより、わずか2週間でサービス構築。APIを社内に公開することで、Teamsや様々な社内システムとも連携も開始しています。「NEC Generative AI 変革オフィス」も立ち上げ。ユースケースや活用方法のナレッジを蓄積し、NEC社内のベストプラクティスをお客さまの支援を目指し活動をします。詳しくはこちら。