ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. Arcserve Backup
  5. ソリューション
  6. 遠隔地バックアップ
ここから本文です。

遠隔地バックアップ

Arcserve Backup とレプリケーションソフトウェア製品 Arcserve Replication/High Availability を使用して、遠隔バックアップを行うことができます。

課題と背景

拠点ごとにバックアップ運用していませんか?

お客様の拠点が離れた場所にあり、バックアップしておきたいデータが存在している――こんな場合、拠点ごとでバックアップを運用すると、それぞれにバックアップ運用者や保存用装置(テープ/ディスク)が必要になり、導入時はもちろん、運用時のコストも高くなります。拠点が多くなると、より多くの導入・運用コストがかかることになります。
また、バックアップ運用が統一されおらず、拠点ごとに運用方法やルールが様々だと、バックアップデータの管理が不十分なケースや、バックアップができていなくても放置されたり、保存テープの紛失に気づかないケースも想定されます。

A区、B区、C区、本社地区、各々が独自にバックアップを運用しているイメージ図です。

遠隔拠点のデータを自動転送、バックアップ業務を一箇所に集約

拠点データを自動的に集約、まとめてバックアップ!

Arcserve Replication/High Availability を使用すると、各拠点からデータをWAN/LAN越しにレプリケーションし、一箇所に業務データを集約することが可能です。集約したデータは、Arcserve Backup を使用してまとめてバックアップすることが可能で、バックアップ運用を一元管理し、データ保護レベルを統一できます。拠点ごとのバックアップ運用は不要となり、運用コストを削減できます。
また、複製したデータを遠隔拠点で保存する、災害対策を考慮した業務継続の運用も可能です。

A区、B区、C区からWAN/LAN経由で本社地区へレプリケーションし、すべてのデータをまとめてバックアップします。

構成例

保護対象サーバのデータを、別のサーバへ複製してバックアップ保存

1台のサーバのデータを遠隔地にあるサーバへレプリケーションし、レプリケーションしたデータをストレージにバックアップする構成例です。

マスタサーバからレプリカサーバ(バックアップサーバ)へレプリケーションし、バックアップします。

型番 製品名 数量
UL1004-N10-I Arcserve Backup r17.5 for Windows 1
UL1007-N05-I Arcserve Backup r17.5 for Windows Enterprise Module 1
UL1800-L12 Arcserve Replication r16.5 for Windows Standard with Asured Recovery - Japanese 2
  • バックアップ先が2台以上のドライブを有するテープ装置を使用する場合は、
    「UL1007-N02-I Arcserve Backup r17.5 for Windows tape Library Option」が1つ必要です
  • Arcserve Replication/High Availability r16.5 SP6 以降と Arcserve Backup r17.5 の組み合わせをサポートしています。その他のバージョンに関しては、弊社営業までお問い合わせください。
  • 上記に保守は含まれておりません。別途、弊社営業までお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る