ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage 不正接続防止
  5. 特長/機能
  6. 台帳情報の収集
ここから本文です。

InfoCage 不正接続防止 - 台帳情報の収集

情報収集の仕組み

各セグメント(ブロードキャストドメイン)に、アプライアンス製品InterSec/NQ30を配置します。
InterSec/NQ30はネットワークに接続されている機器情報を収集し、マネージャに転送します。

※セグメント内のPCにNetworkAgent(ソフトウェア)をインストールし、InterSec/NQ30の代わりとして使用することも可能です。
※1台のInterSec/NQ30dで、非タグVLAN環境では2セグメント、タグVLAN環境では32VLANまで対応しています。

OS判別機能

InfoCage 不正接続防止は、フィンガープリント技術に基づくOS判別機能をサポートしています。
これは、TCPウィンドウサイズや、TCP最大フラグメントサイズなど、OSのプロトコル実装上の「癖」を見分けることにより、OS種別を推測するものです。
これにより、PCにクライアントソフトをインストールすることなく、PCのOS種別をある程度の正確さで判別することができます。

管理コンソールにおける情報管理

管理コンソールでは、収集した情報を一覧形式で表示します。

表示される主な項目には下記のものがあります。

表示内容 説明
最終検出日 最後にこのマシンを検出した日
アドレス情報 IPアドレス、IPv6アドレス、MACアドレス情報
名前情報 その機器のDNS名、NetBIOS名(Windows のコンピュータ名)
OS種別 パケットの内容から推測される、その機器の OS種別
ポート情報

パケットのポート番号情報から推測される、そのホストで使用されているプロトコル情報の一覧

また、一覧に下記のようなユーザ定義の項目を追加し、一覧ウィンドウから編集することも可能です。これにより、収集したデータの一覧を機器管理台帳として利用することが可能になります。

項目名 説明
利用者 マシンの利用者、管理者 (例 : 山田太郎)
管理グループ マシンの管理グループ名 (例 : 技術管理グループ)
設置場所 マシンの設置場所 (例 : 凸凹ビル12階)
備考 その他、管理に必要な項目を要求に応じて追加することができます

ページの先頭へ戻る