サイト内の現在位置を表示しています。

InfoCage 不正接続防止 - 動作環境

InfoCage 不正接続防止 V5.6 RemoteConsole

OS(32bit)
  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
OS(64bit)
  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
  • Windows 11 Pro
  • Windows 11 Enterprise

InfoCage 不正接続防止 V5.6 マネージャ

DomainManager/SiteManager同居、またはDomainManagerのみ

OS(64bit)
  • Windows Server 2016 Standard
  • Windows Server 2016 Datacenter
  • Windows Server 2019 Standard
  • Windows Server 2019 Datacenter
  • Windows Server 2022 Standard
  • Windows Server 2022 Datacenter
CPU

2GHz 2コア以上

メモリ 2GB以上
ディスク 40GB以上の空き容量
備考
  • .NET Framework 3.5 SP1必須
  • .NET Framework 4
  • .NET Framework 4 Full 日本語 Language Pack
  • Webコンソールの対応ブラウザは以下の通り
    -Microsoft Edge (Chromium) Internet Explorerモード
  • 集中管理モードの対応DBは以下の通り
    -SQL Server 2022 Express
    なお、DomainManagerインストール時に同時にインストールするDBは「SQL Server 2022 Express」

SiteManagerのみ(Windows)

OS(64bit)
  • Windows Server 2016 Standard
  • Windows Server 2016 Datacenter
  • Windows Server 2019 Standard
  • Windows Server 2019 Datacenter
  • Windows Server 2022 Standard
  • Windows Server 2022 Datacenter
CPU

2GHz 2コア以上

メモリ 2GB以上
ディスク 150MB以上の空き容量

InfoCage 不正接続防止 V5.6 SwitchManager

OS(64bit)
  • Windows Server 2016 Standard
  • Windows Server 2016 Datacenter
  • Windows Server 2019 Standard
  • Windows Server 2019 Datacenter
  • Windows Server 2022 Standard
  • Windows Server 2022 Datacenter
  •  ※日本語版OSのみ対応しています。
CPU 2GHz以上 2コア以上
メモリ 2GB以上
ディスク 1.1GB以上の空き容量
備考 OpenJDK 11が必須

  • InfoCage 不正接続防止 マネージャ及びSwitchManagerは、「CLUSTERPRO X 1.0~X 3.2」での冗長化に対応しています。
  • 本製品は、VMware ESX・ESXiおよびMicrosoft Hyper-VにおけるゲストOS上での動作を以下の条件のもとでサポートいたします。
    ・ゲストOSに割り当てたスペックが動作環境の必要諸元を満たしていること
  • 本製品は、クラウド(Azure、AWS等)でも特定の条件下でご利用可能です。
    詳細は下記をご参照ください。
      クラウド環境でのご利用について
  • スイッチ連携機能にて動作を確認しているスイッチは以下の通りです。 これら以外のスイッチを利用する場合、事前の動作検証を推奨します。
    - NEC QX-S1008GT-2G (5.2.14)、QX-S3408FT-2G (7.2.32)、NEC QX-S4108GT-2G (7.2.32)
    - Cisco Catalyst3750 (IOS 12.2.55)