サイト内の現在位置を表示しています。

WebSAM - デジタルドキュメント活用基盤 ソリューション

現状の課題

社会全体のデジタル化が加速していく中で、デジタルドキュメント対応が不可欠となっています。

法対応の例
  • 電子帳簿保存法の改定により、これまで紙で保管が可能でした原本は、2024年1月以降、電子帳簿保存法の要件を満たした上で、電子保存する必要があります。
  • 適格請求書(インボイス)は、紙の請求書や領収書などの他に電子データで提供または受領した場合に、電子帳簿保存法に準じた方法での保存が必要となります。

電子保存する際には、タイムスタンプ、eシール、電子署名などのトラストサービスを活用し、ドキュメントに対する真正性、非改ざん性を担保することが重要となります。
要件を満たした上で、デジタル化を進めなければならないため、現状の業務プロセスやシステムの変更や大量の紙ドキュメントがある場合は効率化が課題となります。

解決するには・・・

この問題を解決するには、ドキュメントのデジタル化から電子保管までに必要な一連の処理の自動化、また、既存システムへの影響を最小限に抑え、要件を満たした電子取引データ保存を可能にすることが重要です。

eDocサービスは、以下の対応によってお客様の課題を解決します!

  • 法準拠、標準仕様に合わせたトラストサービス(タイムスタンプ、電子署名など)を軸としたデジタルドキュメント活用基盤を提供する
  • 既存の帳票システムに対し、容易に連携可能な仕組み・環境を提供する
  • お客様のニーズに合わせた利用機能の選択ができ、順次新機能を追加できる仕組みを提供し、市場変化にいち早く追従する
WebSAMなら、解決できます!

帳票作成/印刷製品「Rakuform」や印刷管理製品「PrintCenter V」などの機能を切り出して組み合わせ、トラスト連携機能を強化することで、顧客環境に寄り添ったシステムを実現することが可能です。

これらのサービス、製品を活用し、デジタル化を進めることで、

  • 紙出力時の作業時間や印刷コストを削減
  • 書類持ち込み時の移動コストや待ち時間が解消
  • 審査/承認業務の効率化
  • 発送業務の効率化/コスト削減
に繋がります。

< デジタルドキュメント活用基盤の将来像 >

eDocサービスは、「デジタルドキュメント活用基盤」の構築・活用を支援します。※現状未提供機能あり

トラスト            一部提供済み

法対応や標準化対応など社会全体のデジタル化に向けて、電子文書の確実性・有効性を担保する電子署名・タイムスタンプ・eシールの付与や署名検証の対応が可能です。

帳票生成/編集  提供済み 

WebSAM Rakuformからの切り出しにより従来の帳票生成やPDF生成はもちろん、PDFを活用したデータ抽出や追加などのPDF編集の仕組みを提供します。また、高い認識精度をもつAI-OCR運用の実現も支援します。

文書管理             提供予定 

主に電子帳簿保存法への対応として、PDF文書に対するタイムスタンプ付与や、文書情報の検索などが可能です。
タイムスタンプ付与など適切な処理がされたPDF文書を、box等外部の文書管理システムへ自動で保管することも可能です。

データ転送         提供予定 

作成されたれたドキュメントをトラストの技術を使って、国内のDATA-EX、海外のGAIA-Xとの連携を行います。
また、メールの電子署名のS/MIME、eDeliveryで利用されているPeppol対応も実施します。

事例紹介

BPORTUS:帳票マルチ発行サービス

  • NECのeDocサービスを基盤として、他の電子配信と連携したサービスとして提供
  • 自社で使っている請求データ・帳票フォーマットをそのまま活用
  • 利用者側の負担は最小限にデータ成型・加工、電子配信、紙出力/配送を実現

解決のための製品群

帳票管理
印刷管理
トラストサービス連携