ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

Oracle Database 最新情報

Oracle Database 最新バージョン 18c リリース

Oracle Database の最新バージョンである Oracle Database 18c がリリースされています。
Oracle Database 18c は、Oracle Autonomous Database Cloudのコア・コンポーネントとしても利用されています。
一つ前のバージョンである Oracle Database 12cR2(12.2.0.1) と比べて新機能は多くありませんが、Oracle Database 12c で新たに登場した Oracle Multitenant や Oracle Database In-Memory などの機能が強化されています。

 運用コスト削減とリソース利用を効率化する Oracle Multitenant についてはこちら
 高速な集計・分析処理を実現する Oracle Database In-Memory についてはこちら

[参考]
EnterpriseZine:Oracle Database 18cが年次リリースで実現する「シンプルなライフタイム・サポート」とは?
 https://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10474

 ITpro:「全自動DBだ」とEllison CTO、米Oracleが「Oracle DB 18c」を発表
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/100202373/

Oracle社リリース・モデルの変更

従来の数年ごとに11g12c とリリースするモデルから、毎年リリースが行われる年次リリース・モデルに変わりました。

Oracle Database In-Memory

年次リリース・モデルにおける最初のリリースが Oracle Database 18c であり、旧リリース・モデルにおける 12.2.0.2 に相当します。

18はリリースされた年を意味しています。


<2018/10 更新>



ページの先頭へ戻る