サイト内の現在位置を表示しています。

プリンタドライバのインストールに関する技術情報

Windows 7、Windows Server 2008 R2でのWSD(USB)接続によるプラグアンドプレイインストールに関する注意制限

Microsoft Windows 7、Microsoft Windows Server 2008 R2 WSD(USB)接続によるプラグアンドプレイインストールに関して

Microsoft Windows 7、Microsoft Windows Server 2008 R2がインストールされたパソコンでプリンタドライバをWSD接続またはUSB接続でプラグアンドプレイインストールする際、インストールに失敗する場合があります。

  • WSDは、Web Services on Devicesの略称です。

WSD接続時の対応方法について説明します。
USB接続の場合はWSDをUSBと読み替えてください。

失敗した場合は以下の操作を行なってください。

インストールに失敗した場合の対応策

  1. [スタート]ボタンをクリックし、メニューから[デバイスとプリンター]を選択します。
  2. 対象のプリンタのアイコンを選択して右クリックし、メニューから[プロパティ]を選択します。
  3. 対象プリンタのプロパティダイアログで [ハードウエア] タブを開き、[種類] が [ほかのデバイス] で表示された [WSD印刷デバイス] を選択して [プロパティ] ボタンをクリックします。
  4. [WSD印刷デバイスのプロパティ] ダイアログの [全般] タブで [設定の変更] ボタンをクリックしてください。
  5. [WSD印刷デバイスのプロパティ] ダイアログで [ドライバー] タブを開き、[ドライバーの更新] ボタンをクリックしてください。
  6. インストール画面にて [コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します] を選択します。
  7. ドライバパッケージ参照先を指定後、[次へ] ボタンをクリックしてください。インストールを開始します。
  8. インストール中に [Windowsセキュリティ] ダイアログが表示される場合は、[このドライバーソフトウェアをインストールします] を選択してください。
  9. インストール完了時ダイアログが表示されます。[閉じる] ボタンをクリックして終了します。