サイト内の現在位置

第39回IT戦略総合大会にて表彰 ~「2023年度IT優秀賞(マネジメント領域)」&「Super SE 100人衆(IT優秀個人表彰)」~

2024年2月2日
日本電気株式会社

公益社団法人企業情報化協会(以下、IT協会)が主催する「第39回IT戦略総合大会」にて、2023年度(第41回)IT賞の表彰式典が催され、NECの「Cyber Security Dashboardによるデータドリブンなセキュリティカルチャー変革」が「IT優秀賞(マネジメント領域)」を受賞し、表彰を頂きました。
授賞式では小玉CISOが、セキュリティという見えない世界を“可視化”して社内で活用している様子をスピーチで紹介しました。さらに、CISO統括オフィスの木造プロフェッショナルが「Super SE 100人衆(IT優秀個人表彰)」に選出、表彰され、受賞各社による受賞記念講演では田上CISO統括オフィス長が登壇いたしました。


  2023年度(第41回)IT賞*1 「IT優秀賞(マネジメント領域*2)」受賞について
受賞企業 日本電気株式会社
受賞件名 「Cyber Security Dashboardによるデータドリブンなセキュリティカルチャー変革」
2023年度(第41回)「IT賞」審査結果
受賞理由 サイバーセキュリティ意識の希薄な我が国において、10万人を超える従業員を要する企業の役員ならびに全社員に対して、リスクと脅威の可視化を実現した先例として、セキュリティ対策の強化を検討する他企業・機関の範となるものである。

*1:「IT賞」は、わが国の産業界ならびに行政機関などの業務における生産性向上と効果的マネジメント・システムの整備を促進することを目的として制定。 “ITを活用した経営革新”に、顕著な努力を払い、優れた成果を挙げたと認めうる企業・機関・事業所・部門あるいは個人に対して、公益社団法人企業情報化協会が授与。

*2:「マネジメント領域」では、既存事業への業績貢献、IS部門の自社内(グループ内)地位向上に関わる取組や、業務の効率化、業容拡大への対応、サービスの無人化無休化などによる大幅なコスト削減などの業績貢献、ないしはこれらへの取組を通じたIS 部門の社内地位の向上を評価。

  IT賞「Super SE 100人衆*3(IT優秀個人表彰)」について
受賞者 日本電気株式会社 CISO統括オフィス プロフェッショナル 木造正太
受賞理由 NEC-CSIRTで収集した脅威情報を基に、データドリブンにセキュリティリスクとサイバー脅威の可視化を行い、社長から一般社員までがグローバルに共通のView・共通言語として利用可能なサイバーセキュリティダッシュボードを提案し、アジャイル型で少人数のチーミングにより1か月で開発、全社員に公開した。
自組織のセキュリティパフォーマンスの把握が容易となり、自律的なセキュリティPDCAサイクルを実践する文化の醸成とリスク低減を実現した。
※詳細:IT賞「Super SE 100人衆」選考結果と選考理由

*3:IT賞受賞企業の中から特に顕著な活躍・貢献したと思われる個人を選出し、Super SE 100人衆として表彰。毎年5名から10名程度をめどに選出し、最終的には100人を目指す。

IT協会が主催する「第39回IT戦略総合大会」にて、2023年度(第41回)IT賞の表彰式典が催され、小玉CISOを始め、CISO統括オフィスのメンバーで出席いたしましたのでその様子を共有します。
授賞式では小玉CISOが、セキュリティという見えない世界を“可視化”して社内で活用している様子をスピーチで紹介しました。さらに、受賞企業の中から特に顕著な活躍・貢献したと思われる個人に授与される「Super SE 100人衆」に木造プロフェッショナルが選出、表彰されました。
また、受賞企業による記念講演では田上CISO統括オフィス長が登壇いたしました。

2023年度(第41回)「IT賞」表彰式典の様子

IT優秀賞の授与式
小玉CISOによる受賞スピーチ
「SuperSE100人衆」の表彰式
「Super SE 100人衆」SSE-060 (100人衆として60人目)
小玉CISO(左)・木造プロフェッショナル(右)
NEC出席者集合写真

受賞記念講演の様子

受賞記念講演の様子
田上CISO統括オフィス長による講演

NECの社内セキュリティの取り組み