サイト内の現在位置

欧州研究所

卓越した研究を通じて研究者の成長と社会的課題の解決を促進

2021年11月26日

ミッション

NEC欧州研究所は、AIやIoT、ブロックチェーン、ネットワーク技術、コンピュータプラットフォームの限界を押し広げ、社会的重要課題の解決に取り組んでいます。NECのグローバルな事業に新たな価値をもたらし、さらに一歩進化させています。

NEC欧州研究所の最も大きな特徴は、オープンイノベーションへの注力です。私たちは独自の研究をトップカンファレンスや査読付きジャーナルで発表し、大学や研究機関、他企業の研究開発部門や潜在的なユーザーと連携して、画期的な技術革新を実現しています。

NEC欧州研究所では、各研究者は構想から技術移転に至るまで、研究の方向性を選択し、発展させ、自分のものにするための枠組みのもとで自由に研究することができます。NEC欧州研究所に所属していれば、主要大学の教授としてキャリアを継続しているNEC欧州研究所の旧研究員を含め、世界のトップ研究者が提供する科学的な洞察に独占的にアクセスすることが可能です。

科学研究を加速するため、私たちは、最先端の研究方法論とフレームワークを適用し、外部リソースを活用して私たちの研究を強化しています。研究開発サイクルにデザイン思考を組み込むことで、お客様にも科学コミュニティにも強く響くソリューションの設計やプロトタイプ作成とテストを可能にしています。

私たちは、NECのグローバルコーポレートアクセラレータープログラム「NEC X」に定期的に参加しています。現地のアクセラレーターと協力して、社員が起業家になるためのコーチングやサポートも行っています。

NEC欧州研究所は、マルチモーダル/関係データ用の機械学習におけるAI研究のリーダーです。私たちは、この分野のポートフォリオを「グラフAI技術」と呼んでいます。関係データやグラフ構造データは、データポイントの特徴や、各種の関係性、相互依存性を示すもので、さまざまなアプリケーション分野において広く利用されています。

私たちの研究成果によって、この分野の科学的知識が大幅に前進し、数多くのアプリケーションが実現してきました。例えば、生物医学分野では、グラフベースの関係データ学習を活用した私たちのネオアンチゲン予測プラットフォームがNEC Immune Profiler技術の重要な構成要素となっています。

グラフAI技術は、ヘテロジニアスで不規則なデータ入力のある分野にディープラーニングを適用する際の問題に対処します。画像やテキスト用の標準的なディープラーニング手法を直接適用できない場合でも、私たちのグラフAI技術を利用することで、説明能力を持った効果的な予測を実現できます。

また、NEC欧州研究所は、NECグループのブロックチェーンコンピテンスセンターです。私たちの研究成果は、NECブロックチェーン技術ソリューションの重要な構成要素となっています。私たちのブロックチェーン技術は、さまざまな分野(暗号通貨など)の最先端ブロックチェーンにおけるプライバシーとスケーラビリティの問題に対処しつつ、業界標準に沿って設計されています。

NECのブロックチェーン技術は、高性能のビザンチン・フォールト・トレラント・コンセンサス・レイヤーを採用しています。ネットワーク内に200個のブロックチェーンノードが含まれている場合には、1秒あたり最大10万件のトランザクションを処理できます。ブロックチェーンネットワークは、サテライトチェーンを利用することで、さまざまなコンセンサスプロトコルを並列実行することができます。

プライベートで機密性が高いため、ネットワークにアクセスできるのは関係者(ステークホルダー)だけに限られます。ネットワーク上のいずれのプライベート台帳にも属していないユーザーは、データにアクセスできません。

また、NEC欧州研究所は、IoTやAI向けのプラットフォーム技術の開発においても重要な役割を果たしています。例えば、私たちのIoT技術は、オープンソース技術フレームワーク「new windowFIWARE」に組み込まれており、NECグループに属する世界中のさまざまな企業で利用され、スマートシティソリューションをサポートしています。

また、私たちのAIアクセラレーション技術「SOL」は、NECのSX-Aurora TSUBASAを使用した高性能コンピュータに対し、透過的なニューラルネットワークアクセラレーションを提供します。

NECは、O-RANや、次世代無線アクセス、Beyond 5Gネットワーク技術における世界的リーダーであり、NEC欧州研究所は、セルラーネットワーク技術におけるヨーロッパ有数の研究機関です。Beyond 5Gに関する研究成果については、下記のセクションで説明します。

注力分野

  • コア/応用機械学習
  • 6Gネットワーク
  • 生物医学AI
  • セーフAI
  • ブロックチェーン
  • AIコンピューティングプラットフォーム

ビジョンと目標

NEC欧州研究所は、「情報通信技術の変革によって社会的価値を創造する」というミッションに向けて全力で取り組んでいます。私たちは、将来を見据えて、さまざまな分野における革新的研究のロードマップを確立しています。

説明可能な人工知能(XAI)は、AIの進化形です。予測や決定の根拠を説明することができるので、ユーザーが信頼を置くことができるシステムです。NEC欧州研究所では、「AIシステムはなぜこの予測を行ったのか」というようなユーザーの質問にも対応できるXAIシステムの開発に取り組んでいます。

この分野では、私たちは人間とAIの実りあるコラボレーションにつながる新しい説明可能な基礎機能の開発に注力しています。この点を念頭に置くことで、基礎研究の成果を応用プロジェクトに簡単に取り込むことができます。

現在、世界中の政府が倫理面やプライバシー保護の面での懸念を考慮しつつ、効率を高めるために人工知能を活用することに関心を寄せており、その傾向はますます強くなっています。NEC欧州研究所は、法執行や行政の分野で利用できるグラフベースの機械学習とその説明能力について研究しています。

法執行の分野では、犯罪を解決し、指令室をサポートするためのAI適用方法の研究に注力しています。将来的には、犯罪捜査や、社会復帰制度における犯罪者雇用の改善にまで範囲を広げる予定です。行政の分野においては、職員の業務を強化する市民志向のAIサービスを研究しています。

例えば、AIが質問への回答をサポートし、ドキュメントの検索、入力、下書きを支援するようなシステムを考えています。 将来的には、リソースの割り当てや手続き型業務の遂行、予測可能なシナリオの策定にまで範囲を拡大する予定です。

モバイルネットワークでは、5G技術から6G技術への移行により従来の通信分野を超えて、さまざまな業種の垂直アプリケーションや専門分野に対応できるようになります。私たちは、セルラーネットワーク研究のリーダーとして、今後も自分たちの知識を活用して、モバイル技術やネットワーク仮想化の開発に取り組んでいきます。

私たちの目標は、柔軟性が高く、スマートシティや自動運転、インダストリー4.0、デジタルヘルスといった分野の垂直型サービスにおける新しいユースケースに対応できるネットワークを開発することです。私たちは将来の6Gネットワークの設計に革命を起こすことをめざしており、モバイル技術とIoT、ワイヤレスセンシング、スマートサーフェス、人工知能を組み合わせることで、その開発をリードしていきます。

デジタルヘルスのあらゆる分野においては、データサイエンスは引き続き中心的な位置を占めています。私たちは、感染症と免疫腫瘍学の研究に注力しているところです。例えば、バイオインフォマティクスと機械学習のアプローチを組み合わせた効率的な処理によって、個別化がんワクチンの開発に取り組んでいます。

NEC欧州研究所は、NECのLife Science Innovation Hubに属しています。生物医学分野では、私たちは病気の予防を進め、診断から治療に至るまでの医学的課題に取り組んでいます。生物医学的な取り組みは相互に関連しているため、基礎データの隠れた関係性を明らかにするグラフベースのAI手法には特に注力しています。

私たちは、患者の人口統計に関連付けられたハイスループットなオミックス情報や、臨床ノートから取得したフリーテキスト、放射線画像、患者のバイタルサインの時系列測定データ、遺伝子調節ネットワークといったマルチモーダルデータを扱います。

AIは、今後も私たちが住むこの世界を変革し続けるはずです。NEC欧州研究所は、AIのデータと計算のために用いるプライバシーツールセットや、攻撃からの保護手段を提供することで、機械学習に適した安全な基盤の構築に取り組んでいます。

例えば、AI分類器が敵対的サンプルにだまされたり、トレーニングデータが汚染されたりすることがないようにすることです。プライバシー保護に関しては、トレーニングで使用するデータ(および推論)を漏洩から保護し、内部AIモデルの漏洩を防ぐことをめざしています。

技術は絶えず変化するため、コンピュータシステムやプラットフォームの開発は常に大きな影響を受けます。私たちは、インテリジェントなソフトウェアシステム研究のリーダーとして、将来のデジタルシステムの複雑さに対処できる技術を研究しています。

複雑化は加速しており、ムーアの法則の終焉により、ヘテロジニアス化も加速しています。このような課題に対処するため、私たちは、AIとコンパイラ技術を適用することで、複雑なコンピュータシステムの開発と運用を実現しています。また、ソフトウェア開発を容易にするために、コンピューティングとネットワーキングの両方のプラットフォームを対象に、高性能ソフトウェアの生成を自動化する技術を構築しています。

クリティカルシステムの複雑さに対応するため、システムコンポーネントのモデリングと行動解析を自動化するものです。対象としては、ネットワークやオペレーティングシステム、また、それぞれのコンテキストアプリケーション(セキュリティインテリジェンス、情報など)を含んでいます。

所在地

Kurfursten-Anlage 36 69115 Heidelberg Germany

お問い合わせ