サイト内の現在位置を表示しています。

NEC 学校ICT推進ソリューション

NECは、ハードウェア、ソフトウェア、さらにはソリューションまでフルレイヤーで教育のデジタル化を推進。国が掲げるGIGAスクール構想の実現に向けて、包括的に貢献していきます。

NECのGIGAスクール対応デバイス

「学び」の主役になる先生や子どもたちはもちろん、「学び」に関係するあらゆる立場の方々を支えていくのがNECの目指す学校ICTソリューションです。
21世紀の学校教育に必要なICT機器の導入、運用管理からさまざまな支援サービスまでトータルに新しい学びの環境づくりをサポートいたします。

NECは5月12日(水)~14日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第12回 教育ITソリューションEXPO」に出展いたします。

NECのGIGAスクール構想

NECは、これまで文教市場で蓄積してきた実績を元に、文部科学省「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」に基づく以下の製品・サービスを一体的に提供していきます。GIGAスクール構想で掲げる「誰一人取り残すことのない、公正に個別最適化された学び」をICTを通じて支えていきます。

【有識者セミナー動画】教育ICTビジネス展望2021 ~アフターGIGAスクールのビジネス機会~

GIGAスクール構想について、政府や教育委員会の動向と教員の反応についてのまとめを、2020年11月現在の情報をもとに株式会社MM総研中村様よりご講演いただきました。
今後見込まれる教育ICT市場における新たなビジネス機会等に関しても分析いただいた動画となっております。ぜひ一度ご覧ください。

ご講演者のご紹介
中村成希 執行役員 研究部長

略歴
 1998年に株式会社MM総研に入社後、一貫してICTデバイスとプラットフォームの市場調査に携わり、現在はPC、タブレット、オープンサーバー市場観測の統括責任者を務める。専門は、ICTデバイス、法人市場でのIT企業の競争戦略、SoEソフトウェア(AI/IoT/RPA/コラボレーション)の活用動向。
 教育ICT分野では、定期刊行物MM Report特別号 ~GIGAスクール構想で進む「学び」の革新~(2020年10月)の企画と調査執筆を統括したほか、国内Chromebook市場規模調査(2020年10月)、GIGAスクール端末の選定における3OS評価と活用課題(2020年11月)を調査研究成果として発表している。

他にも、教育ICTに精通された有識者の方々に、そのご経験から「GIGAスクール構想」実現に向けた思いやヒントをお話いただきました。教育委員会や学校関係者の皆さまに是非参考にしていただきたいと思います。

学校ICTに関しての様々な課題や不安を解消し、新しい学びの環境づくりをトータルにサポートします。

事前調査・設計
学校ICT商品
授業支援
安全・安心
導入スタイル
校務支援

授業の前に

ICT支援員がサポート
勤怠を簡単管理 校務支援

授業の開始時に

簡単無線LAN接続
生徒の顔でかんたんログイン

授業の中で

協同学習で活発な授業を
生徒の画面を一覧表示

授業の後で

生徒の個人情報漏えい防止
端末安全管理&不正持ち出し防止
テスト採点に

自治体や教育現場に合わせて4つの導入スタイルをご提案。
ニーズに合った最適な環境づくりを支援します。

電子黒板 Brain Board の魅力を紹介する特設コンテンツ

タブレットPCと電子黒板、無線LANを常設したショールームにて、21世紀の新しい学びを体験できます。

タブレットPC、サーバ、電子黒板などICT機器に触れながら、ICTを活用した模擬教室を体験できます。

  • デモをご希望の場合は弊社営業までお問い合わせください。
教室風にセットしたショールーム。室内の学習卓へタブレットPCを設置
タブレットPCと電子黒板を利用した模擬授業の様子。