サイト内の現在位置を表示しています。

COBOL WSエミュレータ - 技術情報

COBOL WSエミュレータ利用時の注意事項

COBOL WS エミュレータ 説明書に記載されていない注意事項及び、重要な注意事項について記載しています。他の注意事項については、COBOL WS エミュレータ 説明書をお読みください。

画面フォントについて
  • WSエミュレータで利用可能な日本語文字(2バイト文字)は、JIS78(JIS X 0208:1978)の非漢字/第一水準漢字/第二水準漢字、特殊記号等の独自の文字、外字です。

  • WSエミュレータでは、FontAvenue JIS78/90文字セットのJIS78フォントの利用を推奨します(JIS90フォントやJIS2004フォントの利用も可能です)。

  • WSエミュレータの画面に表示する文字の字体や字形は、アプリケーションがWSエミュレータに対して入出力する日本語文字の文字コード、WSエミュレータの利用フォント、サーバの環境変数設定等により異なります。詳細については、NECサポートポータルの以下のコンテンツで提供する技術資料をご覧ください。


    コンテンツID:3140108060
    タイトル:【COBOL WSエミュレータ】Ver2.0/2.1 日本語処理について

かな漢字変換について
  • WSエミュレータは、OS標準、または、Microsoft Office付属のかな漢字入力機能(IME)をサポートしています。

印刷について
  • WSエミュレータ経由で実行するCOBOLアプリケーションからの印刷は、COBOL アプリケーション実行環境の印刷機能「Windows標準スプーラ(従来変換)/論理プリンタ番号:PRN3xx」をご使用ください。
    WSエミュレータの定義プリンタ「WS(PC9800シリーズ)/論理プリンタ番号:PRN1xx」を使用することはできません。

省電力機能について
  • WSエミュレータは、スリープや休止等の電源状態の変更には対応していません。サーバ接続中にスリープ等電源状態を変更した場合、アプリケーション実行環境との通信が切断され、実行中のアプリケーションは強制終了します。

  • 省電力対応スイッチなど、省電力機能が働いた場合にリンク速度を調整するネットワーク機器には対応していません。
    リンク速度が調整された場合、WSエミュレータとアプリケーション実行環境間の通信が切断される場合があります。

システムの二重化について
  • CLUSTERPRO、Microsoft Cluster Serviceなどの二重化システムには対応していません。
    WSエミュレータが接続されているサーバが停止した場合は、WSエミュレータとアプリケーション実行環境間の通信が切断され、起動されていたCOBOLアプリケーションは強制終了しデータの保証はされません。

ブザー鳴動について
  • サウンドデバイスが存在しないか無効、サウンドデバイスにスピーカー等の音声出力に必要な装置が接続されていないマシンでは、ブザー(警告音)は鳴動しません。

A-VX PC/WSエミュレータ(32)から移行時の注意事項

画面表示について
  • PC/WSエミュレータ(32)とは異なり、本製品ではJIS78のFA明朝フォントを同梱していません(JIS78フォントを利用する場合、FontAvenue JIS78/JIS90文字セットの購入を推奨します)。

  • グラフィックタイトル画面は使用できません。

キーボード・マウスについて
  • 初期設定では、半角文字の入力は英小文字入力になります。

  • A-VXキーボードは使用できません。

  • WSエミュレータの画面でマウスは使用できません(ウィンドウ操作を除く)。

外字について
  • G1外字は使用できません。

印刷について
  • WSエミュレータ経由で実行するCOBOLアプリケーションからの印刷は、COBOL アプリケーション実行環境の印刷機能「Windows標準スプーラ(従来変換)/論理プリンタ番号:PRN3xx」をご使用ください。
    WSエミュレータの定義プリンタ「WS(PC9800シリーズ)/論理プリンタ番号:PRN1xx」を使用することはできません。

連携製品・機能について
  • WSエミュレータ再接続キットは使用できません。

  • A-VXセキュリティマネジメント機能の「クライアントAP起動機能制限」は使用できません。

外部接続装置について
  • 周辺装置(IDカードリーダ、POT機器)からの入力は行えません。

COBOL WSエミュレータ Ver1.0から削除された機能

アイコンジョブ起動について
  • アイコンジョブ起動時のシングルウィンドウモード
    複数のアイコンからジョブを起動した場合に1つのWSエミュレータ上で画面を切り替えてジョブを表示する機能

ハードコピーについて
  • WSエミュレータ画面のグラフィックハードコピー出力

外部接続装置について
  • 周辺装置(手動式IDカードリーダ)からの入力

ウィンドウ操作について
  • コンテキストメニューの表示

  • リモートアクセスサーバへの自動接続及び自動切断

  • ウィンドウリサイズ時のフォントサイズ自動変更

コマンドラインオプションについて
  • COBOLアプリケーションを起動するユーザ名の設定(/Uオプション)

  • 通信で使用するポート番号の設定(/N1、/N2オプション)

  • WSエミュレータを複数起動した際に表示される警告を非表示(/Bオプション)

  • WS エミュレータをアイコン状態で起動(/Iオプション)

  • リモートアクセスサーバへの自動接続(/Rオプション)

その他のオプションについて
  • WSエミュレータの二重起動を禁止

  • WSエミュレータのタイトルバー及びメニューバーを非表示

  • WSエミュレータをディスプレイ画面の中央に表示

  • スクリーンセーバーの起動を抑制

  • 編集オプションの縦罫線と置換する文字(英小文字の指定)