ページの先頭です。

サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. COBOL WSエミュレータ
  4. 技術情報
ここから本文です。

COBOL WSエミュレータ - 技術情報

COBOL WSエミュレータ利用時の注意事項

COBOL WS エミュレータ 説明書に記載されていない注意事項及び、重要な注意事項について記載しています。他の注意事項については、COBOL WS エミュレータ 説明書をお読みください。

画面フォントについて

  • WSエミュレータが使用する文字コード規格はJIS78を前提としており、JIS78の画面フォントを使用する場合は、FontAvenue JIS78/90文字セットの購入が必要です。

  • JIS78に対応していない他の日本語フォントを使用することは可能ですが、文字コード規格が異なるため正しい字体が表示されない場合があります。

かな漢字変換について

  • WSエミュレータは、OS標準、または、Microsoft Office付属のかな漢字入力機能(IME)をサポートしています。

印刷について

  • WSエミュレータからの印刷は、アプリケーション実行環境の印刷機能「Windows標準スプーラ(従来変換)/論理プリンタ番号:PRN3xx」をご使用ください。
    WSエミュレータの定義プリンタ「WS(PC9800シリーズ)/論理プリンタ番号:PRN1xx」を使用することはできません。

省電力機能について

  • ハイバネーション機能(休止機能)、サスペンド機能には対応していません。
    省電力機能が働いた場合、WSエミュレータとアプリケーション実行環境間の通信が切断されます。

  • 省電力対応スイッチなど、省電力機能が働いた場合にリンク速度を調整するネットワーク機器には対応していません。
    リンク速度が調整された場合、WSエミュレータとアプリケーション実行環境間の通信が切断される場合があります。

システムの二重化について

  • CLUSTERPRO、Microsoft Cluster Serviceなどの二重化システムには対応していません。
    WSエミュレータが接続されているサーバが停止した場合は、WSエミュレータとアプリケーション実行環境間の通信が切断され、起動されていたCOBOLアプリケーションは強制終了しデータの保証はされません。

ブザー鳴動について

  • サウンドデバイスが存在しないか無効、サウンドデバイスにスピーカー等の音声出力に必要な装置が接続されていないマシンでは、ブザー(警告音)は鳴動しません。

A-VX PC/WSエミュレータ(32)から移行時の注意事項

画面表示について

  • FA明朝は同梱されていないため、別途FontAvenue JIS78/JIS90文字セットの購入が必要です。

  • グラフィックタイトル画面は使用できません。

キーボード・マウスについて

  • 初期設定では、半角文字の入力は英小文字入力になります。

  • A-VXキーボードは使用できません。

  • WSエミュレータの画面でマウスは使用できません(ウィンドウ操作を除く)。

外字について

  • G1外字は使用できません。

印刷について

  • WSエミュレータからの印刷は、アプリケーション実行環境の印刷機能「Windows標準スプーラ(従来変換)/論理プリンタ番号:PRN3xx」をご使用ください。
    WSエミュレータの定義プリンタ「WS(PC9800シリーズ)/論理プリンタ番号:PRN1xx」を使用することはできません。

連携製品・機能について

  • WSエミュレータ再接続キットは使用できません。

  • A-VXセキュリティマネジメント機能の「クライアントAP起動機能制限」は使用できません。

外部接続装置について

  • 周辺装置(IDカードリーダ、POT機器)からの入力は行えません。

COBOL WSエミュレータ Ver1.0から削除された機能

アイコンジョブ起動について

  • アイコンジョブ起動時のシングルウィンドウモード
    複数のアイコンからジョブを起動した場合に1つのWSエミュレータ上で画面を切り替えてジョブを表示する機能

ハードコピーについて

  • WSエミュレータ画面のグラフィックハードコピー出力

外部接続装置について

  • 周辺装置(手動式IDカードリーダ)からの入力

ウィンドウ操作について

  • コンテキストメニューの表示

  • リモートアクセスサーバへの自動接続及び自動切断

  • ウィンドウリサイズ時のフォントサイズ自動変更

コマンドラインオプションについて

  • COBOLアプリケーションを起動するユーザ名の設定(/Uオプション)

  • 通信で使用するポート番号の設定(/N1、/N2オプション)

  • WSエミュレータを複数起動した際に表示される警告を非表示(/Bオプション)

  • WS エミュレータをアイコン状態で起動(/Iオプション)

  • リモートアクセスサーバへの自動接続(/Rオプション)

その他のオプションについて

  • WSエミュレータの二重起動を禁止

  • WSエミュレータのタイトルバー及びメニューバーを非表示

  • WSエミュレータをディスプレイ画面の中央に表示

  • スクリーンセーバーの起動を抑制

  • 編集オプションの縦罫線と置換する文字(英小文字の指定)


ページの先頭へ戻る