サイト内の現在位置

今とるべき、人材育成のアプローチとは

DX人材不足の要因を紐解くとともに、AI・データ活用を進めるために必要な人材育成の考え方を解説します

AIやデータ活用の技術が日々進化していく一方で、実際にこれらの技術を業務に活かせるDX人材の不足が叫ばれています。社内での人材育成を試みようにも、「育成に時間がかかる」「成果が見えづらい」「どのような研修をすべきかわからない」など課題が多いのが現状です。

本資料では、DX人材を取り巻く現状から、人材不足の要因を紐解くとともに、こういった状況から脱却するために必要な人材育成の考え方を解説します。

DX人材不足はなぜ不足しているのか?

DX人材不足は長く課題とされているものの、解消される兆しが見えません。IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が2023年2月に公開した「DX白書2023」(※)でも、
「大幅に不足している(49.6%)」「やや不足している(33.9%)」をあわせ8割以上の企業が不足と回答しています。

その主な要因として以下が挙げられるのではないでしょうか。

・DXのスキルを身につけたとしても、それを実践する場がない
・評価されない、チャレンジしづらい組織文化

「DX人材育成」と「組織文化づくり」を、両軸で進める方法

DX人材育成と組織文化づくりは、具体的にどのように進めればよいのでしょうか。

資料では、その具体的な方法や、最短6ヵ月で成果につなげるNECの「DX人材育成サービス」と実際の導入事例についても詳しく紹介しています。

AI・データ活用を進めるために、「DX人材不足」はどう脱却する?
今とるべき、人材育成のアプローチとは

  • DX人材はなぜ不足しているのか?

  • 「DX人材育成」と「組織文化づくり」を、両軸で進める方法
  • <導入事例>DX人材育成サービスで、市民データサイエンティストの育成・データの民主化を目指す
  • 「データをビジネスに活かせる人材」の育成を、トータルに支援

※3つのアンケートに回答いただくと、PDFをダウンロードいただけます。(A4・全8ページ)
※ダウンロードにあたり、お客様情報の入力(MyNECの会員登録)が必要です