サイト内の現在位置

グローバルヘルス有志活動

グローバルヘルスを応援するビジネスリーダー有志一同の活動

グローバルヘルスを応援するビジネスリーダー有志一同はグローバルヘルスへ貢献する日本企業等の団体です。シブサワ・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役CEO 渋澤 健氏を代表とし、製薬・医療機器をはじめとした保健医療分野のみならず、金融や商社、デジタル、サプライチェーン等多岐にわたる分野から構成され、 大企業のみならず中小企業やスタートアップも含めた多様な企業の経営者が参画しております。
当社からは特別顧問の遠藤 信博がメンバーとなり、政府への提言や「グローバルヘルス・アクション」の発表、グローバルヘルス・アカデミー等に携わっております。

グローバルヘルスとは、地球上の連鎖的な健康リスクの低減に向け、国境を越え、あらゆる場所の保健医療水準を高めることです。昨今、新型コロナウイルス感染症やサル痘の感染拡大を筆頭に、グローバルヘルスに関する国際的な枠組みへの関心が高まっています。各国で政府のみならず、国際機関や官民パートナーシップなど様々な団体によって、課題解決に向けたアプローチがなされています。

有志企業は一団となり、政府への提言や報道関係者への情報発信、グローバルサウスエリアへの現地視察、インパクト投資の推進など、 世界の保健医療水準を高めるための活動を積極的に展開しています。

NECは最先端のデジタルテクノロジーを活用して、グローバルヘルスへ貢献し、「誰一人取り残さない社会の実現」を目指します。

グローバルヘルス・アカデミー

グローバルヘルス・アカデミーは、「政府を動かすには世論を動かす必要があり、世論を動かすためにもまずメディアにグローバルヘルスの重要性・意義、並びに日本企業の取り組みを理解してもらうことが重要」という考えのもと、メディア向けラウンドテーブルとして開催されています。当社からは第1回に特別顧問の遠藤と執行役員の北瀬、第4回にCorporate SVPの室岡が登壇しております。そちらの記事も是非ご覧ください。

アーカイブ動画

政府への提言

グローバルヘルス・アクション