サイト内の現在位置

人作業ナビゲーション

人の作業を最適化し、製造現場全体の生産性を向上させる

製造ラインを支える「人」の作業を効率化し、品質向上へ

労働力人口の減少に伴い、工場などの製造現場では人手不足が深刻な課題になっています。優れた技能を持つベテラン技術者の高齢化も進行し、技能伝承も難しい状況です。品質や生産性の低下に危機感を抱いているお客様もいらっしゃいます。効率的・効果的に新人作業者のスキルアップと技能伝承を図る。これは日本の製造業の共通のテーマといえるでしょう。しかし、その実現の前にはいくつものハードルが存在します。

「人の作業の実態」が把握できない

IoT技術の進展により、設備データの取得・活用は進んでいますが、実際に製造ラインで作業を行うのは「人」です。その「人」のオペレーション状況は十分に把握できていません。例えば、ミスや遅延、品質のばらつきが発生しても、「なぜそうなったのか」「どのように改善したらいいのか」がわからないのが現状です。

アナログな作業の測定・分析に時間をかけられない

人作業のパフォーマンスを測定するためには、ストップウォッチなどで作業時間を計測し、出来高との相関を検証する方法などが一般的です。しかし、多品種化や納期の短縮化が進む中、分析のために十分な時間をかけることは難しくなっています。

新人作業者をなかなか育てられない

スキルの習得を図るためには、ベテラン技術者の指導やアドバイスが欠かせません。かといって新人作業者一人ひとりにベテラン技術者が付きっきりで教育するわけにもいきません。人も時間も限られる中、どうやって作業品質の維持・向上を図るか。これは大きな課題です。

人の作業を最適化し、適切な作業指示で生産性を向上

生産現場での様々なハードルや課題を解決するため、NECが提供しているのが「人作業ナビゲーション」です。人の作業を「見える化」し、最適なタイミングで、最適な作業員に情報をナビゲートすることで、製造現場全体の生産性向上を実現します。

人作業ナビゲーションとは?

装置の稼働状態や生産計画、人の作業結果や測定情報をデジタルデータとして蓄積・分析することで、人作業のボトルネックを顕在化します。さらに、適切なタイミングで、適切な人に音声や映像を利用して作業の内容をナビゲートすることで、ボトルネックの解消を支援します。また、作業員がアイズフリーで作業を進め、設備状況や完了報告もハンズフリーで行えることも大きな特長です。

人作業ソリューションは、製造業向けIoTプラットフォーム「NEC Industrial IoT Platform(ものづくりデータモデル)」と連携し、人の作業を見える化・分析。最適なタイミングで、最適な作業員に情報をナビゲートすることで、製造現場全体の生産性向上を実現します。

作業員に対しては、製造ラインに設置された映像や音声デバイスで作業をナビゲートします。この音声デバイスは作業報告のためのツールでもあります。つまり、作業員はアイズフリーで作業を進められる上、設備状況や完了報告もハンズフリーで行えるなど、手入力で行っていた業務を声に置きかえることによりハンズフリーで報告できるため、作業時間も短縮できます。

さらに、設備の稼働データや人の作業結果をデジタルデータとして「NEC Industrial IoT Platform(ものづくりデータモデル)に蓄積し、分析。人作業のタイムライン分析により、作業プロセスを「見える化」します。これにより、どこに、どんなボトルネックがあるかが的確にわかります。

ソリューションの概要

主な特長・強み

人作業ナビゲーションは作業員及び管理者双方に様々なメリットをもたらします。
作業員にとってのメリットとしては

  • タイムリーかつ適切なナビゲーションにより、次にやるべき作業がすぐわかるためミスを防止できる
  • 作業報告などのハンズフリー音声入力により作業短縮・生産性向上が図れるなどが挙げられます。

一方、管理者のメリットとしては

  • 新人作業者の教育時間の削減と作業品質の向上ができる
  • 人作業工程のサイクルタイム収集により作業改善個所が抽出でき、改善活動が加速する
  • 設備稼働に連動した適任者選定とタイムリーな作業指示ができる
  • 品質・設備情報との連携による不具合分析、予防保全に貢献できる

などが挙げられます。

人作業ナビゲーションによる製造現場全体の生産性向上を図りたいというお客様に対し、NECは現状の課題や改善点などをふまえ、効果の最大化をサポートします。お気軽にご相談ください。

活用シナリオ

映像や音声でタイムリーに作業ナビゲートできるため、ベテラン技術者が付きっきりで指導しなくても、新人作業者のスキルアップが可能です。作業者はハンズフリーで作業状況や実績を報告できるため、ミスの防止や作業時間の短縮も図れます。具体的には下記のようなシナリオでの活用が想定されます。

シナリオ1:保全・点検作業の指示とデータのハンズフリー入力

現場の作業員に対して、点検項目を音声で指示することが可能です。作業員はアイズフリーで作業を進め、設備状況や完了報告もハンズフリーで伝えられます。経験が求められる保全・点検作業もベテラン技術者が遠隔で指導・アドバイスできるため、作業を確実に遂行し、新人作業者のスキルアップにつながります。さらに作業者の位置や作業状況をリアルタイムに把握できるため、作業員のスキルや進捗状況に応じて、適切な人員の配置・配分も可能になります。

シナリオ2:作業の効率化により、設備の稼働率を向上

設備の材料供給や段取り替え作業は、設備の稼働に合わせ最適なタイミングで作業指示を行う必要があります。人作業ナビゲーションを活用すれば、映像や音声によるタイムリーな指示が可能となり、現場の作業員は迷うことなく作業を遂行できます。また作業工程ごと、人ごとの課題抽出も容易に行えます。あるお客様は、段取り替えの時間を約40%削減することに成功し、設備の稼働率が大幅に向上しました。

シナリオ3:作業時間の常時測定により、標準作業改善が加速

音声指示に従って作業を遂行するとともに、その作業時間を測定。出来高と比較する「時系列サイクルタイム分析」により、作業時間のばらつきが大きい作業やムダな作業など要因工程を効率的に特定できます。現場の作業員に気付きを与え、それを改善することで、作業時間の短縮と作業品質の向上につながります。

ものづくりを支える「人」の能力を最大限に引き出す

人作業ナビゲーションは製造現場に以下のような価値をもたらします。

  • ハンズフリー・アイズフリーの指示・報告による作業の効率化と生産性向上
  • 適切なナビゲーションによる稼働率向上と作業品質の向上
  • ベテラン技術者から若手技術者への効率的な技能伝承・最適な人員配置による作業スケジューリングの効率化と生産体制の強化

このように人作業ナビゲーションは人の作業の最適化に加え、技能伝承をサポートし、製造現場全体の生産性向上に寄与します。さらに作業実績データやナレッジをNEC Industrial IoT Platform(ものづくりデータモデル)に蓄積・分析していくことで、ナビゲーションや作業スケジューリング、人員配置の精度はより高まっていきます。この強みを活かし、NECは人を基点にしたものづくりの高度化を継続的に支援します。