サイト内の現在位置を表示しています。

活用例

広がるベクトル技術の活用領域

処理性能と拡張性を大幅に強化したSX-Aurora TSUBASAはHPC領域の科学技術計算に加え、AI・ビックデータ解析、資源探査、画像解析、セキュリティなどの新しい領域にもご利用いただけます。

大学、研究機関

研究開発、大型計算機センター

課題

時間
研究室内のPCには演算処理能力に限界があり、計算センターを利用するのに、課題審査や書類作成が多いために「待ち時間」が発生するという問題があった。
費用
研究室専用の高性能コンピュータがほしかったが、費用の面で導入を躊躇していた。
教育
学生がスーパーコンピュータ離れになっていて、将来の研究者の教育に頭を悩まされた。

メリット

時間
手元に高性能なコンピュータで「待ち時間」ゼロに、急なひらめきでもすぐ実践可能、貴重な時間を事務手続とらわれない。
チューイングレベルまで簡単に実現可能。さらに、計算センターと同じアーキテクチャなので、手元でテストしたデータをシームレスに計算センター移行可能。
費用
価値に見合う価格でご提供し、NECが販売前後で丁寧にサポートいたしますので、導入が安心。
教育
学生によりスーパーコンピューターを身近な存在に。

自然

気象変動、気象予報、防災・減災、資源探査

課題

時間
天気予報、河川氾濫など大規模なシミュレーションは膨大な計算ソースが必要だが、従来のHPCサーバを増設しても、性能が頭打ちで計算時間が予想よりも伸びない
コスト
計算センターの消費電力が高く、ラーニングコストが非常に高い

メリット

時間
NEC独自のベクトル方式およびHBM2メモリを世界初6枚を実装することにより、見かけの性能ではなく、実行性能を高め、計算のスピードを向上。高い精度、大規模、リアルタイムを世の中が求められ、NECのSX-Aurora TSUBASAをぜひお試しください。
コスト
同一電力条件においてx86アーキテクチャシステムより20%-30%優れた計算性能を提供し、ラーニングコストを削減

ものづくり

構造解析、流体解析、新材料開発

課題

性能
シミュレーションモデルの3次元化など、急激に計算負荷が増え並列化が限界となり性能頭打ち

メリット

性能
広いメモリ帯域と高い単一コア性能で並列計算機の台数を削減し、マシン管理の煩雑さも軽減

社会インフラ

AI、IoT、画像解析、新エネルギー

課題

期間、コスト
専用開発言語でプログラミングが煩雑かつ長期的なSWメンテナンスでコスト増

メリット

期間、コスト
長期運用するSWメンテナンスの開発期間を短縮

医療

バイオ、ヘルスケア、新薬、DNA解析

課題

速度、コスト
大量の検査データを扱うため大容量で高速な数値解析処理が必要

メリット

速度、コスト
高いメモリ性能で高速化が期待でき、既存並列ライブラリの流用でSW移行開発コストも削減

マーケティング

ビッグデータ解析、金融、次世代流通

課題

精度
機械学習の実行時間が足かせで学習頻度を上げられず

メリット

精度
性能向上により学習頻度が増えてレコメンド精度が向上し販売量アップ

資料請求・お問い合わせ