サイト内の現在位置

自然言語処理AIを活用した製造業の業務高度化/効率化支援サービス

製品開発(システム・ソフトウェア)

製品のライフサイクル全体にわたって生成・蓄積される自然言語情報を、 AI(NLP)を活用することで業務の高度化/効率化につなげることを支援するソリューションです。

製造業における自然言語情報活用の現状

  • 開発から製造、販売そして市場で使用され廃棄されるまでの製品のライフサイクル全体にわたって、多様な自然言語情報が生成・蓄積されています。例えば、設計書やテスト報告書、計画書や進捗レポート、開発不具合や顧客クレーム情報などが挙げられます。これらの自然言語情報の形式は、ワードファイル等のような文書としてまとめられている場合や、システム上に文章情報(例えば、コメント等の短文)として残されている場合など多岐にわたります。
  • これらの製品に関わる自然言語情報には、技術的なノウハウやお客様からの要望や期待など、企業の競争力に直結し得る重要な情報が含まれています。一方で、生成・蓄積される自然言語情報は莫大な量があり十分に活用しきれていない、のが現状ではないでしょうか?
  • 自然言語情報を蓄積するだけでなく、活用できる形に変える手段の一つとして、自然言語処理AIが挙げられます。以降では、自然言語処理AIを活用して蓄積された自然言語情報がどのように活用できるか、具体事例をご紹介します。

自然言語処理AIを活用した具体事例

製品ライフサイクルの様々な点で生成される自然言語情報を、自然言語処理AIを用いて活用した6つの具体事例をご紹介します

  1. 市場クレーム解析の効率化
  2. 過去不具合のナレッジ化・活用
  3. 開発マネジメントの高度化
  4. 開発不具合の傾向可視化
  5. リスク抽出漏れの検知
  6. 効率的な情報検索

ご紹介の6つの事例はAIによる自然言語情報活用のほんの1例です。弊社ではお客様の業務課題に合わせた自然言語処理AIによる自然言語情報の活用を支援いたします。

NECの支援内容

  • AIを用いた自然言語情報の活用に取り組むにあたっては、活用するにいたる業務課題があるものと考えます。この業務課題を明らかにしたうえで、自然言語処理AIの導入を検討していくことが重要です。
  • 当支援サービスでは、お客様の業務の現状分析・構想企画からシステムの構築運用までを、一気通貫でご支援します。

お問い合わせ