ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. COBOL 拡張システムサブルーチン
  4. 技術情報
ここから本文です。

COBOL 拡張システムサブルーチン - 技術情報

注意事項

リモートデスクトップについて

  • ブザー鳴動機能は使用できません。 

  • 装置制御機能システムサブルーチンは使用できません。 

  • プログラム間通信機能にて、コンピュータ間通信用のサービス(サービス名:MSG-BOX Service)が登録されたサーバ内で、コンピュータ内通信機能は使用できません。 

ブザー鳴動機能(@BUZS)について

  • サウンドデバイスが存在しないか無効、サウンドデバイスにスピーカー等の音声出力に必要な装置が接続されていないマシンでは、ブザーは鳴動しません。

数字項目の引数について

  • 本製品付属マニュアルにおいて、システムサブルーチンを呼び出す際の引数を、

       符号なし整数項目  数字基本項目  符号付き数字基本項目  数字項目

    のいずれかで表現した項目は、

      ・符号なし外部10進項目
      ・SIGN句省略、または、SIGN IS TRAILING指定の符号あり外部10進項目
         ※符号あり外部10進項目の重ね符号の値は、COBOL Standard Edition固有の表現形式のみ

    のいずれか、または両方を指すものです。これらの項目以外の、

     ・外部10進項目以外の数字項目(例 内部10進項目)
     ・COBOL Standard Edition固有表現ではない外部10進項目
     ・SIGN IS LEADING指定、SIGN IS TRAILING SEPARATE指定、または
       SIGN IS LEADING SEPARATE指定の外部10進項目

    は、本製品提供のシステムサブルーチンの引数には、指定できません(指定した場合の動作は保証していません)。

     なお、COBOL Standard Editionで作成するプログラムについては、

     ・コンパイルオプション「USAGE COMPをUSAGE COMP-5互換とする」をチェックする(COBOL Standard Edition V1ではTRUEにする)、または、-C5オプションを指定してコンパイルした場合、USAGE COMP指定の項目は、外部10進項目ではなく2進項目(COMP-5)になります。

     ・「重ね符号桁の表現をPro*COBOL互換とする」をチェックする(COBOL Standard Edition V1ではTRUEにする)、あるいは、-CSオプションを指定してコンパイルした場合、外部10進項目は、Pro*COBOL表現形式となり、重ね符号の表現形式が標準とは異なります。

    とコンパイルオプションの指定により、データ項目の内部形式が変わり、システムサブルーチンの引数として利用できなくなるため注意が必要です。

COBOL85 システムサブルーチンから移行する際の注意事項

削除されたサブルーチンについて

  • マルチセクタ入出力機能
    • マルチセクタ環境設定(@MOI)
    • マルチセクタオープン(@MOP)
    • マルチセクタクローズ(@MCL)
    • マルチセクタ入力(@MRD)
    • マルチセクタ出力(@MWT)
  • サーバ電源切断機能(@APCUOFF)

動作仕様が変更されたサブルーチンについて

  • 別プログラム起動(@NETSPAWN)の動作仕様に変更があります。
    本サブルーチンを使用して他システムのプログラムを起動する場合は、画面入出力を伴わないバッチ型アプリケーションのみ起動可能となります。

クライアント版で提供していたサブルーチンについて

  • COBOL85 システムサブルーチン クライアント版で提供していました以下のサブルーチンはCOBOL Standard Editionで提供されています。
    詳しくは「COBOL プログラミングの手引き」を参照ください。
B_CMOPT B_GETENV B_PUTENV
B_GERRNO B_SYSTEM C_CSJ
C_CJS CBLSYMPR CBLASGN
CBLCLSPR CBLSPOOL CBLRUN
CBLSPAWN CBLCHAINR  


ページの先頭へ戻る