ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Oracle
  4. Oracle Cloud
  5. PaaS/IaaS
ここから本文です。

PaaS/IaaS

Oracle Cloudの特長

クラウドで使われている製品アーキテクチャがオンプレと同等

Oracle Cloudで使われている製品アーキテクチャはオンプレミスと同等であり、オンプレミスで培った技術をそのままクラウド上で活用することができます。またオンプレミスと同じOracle製品をクラウド上で利用することが可能です。これによりオンプレミス・クラウドでそれぞれ開発したアプリケーションの相互利用やオンプレミスのOracle製品からの移行を容易に行うことができます。さらにオンプレミスライセンスがある場合にはBYOL to PaaSで安価に移行することができます。

Oracle社のOracle Cloud提供パターン

Oracle社が提供するクラウドサービスにはOracle Public Cloud Oracle Cloud at Customer2種類があります。これらのサービスでは、月額料金でDatabase Cloud Service(DBCS)などのPaaSIaaS環境を利用することができます。

NECが提供するOracle Cloudサービス

NECが提供する3つのOracle Cloudサービスパターン

NECではこれらのクラウドサービスを3つのサービスパターンに分けて用意しています。

  • NEC Cloud Solutions Oracle Cloudでは、Oracle Cloudを提供するHW/SWとNECCIがNEC DC内に同居しているため、高速かつシームレスにOracle CloudとNECCIを連携させ、利用することが可能です。
  • NEC Oracle Cloud マネージドサービス for Private Cloudは、お客様指定の場所にOracle Cloud at Customerを設置し、Oracle Cloud at Customerを利用するサービスです。お客様指定の場所にOracle Public Cloudと同等の基盤を設置することで、データのセキュリティや既存システムとの連携の問題をクリアしつつ、クラウドの利点を享受することができます。
  • NEC Oracle Cloud マネージドサービスは、Oracle Public CloudにNECの保守・技術支援サービスやNEC独自のポータル「NECコンシェルジュWeb」を組み合わせ、より利便性を高めたクラウドサービスです。

オンプレ同等の導入・運用を支援するNECサポート

NECが提供するOracle Cloudサービスでは、オンプレでの実績・ノウハウを持つNEORC(NEC Oracle Response Center)エンジニアが導入・運用の支援をします。
それにより、ハイブリッドクラウド環境に対して、NEORCエンジニアがワンストップのサポートサービスを提供します。

ページの先頭へ戻る