ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Oracle
  4. Oracle Cloud
  5. PaaS/IaaS
ここから本文です。

PaaS/IaaS

Oracle Cloudの特長

クラウドで使われている製品アーキテクチャがオンプレと同等

Oracle Cloudで使われている製品アーキテクチャはオンプレミスと同等であり、オンプレミスで培った技術をそのままクラウド上で活用することができます。これによりオンプレミス・クラウドでそれぞれ開発したアプリケーションの相互利用やオンプレミスのOracle製品を利用するシステムの移行を容易に行うことができます。

Oracle Cloudは、Oracle製品に最適なクラウド環境を他社パブリッククラウドサービスよりも低価格な価格体系(*1)で提供しています。また、製品ライセンスをお持ちの場合は、所有しているライセンスをクラウド環境へ持ち込むこと(BYOL)で、さらに安価に使用することができます。特にデータベース領域では、世界初の自律型データベース(*2)を展開するなど、最先端かつ革新的なサービスを提供しています。

*1 参考: 価格情報 オラクルのIaaS/PaaS
*2 参考: Oracle Autonomous Database について
 

NECが提供するOracle Cloudサービス

NEC Cloud Service based on Oracle

NEC Cloud Service based on Oracleは、Oracle Cloud InfrastructureにNECの技術サポート・技術支援サービスやNEC独自のポータル「NECコンシェルジュWeb」を組み合わせ、安心・安全にOracle Cloud Infrastructureを利用できるサービスです。

提供フェーズ

NEC Cloud Service based on Oracleでは企画から運用にいたるまでトータルにサポートします。

技術サポート

オンプレミスのサポートで培った豊富な実績・経験を活かし、お客様のハイブリットクラウド環境に対して単一窓口でサポートを提供します。また、リモート保守サービス(オプション)により、Oracle Cloud上での障害復旧にかかる時間短縮と、お客様作業負担を軽減します。



NECコンシェルジュWeb

NECコンシェルジュWebは、お客様が、お知らせや課金状況の確認、お問い合わせ(環境構築申請)を行うための独自ポータルです。加えて、利用状況のレポーティングを行い、お客様が無駄なくOracle Cloudを利用できるよう支援します。
お客様は、専門エンジニアによる環境構築代行を活用することにより、ファイアウォールなどの設定ミスを防ぎ、セキュリティ事故を防止することができます。

NECコンシェルジュWebでは以下4つの機能を提供します。

 

  • レポーティング

お客様が無駄なくOracle Cloudを利用できるように、利用状況に合わせて「利用促進」や「超過警告」をレポーティングします。
また、Oracle Cloudのメンテナンス情報などのお知らせを表示します。

 

  • 課金状況

過去の利用履歴に加え、将来の利用状況予測を可視化し、このまま利用し続けて利用限度額を超過しないか、お客様が一目で確認できます。

 

  • サービス管理

お客様がシンプルな画面で作成したサービス(ComputeDatabase Cloud ServiceAutonomous Database等)の情報を表示します。サービス(インスタンス)の起動・停止・再起動が行えます。

 

  • 環境構築

作業申請書に記入、申請することでサービス作成・削除などの作業代行を専門エンジニアに依頼できるため、専門スキルがなくても安心して環境を構築することができます。

技術支援サービス

 Oracle Cloudに関する不安を解決する各種プロフェッショナルサービス(オプション)を提供します。

サポートレベルのご案内

Oracle Cloud製品に関して、NECから充実なサポートを提供しています。Oracle社管理範囲の障害など、事象によってはOracle社と連携してサポートを提供しています。
サービスごとに3つのサポートレベルにて提供します。レベル別の対応範囲は次の表の通りです。

〇実施可能 △条件付き

※1:商業的に合理的な範囲で再現環境を構築し、解析を実施します。
※2:サービスの特性上採取が可能な情報のみ解析を実施します。
※3:既存の公開情報に基づく調査、およびOracle社との連携を中心とした調査を実施します。

各サービスのサポートレベルは、以下をご参照ください。(2021/11/1時点)

※1:サポートレベル「Level 1」のサービスは、Oracle社により改修媒体が提示された場合、利用者により適用時期の決定・適用を行って頂きます。「Level 2」のサービスにおける改修媒体については、Oracle社管理のコンポーネントに対する運用となるため、改修媒体の作成・適用時期の決定、適用作業はOracle社の裁量により行われます。「Level 3」のサービスにおいては、Oracle社による改修媒体の作成・適用時期の決定・適用作業に関して、利用者への裁量権の有無はサービスごとに異なるため、お問合せください。

※2:domU以上の層はユーザ管理対象のため、「Level 1」にて対応します。dom0以下の層はOracle社管理対象のため、パッチ運用含め「Level 2」にて対応します。



Oracle CloudでのOSサポートについて、以下をご参照ください。(2021/7/1時点)

→Oracle Linux OSのサポート
Oracle社のテクニカルサポートポリシーに則り、追加費用なしで本サービスに、Oracle Linux Premier Supportを同梱しています。

  テクニカルサポートポリシー
    - Oracle Linux 及び Oracle VM サポートポリシー

→Windows Server OSのサポート
Oracle社のテクニカルサポートポリシーに則り、Windows ServerのバージョンがMicrosoft社のサポート期間内である限り、追加費用なく以下の範囲で、サポートをご提供致します。
  
  ・オペレーティングシステムの起動
  ・オペレーティングシステムのネットワーク接続
  ・アタッチされたストレージの動作

ただし、Windows Serverでその他の問題が発生した場合のサポート提供には、Microsoftサポートが別途必要となります。
  
Oracle CloudでのWindows Server OSサポートポリシーは、Oracle Cloud Services Contractsから参照できる
「Oracle PaaS and IaaS Universal Credits Service Descriptions」をご確認ください。
  
Windows Server OSサポートに関しては、WindowsサーバOS サポートサービスのご案内をご参照ください。

ページの先頭へ戻る