ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 研究開発(R&D)
  4. 自動推論テクノロジーグループ
ここから本文です。

自動推論テクノロジーグループ

自動推論コア技術創出 知的ベースAIの実現 実社会における問題解決の効率化・高速化

NECセキュリティ研究所 自動推論テクノロジーグループは
世の中を変革する知性ベースAIの実現を目指しています。

見かけに惑わされずに本質を捉える「批判的思考力(Critical thinking)」
未知状況においても適応し仮説を立てる「創造的思考力(Creative thinking)」
人を納得させ行動につなげる「コミュニケーション力(Communication)」
推論技術によって3つのCを実現し、
人への示唆の高度化を追求します。

人とAIが解決していく創造的共生関係を自動推論技術で実現します。

Recent Publication

  • 勝見久央, 平岡拓也, 本浦庄太, 山本風人, 定政邦彦, 吉野幸一郎, 中村哲. 論証構築のための情報探索対話戦略の最適化. 言語処理学会第24回年次大会, 2018.
  • 佐々木耀一. 有向ハイパーグラフ上の到達可能性判定問題に対する効率的なアルゴリズム. STRセミナー2018, 2018.
  • Takuya Hiraoka, Shota Motoura, and Kunihiko Sadamasa. Detecticon: A Prototype Inquiry Dialog System. the Ninth International Workshop on Spoken Dialogue Systems Technology (IWSDS 2018), 2018/05/16.
  • Kazeto Yamamoto, Takashi Onishi, and Yoshimasa Tsuruoka. Hierarchical Reinforcement Learning with Abductive Planning. IJCAI 2018 Workshop on Planning and Learning, 2018.
  • Seydou Ba, Takuya Hiraoka, Takashi Onishi, Toru Nakata and Yoshimasa Tsuruoka. Monte Carlo Tree Search with Scalable Simulation Periods. IJCAI 2018 Workshop on Planning and Learning, 2018.
  • Takuya Hiraoka, Takashi Onishi, and Yoshimasa Tsuruoka. Refining Human-Designed Symbol Grounding and High-Level Planning by Policy Gradient. IJCAI 2018 Workshop on Learning and Reasoning, 2018.
  • 田中友紀子, 平岡拓也, 大西貴士, 鶴岡慶雅, 滝野晶平, 松本陽介. 電力ダム操作における強化学習型シンボルグラウンディングによる意思決定支援に関する検討. 2018年度人工知能学会全国大会(第32回), 2018.
  • 星野綾子, 細見格. 句構造解析とクラスタリングを用いた会話履歴の要約. 2018年度人工知能学会全国大会(第32回), 2018.
  • 佐々木耀一, 木村圭吾, 山本風人, 岡嶋穣, 定政邦彦. 有向ハイパーグラフ上での到達可能性判定の高速化. 2018年度人工知能学会全国大会(第32回), 2018.
  • Shumpei Kubosawa, Takashi Onishi, and Yoshimasa Tsuruoka Synthesizing Chemical Plant Operation Procedure utilizing Knowledge, Dynamic Simulation and Deep Reinforcement Learning. SICE2018, 2018.
  • Shota Motoura, Kazeto Yamamoto, Shumpei Kubosawa, and Takashi Onishi. Translating MFM into FOL: towards plant operation planning. Proceedings of the Third International Workshop on Functional Modelling for Design and Operation of Engineering Systems, 24 - 25 May, 2018, Kurashiki, Japan
  • 佐々木耀一, 木村圭吾, 山本風人, 岡嶋穣, 定政邦彦. 有向ハイパーグラフ上の到達可能性判定問題に対するZDDを用いた効率的なアルゴリズム. 基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト 「2018年度 初夏のワークショップ」, 2018.

Members

自動推論テクノロジーグループの研究者をご紹介します。

Contact

本Webページの内容およびNECのデータマイニングに関するご質問は、以下よりお問い合わせください。

研究開発(R&D)お問い合わせフォーム

フォームがご利用いただけない場合はwebmaster@datamining.jp.nec.comまでお問い合わせください。
NECの製品などに関するお問い合わせは、NECのお問い合わせ窓口へご連絡いただきますようよろしくお願いいたします。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る