ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoFrame
  4. InfoFrame Dr.Sum EA
  5. 動作環境
ここから本文です。

InfoFrame Dr.Sum EA - 動作環境

  • こちらには最新バージョンのみ掲載しております。
    その他のバージョンにつきましては、マニュアルをご参照ください。
  • Excelクライアント環境のOSは、すべて日本語版です。
  • サポートポリシーにつきましては、以下をご参照ください。

なお、現在「限定延長保守サービス」にて対応させていただいております主な環境は、以下の通りです。
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2003 R2
  • Windows XP Professional
  • Microsoft Office 2003
  • Internet Explorer 6.0
詳細につきましては、弊社営業担当までお問い合わせください。

Datalizerシリーズ

Dr.Sum EA Datalizer Ver.5.0(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2008 R2(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008(64bit) ※3
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
CPU Intel Xeon 1.6GHz以上
メモリ使用量
  • 3GB以上 ※4 ※5
  • 2GB以上 ※4 ※6
ディスク使用量 800MB以上 ※4 ※7
Webブラウザー
  • Microsoft Edge(32bit/64bit) ※8 ※9
  • Internet Explorer 11(32bit/64bit) ※8 ※9
  • Internet Explorer 10(32bit/64bit) ※8 ※9
  • Mozilla Firefox 45(ESR)以降(32bit/64bit) ※8
  • Google Chrome(32bit/64bit) ※8 ※10
必要なソフトウェア
  • Dr.Sum EA Ver.5.0
  • Dr.Sum EA Ver.4.2
外部連携可能なソフトウェア
  • IBM DB2 V11.1
  • IBM DB2 V10
  • IBM DB2 V9
  • Microsoft SQL Server 2016
  • Microsoft SQL Server 2014
  • Microsoft SQL Server 2012
  • Microsoft SQL Server 2008 R2
  • Microsoft SQL Server 2008
  • Oracle Database 12cR2
  • Oracle Database 12c
  • Oracle Database 11gR2
  • Oracle Database 11g
  • PostgreSQL 9.6
  • PostgreSQL 9.5
  • PostgreSQL 9.4
  • PostgreSQL 9.3
  • PostgreSQL 9.2
  • ※1Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※2日本語、英語、中国語(簡体字)に対応しています。
  • ※3Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※4データ量に応じて、サイジングをする必要があります。
  • ※5Datalizer Professional for Web、Datalizer Expertの場合
  • ※6Datalizer for Web、Datalizer for Excelの場合
  • ※7別途、システム領域に200MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。
  • ※8日本語、英語、中国語(簡体字)の各Webブラウザーに対応しています。
  • ※9デスクトップ版にのみ対応しています。
  • ※10最新バージョンと、そのひとつ前のバージョンに対応します。

Dr.Sum EA Datalizer Ver.5.0(Webクライアント環境)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※2
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※2
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※3
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※3
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語 (簡体字)
CPU 1GHz以上
メモリ使用量 1GB以上
Webブラウザー
  • Microsoft Edge(32bit/64bit) ※4 ※5
  • Internet Explorer 11(32bit/64bit) ※4 ※5
  • Internet Explorer 10(32bit/64bit) ※4 ※5
  • Mozilla Firefox 45(ESR)以降(32bit/64bit) ※4
  • Google Chrome(32bit/64bit) ※4 ※6
必要なソフトウェア
  • Adobe Acrobat Reader DC ※7
  • Adobe Reader XI ※7
  • Adobe Reader X ※7
  • Microsoft Office Excel ※8
  • ※1Pro、Education、Enterpriseに対応しています。
  • ※2Windows 8.1、Pro、Enterpriseに対応しています。
  • ※3Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  • ※4日本語、英語、中国語(簡体字)の各Webブラウザーに対応しています。
  • ※5デスクトップ版にのみ対応しています。
  • ※6最新バージョンと、そのひとつ前のバージョンに対応します。
  • ※7PDF出力する場合に必要です。
  • ※8Excel出力する場合に必要です。

Dr.Sum EA Datalizer Ver.5.0(Excelクライアント環境/DatalizerClient)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※2
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※2
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※3
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※3
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語 (簡体字)
CPU 1GHz以上
メモリ使用量 1GB以上
ディスク使用量 50MB以上
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
必要なソフトウェア
  • Adobe Acrobat Reader DC ※4
  • Adobe Reader XI ※4
  • Adobe Reader X ※4
  • Microsoft Office Excel 2016(64bit)
  • Microsoft Office Excel 2016(32bit)
  • Microsoft Office Excel 2013(64bit)
  • Microsoft Office Excel 2013(32bit)
  • Microsoft Office Excel 2010(64bit)
  • Microsoft Office Excel 2010(32bit)
  • ※1Pro、Education、Enterpriseに対応しています。
  • ※2Windows 8.1、Pro、Enterpriseに対応しています。
  • ※3Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  • ※4PDF出力する場合に必要です。

注意

  • Ver.5.0のDatalizer for Excelは、次のプログラムとは混在できません。
    • Excelアドイン(Dr.Sum EAクライアント)
    • Ver4.2以前のDatalizer for Excel

Dr.Sum EA Datalizer Ver.5.0(Datalizer for Tablet)

Datalizer for TabletはDr.Sum EA Datalizer Expertにのみ含まれる機能です。

OS iOS 9以降
Webブラウザー Safari
モバイル端末
  • Apple iPad Pro
  • Apple iPad mini 4
  • Apple iPad mini 3
  • Apple iPad mini 2
  • Apple iPad mini
  • Apple iPad Air 2
  • Apple iPad Air
  • Apple iPad(第4世代)
  • Apple iPad(第3世代)
  • Apple iPad 2

Dr.Sum EA Datalizer MotionChart Ver.5.0(サーバー環境)

MotionChart(サーバー環境)の動作環境は、Dr.Sum EA Datalizer(サーバー環境)に準じます。

注意
Datalizer MotionChart サーバーは、必ずDr.Sum EA Datalizer サーバーと同一コンピューター上にインストールする必要があります。

Dr.Sum EA Datalizer MotionChart Ver.5.0(クライアント環境)

WebブラウザーからMotionChartを利用するには次のソフトウェアが必要です。その他の動作環境はDr.Sum EA Datalizer(Webクライアント環境)に準じます。

必要なソフトウェア Adobe Flash Player 24以降

Dr.Sum EA Datalizer Adapter for SVF Ver.5.0

Dr.Sum EA Datalizer Adapter for SVF Ver.5.0には、次の製品を同梱しています。

  • SVF Report Engine
  • Dr.Sum EA Datalizer Adapter
  • SVFX-Designer

Dr.Sum EA SVF Report Engine Ver.9.2 (サーバー環境)

SVF Report Engineは、Dr.Sum EA Datalizer Serverと同一筐体に構築します。
動作環境は、Dr.Sum EA Datalizer(サーバー環境)の動作環境に準じます。
メモリ、HDD(製品使用容量)については、Dr.Sum EA Datalizer Serverの環境に加え、以下の表の容量が必要となります。
Dr.Sum EA Datalizer Adapterは、Datalizer ServerとSVFサーバーとを連携するためのAPIライブラリであり、SVFサーバー Ver.9.2と連携します。

メモリ 512MB 以上
HDD(製品使用容量) 400MB 以上

対応Webブラウザーについて は、SVF Report Engineでは、クライアント環境で環境設定を行いますので、下記のクライアント環境を参照してください。

Dr.Sum EA SVF Report Engine Ver.9.2 (クライアント環境)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 8(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 8(32bit) ※1
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※3
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※3
  • Microsoft Windows Vista(64bit) ※4
  • Microsoft Windows Vista(32bit) ※4
  • Microsoft Windows XP(32bit) ※5
メモリ使用量 OS、およびMicrosoft .NET Frameworkが動作する最小メモリサイズ
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.6 ※2
  • Microsoft .NET Framework 4.5
  • Microsoft .NET Framework 4
  • Microsoft .NET Framework 3.5
  • Microsoft .NET Framework 3.0
Webブラウザー
  • Internet Explorer 11(64bit) ※2 ※6
  • Internet Explorer 11(32bit) ※6
  • Internet Explorer 10(64bit) ※2 ※6
  • Internet Explorer 10(32bit) ※6
  • Internet Explorer 9(64bit)
  • Internet Explorer 9(32bit)
  • Internet Explorer 8(64bit)
  • Internet Explorer 8(32bit)
  • Internet Explorer 7(64bit)
  • Internet Explorer 7(32bit)
  • ※1Pro、Enterpriseに対応しています。
  • ※2Ver.9.2SP5を適用する必要があります。
  • ※3Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  • ※4Business、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  • ※5Professionalに対応しています。
  • ※6デスクトップ版にのみ対応しています。

Dr.Sum EA SVF Report Engine Ver.9.2 (PAlite)

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2 ※3
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※1 ※2 ※3
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2(64bit) ※1 ※4
  • Microsoft Windows Server 2008(64bit) ※1 ※4
  • Microsoft Windows Server 2008(32bit) ※4
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※3 ※5
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※3 ※5
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※1 ※3 ※5
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※3 ※5
  • Microsoft Windows 8(64bit) ※1 ※5
  • Microsoft Windows 8(32bit) ※5
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※1 ※6
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※6
  • Microsoft Windows Vista(64bit) ※1 ※7
  • Microsoft Windows Vista(32bit) ※7
  • Microsoft Windows XP(32bit) ※8
OS言語
  • Microsoft .NET Framework 4.6 ※3
  • Microsoft .NET Framework 4.5 ※9
  • Microsoft .NET Framework 4 ※9
  • Microsoft .NET Framework 3.5
  • Microsoft .NET Framework 3.0
  • ※164bit OSでは、32bitモードでの動作となります。
  • ※2Standard、Datacenterに対応しています。
  • ※3Ver.9.2SP5を適用する必要があります。
  • ※4Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています。
  • ※5Pro、Enterpriseに対応しています。
  • ※6Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  • ※7Business、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  • ※8Professionalに対応しています。
  • ※9SVF Enable EUDC Serviceを.NET Framework 4.0または4.5のみの環境で利用する場合は、Ver.9.2SP5を適用する必要があります。

Dr.Sum EA Datalizer Adapter

Dr.Sum EA Datalizer Adapterは、Datalizer ServerとSVFサーバーとを連携するためのAPIライブラリであり、SVFサーバー Ver9.2と連携します。
Dr.Sum EA Datalizer Adapterは、Dr.Sum EA Datalizer Serverと同一筐体に構築します。動作環境は、Dr.Sum EA Datalizer(サーバー環境)に準じます。

SVFX-Designer Ver.9.2 (クライアント環境)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2 ※3 ※4
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1 ※4
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※1 ※2 ※3 ※4
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※1 ※4
  • Microsoft Windows 8(64bit) ※1 ※2 ※3
  • Microsoft Windows 8(32bit) ※1
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※2 ※3 ※5
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※5
  • Microsoft Windows Vista(64bit) ※2 ※3 ※6
  • Microsoft Windows Vista(32bit) ※6
  • Microsoft Windows XP(32bit) ※7
メモリ使用量 1GB以上
ディスク使用量 2GB以上
Java
  • Oracle Java 8(32bit) ※4 ※8
  • Oracle Java 7(32bit)
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.6 ※4
  • Microsoft .NET Framework 4.5 ※9
  • Microsoft .NET Framework 4 ※9
  • Microsoft .NET Framework 3.5 ※9
  • Microsoft .NET Framework 3.0 ※9
必要なソフトウェア
  • Adobe Acrobat Reader DC ※10
  • Adobe Reader XI ※10
  • Adobe Reader X ※10
  • ※1Pro、Enterpriseに対応しています。
  • ※264bit OSでは、32bitモードでの動作となります。
  • ※3機能制限として「SVF Image Printer」がインストールされません。
  • ※4Ver.9.2SP5を適用する必要があります。
  • ※5Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  • ※6Business、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  • ※7Professionalに対応しています。
  • ※8Java8を使用する際の注意については、以下の注意を参照してください。
    「Java8環境でSVF製品を利用する場合の注意点について」
  • ※9SVF環境設定を使用する場合に必要です。
  • ※10テスト印刷の結果を表示する場合に必要です。

Dr.Sum EA Datalizer SVF Connector Ver.5.0

Dr.Sum EA Datalizer SVF Connectorは、Datalizer Serverと SVFサーバーとを連携するための APIライブラリであり、SVFサーバー Ver.8.2、9.1、9.2と連携可能です。 Dr.Sum EA Datalizer SVF Connectorは、Dr.Sum EA Datalizer Serverと同一筐体に構築します。
動作環境は、Dr.Sum EA Datalizer(サーバー環境)に準じます。

「Java8環境でSVF製品を利用する場合の注意点について」
Java8環境でSVFX-Designer Ver.9.2、SVF Web Designer Ver.9.2およびSVF Java実行部製品 Ver.9.2を利用される場合には、以下にご注意ください。

  • Java8の非互換に対する注意事項
    Java8でJDBC-ODBCブリッジが廃止されたため、ODBCドライバーを設定したクエリー様式ファイルを作成・実行できません。Java8環境で利用可能なJDBCドライバーをご利用ください。
  • Oracle Java8の性能に対する注意事項
    製品開発元の同一環境におけるJava7とJava8の性能比較検証において、Intel Xeon E3および旧世代の環境にてOracle Java8 64bitを利用した場合には、Java7をJava8へ入れ替えることにより以下を確認しています。

Windows環境、Linux環境ともにDotPrinter機種にて処理時間にばらつきが生じている Windows環境では、グラフィックモード帳票のART4・LIPS4機種にて、処理時間は一定なものの、性能劣化が生じている 上記現象は、Intel Xeon E5およびE7環境にてOracle Java8 64bitを利用した場合、またはIntel Xeon E3および旧世代の環境にてOracle Java8 32bitを利用した場合には、生じないことを確認しています。

MotionBoardシリーズ

Dr.Sum EA MotionBoard Ver.5.7(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※3
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
CPU Intel Xeon 1GHz以上
メモリ使用量 16GB以上
ディスク使用量 1GB以上 ※4 ※5
512MB以上 ※4 ※6
Webブラウザー
  • Microsoft Edge
  • Internet Explorer 11(32bit/64bit) ※7 ※8
  • Internet Explorer 10(32bit) ※7 ※8
  • Internet Explorer 9(32bit) ※7
  • Internet Explorer 8(32bit) ※7
  • Internet Explorer 7(32bit) ※7
  • Mozilla Firefox 6.0以降(32bit)
  • Google Chrome(32bit/64bit) ※9
必要なソフトウェア Adobe Flash Player 10.2以降
外部連携可能なソフトウェア
  • Dr.Sum EA Ver.5.0 ※18
  • Dr.Sum EA Ver.4.2
  • Dr.Sum EA Ver.4.1
  • Dr.Sum EA Ver.4.0 SP1(Windows版)
  • Dr.Sum EA Ver.4.0(Windows版)
  • Dr.Sum EA Ver.3.0 SP3
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.4.2
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.4.1
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.4.0 SP1
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.4.0
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.3.0 SP2
  • Microsoft R Server(Operationalization)Ver 9.0
  • OpenLDAP 2.x
  • SVF for Excel Ver.9.2 ※10
  • SVF for PDF Ver.9.2 ※10
  • SVF for Java Print Ver.9.2 ※10
  • Universal Connect/X Ver.9.2 ※10
  • Windows Server 2016 Active Directory
  • Windows Server 2012 R2 Active Directory
  • Windows Server 2012 Active Directory
  • Windows Server 2008 R2 Active Directory
  • Windows Server 2008 Active Directory
  • Windows Server 2003 Active Directory
使用可能なデータソース
  • Dr.Sum EA Ver.5.0 ※18
  • Dr.Sum EA Ver.4.2
  • Dr.Sum EA Ver.4.1
  • Dr.Sum EA Ver.4.0 SP1(Windows版)
  • Dr.Sum EA Ver.4.0(Windows版)
  • Dr.Sum EA Ver.3.0 SP3
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.4.2 ※11
  • Excelファイル ※12 ※13
  • CSVファイル ※14
  • Amazon Aurora
  • Amazon RedShift 1.x
  • Apache Spark 2.1.0
  • Apache Spark 2.0.2
  • EnterpriseDB 9.5
  • FUJITSU Symfoware Server V9.x
  • FUJITSU Software Symfoware Analytics Server V12.x
  • Google Analytics
  • Greenplum Database 4.x
  • HAWQ 1.x
  • HiRDB 9.x
  • Hitachi Advanced Data Binder 3.x
  • Hitachi Advanced Data Binder 2.x
  • HP Vertica 7.x
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R2 ※15
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R1 ※15
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V6R1 ※15
  • IBM DB2 11.x
  • IBM DB2 10.x
  • IBM DB2 9.x
  • IBM PureData System(Netezzaテクノロジー)(内部Netezzaバージョン 7.x)
  • IBM Informix Server 11.7
  • MariaDB 10.x
  • MariaDB 5.x
  • Microsoft Azure SQL Database
  • Microsoft SQL Server 2016
  • Microsoft SQL Server 2014
  • Microsoft SQL Server 2012 SP1
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 SP2
  • Microsoft SQL Server 2008 SP3
  • Microsoft SQL Server 2008 SP2
  • Microsoft SQL Server 2005 SP3
  • MySQL 5.x(InnoDB)
  • Oracle Database 12cR2
  • Oracle Database 12cR1
  • Oracle Database 11gR2
  • Oracle Database 11gR1
  • Oracle Database 10gR2
  • Oracle Database 9iR2(R9.2.0.7以降)
  • Oracle RAC 12cR2
  • Oracle RAC 12cR1
  • Oracle RAC 11gR2
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 12cR2
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 12cR1
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 11gR2
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 11gR1
  • PostgreSQL 9.6
  • PostgreSQL 9.5
  • PostgreSQL 9.4
  • PostgreSQL 9.3
  • PostgreSQL 9.2
  • PostgreSQL 9.1
  • PostgreSQL 9.0
  • PostgreSQL 8.x
  • SAP IQ 16.0
  • SAP SQL Anywhere 17.x ※15 ※16
  • SAP SQL Anywhere 16.x ※15 ※17
  • SAP HANA 1.x
  • Teradata Database 15.x
  • Teradata Database 14.x
  • Tibero RDBMS 6.x
  • Treasure Data
  • ※1Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※2Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※3Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※4別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。
  • ※5GEOアイテムで使用する地図データを製品メディアからインストールする場合は、別途約5.5GB以上の空き容量が必要です。追加の地図をWebからダウンロードする場合は、別途空き容量が必要です。
  • ※6RC Serviceの必要ディスク容量です。
  • ※7ブラウザーの保護モードには対応していません。保護モードを無効にして利用してください。
  • ※8デスクトップ版にのみ対応しています。
  • ※9最新バージョンから2バージョン前まで対応します(それ以前のバージョンはメーカーサポート終了のため)。
  • ※10SVF Connectorオプションのライセンスが必要です。
  • ※11Datalizer Express for Excelおよびfor Excelは除きます。
  • ※121,048,576件または100MB以内
  • ※13データソースとして利用可能なExcelファイルの形式は、次のものです。
     XLS形式 :「Excel 97-2003 ブック」(「Microsoft Excel 5.0/95 ブック」には非対応)
     XLSX形式 :「Excel ブック」、「Strict Open XML スプレッドシート」
     XLSM形式:「Excel マクロ有効ブック」
  • ※14100万件または100MB以内
  • ※15詳細な情報は、弊社にお問い合わせください。
  • ※16JDBC TYPE4に対応しています。
  • ※17JDBC TYPE2 および TYPE4に対応しています。
  • ※18バッチ番号0010以降のパッチを適用する必要があります。適用していない場合は一部制限事項があります。
    Dr.Sum EA MotionBoard のバージョンが5.7.00.0010以降であれば、適用済みです。

参考

  • 製品に付属している地図データは、OpenStreetMap(OSM)の2016年11月12日版を基に作成しています。

Dr.Sum EA MotionBoard Ver.5.7 (クライアント環境)

クライアント環境としては、以下になります。

Webブラウザーを利用
「MotionBoard Client」を利用(Adobe Flash Playerは不要)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※2
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※2
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※3
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※3
  • Microsoft Windows Vista(64bit) ※4
  • Microsoft Windows Vista(32bit) ※4
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
CPU 1GHz以上
メモリ使用量 1GB以上
ディスク使用量 512MB以上 ※5
Webブラウザー
  • Microsoft Edge
  • Internet Explorer 11(32bit/64bit) ※6 ※7
  • Internet Explorer 10(32bit) ※6 ※7
  • Internet Explorer 9(32bit) ※6
  • Internet Explorer 8(32bit) ※6
  • Internet Explorer 7(32bit) ※6
  • Mozilla Firefox 6.0以降(32bit)
  • Google Chrome(32bit/64bit) ※8
必要なソフトウェア
  • Adobe Acrobat Reader DC ※9
  • Adobe Reader XI ※9
  • Adobe Reader X ※9
  • Adobe Flash Player 10.2以降 ※10
  • ※1Pro、Education、Enterpriseに対応しています。
  • ※2Windows 8.1、Pro、Enterpriseに対応しています。
  • ※3Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  • ※4Business、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  • ※5「MotionBoard Client」をインストールする場合は、別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。
  • ※6ブラウザーの保護モードには対応していません。保護モードを無効にして利用してください。
  • ※7デスクトップ版にのみ対応しています。
  • ※8最新バージョンから2バージョン前まで対応します(それ以前のバージョンはメーカーサポート終了のため)。
  • ※9オフラインチャート(PDF形式)や、PDF出力されたボードやチャートを閲覧するときに必要です。
  • ※10各Web ブラウザーに対応した Adobe Flash Player が必要です。 Adobe Reader にてオフラインチャート(PDF 形式)閲覧時は、NPAPI 版が必要です。

コマンドラインツール

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※3
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※4
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※4
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※5
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※5
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※6
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※6
  • Microsoft Windows Vista(64bit) ※7
  • Microsoft Windows Vista(32bit) ※7
メモリ使用量 512MB以上
ディスク使用量 512MB以上
Java
  • Oracle Java RE 8(64bit)
  • Oracle Java RE 8(32bit)
  • ※1Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※2Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※3Pro、Education、Enterpriseに対応しています。
  • ※4Windows 8.1、Pro、Enterpriseに対応しています。
  • ※5Windows 8、Pro、Enterpriseに対応しています。
  • ※6Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  • ※7Business、Enterprise、Ultimateに対応しています。

MotionBoard Agent

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※3
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※4
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※4
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※5
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※5
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※6
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※6
  • Microsoft Windows Vista(64bit) ※7
  • Microsoft Windows Vista(32bit) ※7
ディスク使用量 512MB以上 ※8
  • ※1Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※2Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※3Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※4Pro、Education、Enterpriseに対応しています。
  • ※5Windows 8.1、Pro、Enterpriseに対応しています。
  • ※6Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  • ※7Business、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  • ※8別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。

インメモリOLAPエンジン

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※3
CPU 4コア以上 ※4
メモリ使用量 3GB以上 ※5
ディスク使用量 512MB以上 ※6 ※7
  • ※1Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※2Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※3Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※4同じデータサーバーグループに属するサーバーは、CPUのコア数が同じものを使用してください。
  • ※5データサーバーとして使用する場合は、32GB以上が推奨です。インメモリテーブルにデータを格納する際、作業用のメモリとして、テーブルが使用するメモリ容量の2倍程度を消費する場合があります。
    多くのメモリを消費するテーブルにデータを格納する場合、メモリ容量に空きがあってもデータを格納できないことがあります。
  • ※6コントローラーとして使用する場合は、320GB以上の空き容量が推奨です。インメモリテーブル用データを復旧する際に使われるCSVファイルを保存するディスク領域として必要です。
  • ※7別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。

+MobileアプリケーションAndroid端末

OS Android 4以降
ストレージ使用量 100MB以上
モバイル端末 OS、ストレージ使用量の条件を満たす端末 ※1
  • ※1表示するコンテンツによってメモリ使用量は変動します。よりメモリ搭載量の多い端末(2GB)を推奨します。

+MobileアプリケーションiOS端末

OS iOS 8以降 ※1
ストレージ使用量 100MB以上
モバイル端末
  • Apple iPhone 5s以降 ※2 ※3
  • Apple iPad mini 2以降 ※2 ※4
  • Apple iPad Air以降 ※2 ※5
  • ※1iOS 9 以降を推奨します。
  • ※2表示するコンテンツによってメモリ使用量は変動します。よりメモリ搭載量の多い端末を推奨します。
  • ※3Apple iPhone 6s以降を推奨します。
  • ※4Apple iPad mini 4以降を推奨します。
  • ※5Apple iPad Air 2以降を推奨します。

+MobileアプリケーションWindows端末

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※2
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※2
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※3
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※3
ストレージ使用量 100MB以上
モバイル端末 OS、ストレージ使用量の条件を満たすタブレットPC ※4 ※5
  • ※1Pro、Enterprise、Education、Mobile、Mobile Enterpriseに対応しています。
  • ※2Windows 8.1、Pro、Enterpriseに対応しています。
  • ※3Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  • ※4表示するコンテンツによってメモリ使用量は変動します。よりメモリ搭載量の多い端末(2GB)を推奨します。
  • ※5一部の端末ではGPSを利用したMotionBoardの機能は利用できない場合があります。

ブリッジクライアント

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※3
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
CPU Intel Xeon 1GHz以上
メモリ使用量 4GB以上
ディスク使用量 1GB以上 ※4
  • ※1Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※2Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※3Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  • ※4別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。

MB IoT Agent

MB IoT Agentの対応OSは次のとおりです。その他の動作環境は+Mobileアプリケーションに準じます。

OS
  • iOS 9以降
  • Android 4.2以降

ページの先頭へ戻る