サイト内の現在位置

ユースケースによるHCI導入効果とメリット

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ(HCI)

市場を取り巻く環境の変化は激しくなっており、IT部門は「インフラの安定稼働」だけでなく「迅速な導入と効率的な運用を実現するインフラ」を導入する事が必要です。 現在、注目されているハイパーコンバージド・インフラストラクチャ(HCI)は、一般的なx86サーバにコンピューティング機能とストレージ機能を統合し、シンプルな構成を実現した仮想化基盤で、「迅速な導入が簡単」「運用の負担が小さい」「簡単に拡張ができる」という特長を持ち、従来インフラよりも導入・運用の負荷が軽減できる点が評価され、さまざまな業種、業態で導入されつつあります。HCIがどのような課題に対し解決策となっているかをユースケースでご紹介します。

活用事例:統合基盤(製造業)

課題、背景

  • 老朽化した業務システムのリプレースをする際に、物理環境から仮想環境へ移行を検討
  • 各業務システムが個別構築でサイロ化しており、これを機に仮想化共通基盤を構築し、インフラコストの削減につなげたい

要望

  • 最小限の投資で、簡単に導入したい
  • 共通のIT基盤とするため、拡張性のあるインフラにしたい
  • 障害時の迅速な業務再開が必要
  • 外部ストレージの専門知識を必要とせず、簡単に運用したい

採用ポイント

  • 外部ストレージにかかるコストを削減
  • 専用の構築サービスを利用することで、電源投入後、即時利用可能な仮想化基盤を導入することが可能
  • サーバを追加するだけの簡単な拡張
  • 外部ストレージを使用せずに、2U(モジュラサーバ)のスペースで可用性を備えた仮想化基盤を実現
  • サーバの知識のみで、簡単に運用・管理

活用事例:仮想デスクトップ基盤(自治体)

課題、背景

  • セキュリティ強化(インターネット環境との分離)の具体的な対策を検討
  • 専用に新たなPCを設置するスペースの確保が難しいため、デスクトップを仮想化したい

要望

  • 仮想デスクトップ環境を導入するにあたり、基盤の管理には手間をかけたくない
  • 性能が安定した仮想デスクトップ基盤を導入したい

採用ポイント

  • 外部ストレージが不要なハイパーコンバージド・インフラストラクチャ(HCI)なため、サーバの知識のみで簡単運用・管理
  • 専用の管理ツールでインフラに精通していなくても日常の運用監視が可能
  • NECで10年以上に培ってきた仮想デスクトップ構築/運用実績を基に、事前検証済みで安心したシステムを提供

活用事例:部門システムの統合基盤(医療機関)

課題、背景

  • 部門ごとに物理システムが個別構築され、サイロ化している
  • 外部ストレージなどの専門スキルを持った管理者がいない

要望

  • 医療システムのため、障害時は迅速な業務再開が必要
  • 外部ストレージの追加に伴う運用コストの増加は避けたい
  • 部門数(システム数)は10程度で拡張予定はないため、導入コストを抑えたい

採用ポイント

  • ストレージを使用せずに冗長構成を実現
  • 外部ストレージが不要なハイパーコンバージド・インフラストラクチャ(HCI)なため、サーバの知識のみで簡単運用・管理
  • 専用の管理ツールでインフラに精通していなくても日常の運用監視が可能
  • 2ノード型の構成を採用することでVMwareのライセンスや10Gスイッチを削減し、導入コストを低減

活用事例:サービス提供基盤(データセンター事業者)

課題、背景

  • データセンターに多種多様なインフラ機器が乱立し、管理コストが膨らんでいる
  • また、運用が煩雑化し、管理者の負担が増加している

要望

  • シンプルな構成のインフラで共通化し、管理者の負担を軽減したい
  • コスト増の一因となっているラックユニット数も削減したい
  • 利用者数に応じて、柔軟に拡張したい

採用ポイント

  • 外部ストレージが不要なハイパーコンバージド・インフラストラクチャ(HCI)なため、サーバの知識のみで簡単運用・管理
  • 専用の管理ツールでインフラに精通していなくても日常の運用監視が可能
  • 外部ストレージを使用しない構成でラックユニット数の削減
  • サーバを追加するだけの簡単な拡張