サイト内の現在位置

「意図した機能の安全性」、SOTIF(ISO21448)適用コンサルティングサービス

製品開発(システム・ソフトウェア)

自動運転、運転支援システムなど高度/複雑な機能の安全性確保が業界の最重要課題であり、「意図した機能の安全性」の規格の理解から実践までを支援するソリューションです。

SOTIF(ISO21448)とは

  • 「意図した機能の安全性」SOTIF(ISO 21448)とは、センサ、アルゴリズム、アクチュエータ、電気電子システムで実現する意図した機能の性能・仕様の不十分性、それを使用する人のミスユースによる事故等のリスクを低減・回避する設計、検証の考え方・手法をまとめ、論証のフレームワーク及びガイダンスを提供する国際規格です。
  • 機能安全(ISO26262)は、故障によるリスクを扱うことに対し、「意図した機能の安全性」SOTIF(ISO21448)は、故障に依らない一般性能のリスクを扱うため補完関係にあり、ISO26262の安全ライフサイクルと並行して実施します。
  • 「意図した機能の安全性」SOTIF(ISO21448)は、2022年6月にIS版が発行され、自動車メーカー、自動車部品メーカー、業界団体などで適用が開始されています。
  • SOTIF活動は、天候や道路状況など様々な条件により発生し得る「既知と未知の危険なシナリオ」のリスクを低くすることを目標とします。活動は、ISO26262と類似する部分もあり、設計、分析、評価を反復しながら推進することが明示されています。

SOTIFの適用に関する課題

  • 自動運転、先進運転支援システムなどを実現するシステム、機能において、事故や誤動作の安全上のリスクとなる「性能不足」、「仕様不備」、「ミスユース」を特定、対策することが、重要です
  • 標準的な考え方、手法などが検討、準備されつつあり、迅速に理解し、開発の仕組みに取り入れ、自社製品に適用することが自動運転、先進運転支援システムを手掛ける企業の課題となっています

NECのサービスの特長

NECでは、お客様の事業特性や状況に合わせ、仕組み作り(改善活動)と開発プロジェクト遂行の両面から、立ち上げから実現まで一貫して支援します。

  • 「意図した機能の安全性」SOTIF(ISO21448)の活動開始にあたり、規格の要求事項・遂行ポイントなどの教育と、お客様の既存業務とのGAP分析を実施
  • 「意図した機能の安全性」SOTIF(ISO21448)の適用に向けて、プロセス、手法、開発環境整備等の改善を実施
  • 「意図した機能の安全性」SOTIF(ISO21448)の実践において、作業成果物検討・作成、レビュー等の開発活動を支援

サービスメニュー一覧

研修から開発サービスに至るまで、貴社に最適なコンサルティングサービスを提供致します。

サービス 概要
研修サービス
  • 規格の全体像、各Clause.の要点や改善推進上でのポイントを解説する
  • 各Clause.の詳細を解説する
  • 具体的な車載システムなどの事例研究により理解を深める
診断サービス
  • 現行の業務規定(※)や成果物と規格を対応付け、ギャップを抽出する
※ISO26262対応規定の有無により、診断範囲は変わります
改善サービス
  • 現行のISO26262プロセスとの両立を図りながら、Clause.5~13領域におけるSOTIF関連プロセスの構築を行う
開発サービス
  • 現状の設計を可視化、作業成果物としての不足を抽出し、改善計画を提案する
  • 対象PJにおいて、システム仕様、設計書、評価資料等必要な作業成果物を作成する

お問い合わせ