アジャイル開発導入支援サービス

製品開発(システム・ソフトウェア)

アジャイル開発とは

アジャイル開発とは、ユーザの曖昧なニーズや変化に追従するための開発手法です。
不確定要素が多く、仮説検証を行いながらゴールを達成することが求められる領域に適しています。

アジャイル開発導入のポイント

システム特性に応じた適切な手法の採用

実際のシステムでは、アジャイル開発と従来開発(※)の両手法の組み合わせが重要となります。

  • 正確性・信頼性・安定性が必要なSoR領域と、変化への追従性が必要なSoE・SoI領域の各々で適切な手法を選択
  • そのためのアーキテクチャ設計と開発・運用のための共通インフラの構築が、システム面では重要

(※)従来開発手法とはウォータフォール型の開発手法を指します。

中長期な計画に基づく組織的な取り組み

アジャイル開発の能力を獲得するには、計画的かつ組織的な取り組みが必須です。

  • 従来のウォータフォール開発からの手法の変化だけではなく、要件提供者から開発者のマインドの変更も必要
  • アジャイルの特性を理解し適切に現場を支援するために、マネジメント層の変化も求められる

これらをなし得るには、長い時間が必要であり、早い段階から取り組むことが必要です。

アジャイル開発導入支援メニュー

お客様の状況・ニーズに応じた教育・コンサルティングを実施します。

  • お客様の状況・ご要望・対象人数等の実施条件に応じて、お見積をいたします。
  • お客様にあわせた組み合わせ・カスタマイズを行ったご提案も可能です。

関連リンク

お問い合わせ