開発環境での利用

新事業活用/分析等

背景・課題

開発機のサイジング

本番機の規模、開発規模に合わせて開発環境を準備しなければならないが、過剰投資となるケースがある。

本番開始後の開発機の用途

本番開始後、必要なくなったサーバの使いまわしに困っている。

効果・メリット

柔軟で迅速なリソースの調達

開発、評価、保守など、フェーズに応じて必要な規模でのリソースの調達が迅速に可能。

コストの最適化

用途が無くなった開発機は解約することで、遊休リソースを無くすことが可能。
ソフトウェアの従量課金も組み合わせ、全体でのコストが最適化できる。

システムイメージ

開発環境や評価環境をクラウド上に構築

クラウド選定のポイント

多彩なラインナップから、開発案件の要件に合わせて調達ができる
(NEC Cloud IaaS:スタンダード、ハイアベイラビリティ、物理サーバ(物理専有、仮想専有))

セルフサービスポータルから、開発に必要なリソースを調達可能で、リソースのスペック変更も簡単にできる

ソフトウェアの従量課金も組み合わせられる