サイト内の現在位置

NEC Advanced-S&OP ソリューションメニュー

NEC Advanced-S&OP ソリューションは、S&OPプロセスへの変革により、お客様の戦略的な意思決定を支援します。

Advanced-S&OP 新製品需要予測ソリューション

Advanced-S&OP 新製品需要予測ソリューションは、NECの最先端AI技術を活用したソリューションです。新製品は過去データが十分になく、一般的なアプローチで「予測を当てに行く」ことは困難です。NECでは、ステークホルダーの合意形成を予測で支援することを目指し、複数のモデルで幅を持った予測を実行、納得できる計画立案を支援します。

特長

NECの最先端AI技術を活用し、以下のような判断・分析を実施しています。

類似性判断(ベンチマーク製品の選定)
データ収集や整理の負荷を気にすることなく、業務知見の少ないデマンドプランナーでも一定レベルの類似ベンチマーク製品の選択が可能となります。

類似品との差異分析による需要予測
分析と推測を継続することで、現行と同等以上の予測精度と、新製品需要予測業務のスピード向上や組織パフォーマンスの再現性向上が期待できます。需要の因果関係を可視化することで、さらなる需要創出に向けた戦略立案の高度化や各種ステークホルダーとのコミュニケーションの円滑化を促します。

機能

①新製品発売時の販売ボリューム予測機能(※特許出願済)
類似品をベンチマークとする従来の業務プロセスは踏襲しつつ、担当者のスキルに依存しがちな類似品の適切な選定と、類似品と新製品との条件の差を考慮した予測を、熟練の暗黙知を学習したAIで支援することで、属人性をなくしデータに基づく根拠の解釈性が高い予測結果を導出します。

②レンジフォーキャスト機能
類似品と新製品との条件の差を考慮した予測に加え、一般的な機械学習の予測値など、需要変動リスクが確認可能な複数の予測値を提示します。

③需要計画・ステークホルダーとの合意形成機能
販売促進に向けた計画や、供給制約を加味したリスクヘッジアクションを記入可能な専用のレポートフォーマットで、各種ステークホルダー間(マーケティング・営業・SCM等)の情報共有と合意形成を促進します。

④年間販売量 予測機能
発売直後の売れ行きを踏まえた中長期の予測分析機能を搭載。マーケティング・営業部門で主導される新製品発売前後の予測プロセスから、SCM部門中心の年間の予測プロセスへとスムーズな移行を実現します。

事例

アサヒ飲料株式会社様

NEC、AIによる新商品需要予測と予測精度マネジメントによる収益拡大に向けた戦略立案高度化の実証実験をアサヒ飲料と実施