サイト内の現在位置を表示しています。

WebSAM Performance Management - FAQ(詳細)

Q1ライセンスの考え方について
A1

フルパッケージとはCD-ROM添付製品で1ライセンス分です。1,5,20ライセンスとは追加ライセンスのみで、CD-ROMが付いていません。

  • PFM-Managerのライセンスについて
    Managerの「フルパッケージ+10ノードライセンス」は「PFM-Managerが管理できるPFM-Agentがインストールされているノード数が10ノードまで」ということを意味します。
  • PFM-Agentのライセンスについて
    監視したいエージェントごとにライセンスが必要です。
    例:サーバ4台のOracleを監視したい場合、PFM - Agent Option for Oracleを4ライセンス購入していただく必要があります。
  • PFM-Baseのライセンスについて
    エージェントホストごとにライセンスが必要です。
    マネージャホストの場合には、ライセンスは不要です。
    例:ホストAにPFM - ManagerとPFM - Agent Option for Platform、ホストBにPFM - Agent Option for PlatformとPFM - Agent Option for Oracle、ホストCにPFM - Agent Option for Platformをそれぞれセットアップする場合、必要なPFM - Baseのライセンス数は、ホストAは0ライセンス(不要)、ホストBは1ライセンス、ホストCは1ライセンス、合計で2ライセンスとなります。
  • クラスタ構成のライセンスについて
    PFM-Managerは筐体ごとにライセンスが必要です。
    PFM-Agent/PFM-Base/PFM-Web Consoleはインストールごとにライセンスが必要です。
    例:1筐体2ノードクラスタの場合、PFM-Managerは1ライセンスの購入。
    PFM-Agent/PFM-Base/PFM-Web Consoleは現用系・待機系にインストールする必要があるため、2ライセンスが必要です。
  • FTサーバ(Fault Tolerant server)にインストールする場合のライセンスについて
    PFM-Managerは1ライセンスのみ必要です。
    PFM-Agent/PFM-Base/PFM-Web Consoleは多重化した数だけライセンスが必要です。

Q2Performance Management - Agent Option for Oracleで監視するためにOracle側で設定が必要な項目は?Up
A2

Performance Management - Agent Option for Oracle マニュアルに従い、以下を設定してください。

  • PFM - Agent for Oracle で使用するOracleのアカウント作成
  • PFM - Agent for Oracle が提供するオブジェクトの登録
  • Oracle Database の初期化パラメータ「TIMED_STATISTICS」の値を「TRUE」に変更
    収集するパフォーマンスデータにより設定が必要な場合があります。

Q3ファイアウォールでNAT変換も対応していますか?
A3

対応しています。
Performance Managementで使用するIPアドレスを管理するjpchostsファイルへの設定を行うことで可能です。具体的には、Managerのデータベースに登録されるAgentのIPアドレスを各Agentのjpchostsファイルに設定します。

Q4jpchostsに設定するアドレスはPFM-Web Consoleのアドレスも設定しますか?
A4

pchostsでの設定が有効になるのは、PFM-Manager,PFM-Agent,およびPFM-Baseになります。
PFM-Web Consoleの場合、jpchostsファイルの設定ではなく、config.xml ファイル,hostsファイルまたはDNS定義を参照いたします。

Q5Performance Managementが使用するポート番号を教えてください。Up
A5

ポート番号 プロトコル 製品 変更可否 可の範囲 備考
20271 TCP Manager ← Agent 1024~65535の範囲内で可能 各サービスがMaster Managerサービスと通信接続するときに使用する。
20272 TCP Manager ← Agent 同上 各PFM - Agent のイベントを記録するときに使用する。
20273 TCP Manager ← Agent 同上 各PFM - Agent のイベントをPFM - Manager に送信するときに使用する。
20274 TCP Manager ← Agent 同上 SNMP トラップを送信するときに使用する。
20275 TCP Manager ←→ Agent 同上 アクションを実行するときに使用する。
20276 TCP Manager ← Agent 同上 各PFM - Agent のイベントやレポートをPFM - Web Console に OK 送信するときに使用する。
20277 TCP Agent ← Manager 同上 UNIXでパフォーマンスデータを記録したり、履歴レポートを取得したりするときに使用する。
20278 TCP Agent ← Manager 同上 UNIXでアラームをバインドしたり、リアルタイムレポートを取得したりするときに使用する。
20279 TCP Agent ← Manager 同上 Windowsでパフォーマンスデータを記録したり、履歴レポートを取得したりするときに使用する。
20280 TCP Agent ← Manager 同上 Windowsでアラームをバインドしたり、リアルタイムレポートを取得したりするときに使用する。
20358 TCP ブラウザ → Web Console 同上 ブラウザからPFM - Web Consoleに接続するときに使用する。
20359 TCP Web Console 同上 Web ServiceサービスがWeb Consoleサービスと通信接続するときに使用する。
20368 TCP Web Console 同上 PFM - Web Console サービスが使用する管理サーバ用のポート番号
20369 TCP Web Console 同上 PFM - Web Console サービスが使用するRMIレジストリのポート番号
22285 TCP Manager ← Agent 同上 各サービスがName Serverサービスと通信接続するときに使用する。
22286 TCP Web Console → Manager 同上 PFM - Manager にログインしたり、PFM - Web ConsoleのGUIを操作したりするときに使用する。
22350 TCP Manager ←→ Agent 同上 サービスのステータスを確認するときに使用する。

Q6Performance Management - Agent Option for Enterprise Applicationsを使用してSAPシステムの監視を行う際に、適用しておくべきSAPノートは何があるのでしょうか?Up
A6

Performance Management - Agent Option for Enterprise Applications に同梱している「リリースノート」に適用が必要なSAPノートを記載していますので、「リリースノート」をご確認ください。