サイト内の現在位置を表示しています。

NEC、新アーキテクチャ採用により基本性能や接続するネットワーク機器の管理機能を強化したVPN対応高速アクセスルータの新モデルを発売

~新シリーズ「UNIVERGE IX-Rシリーズ」の第一弾として「IX-R2530」を商品化~

2024年2月28日
日本電気株式会社

 

NECは、130万台以上の出荷実績を誇るVPN対応高速アクセスルータ「UNIVERGE IXシリーズ」において、アーキテクチャを一新した新ラインアップとして「UNIVERGE IX-R2530」を商品化し、本日より販売開始します。

新商品は、5Gなど高速・低遅延な通信メディアの性能を活用できるようCPU、メモリ、主要構成部品やベースOSなどアーキテクチャを一新したVPN対応高速アクセスルータの新シリーズ「UNIVERGE IX-Rシリーズ」の第一弾モデルです。

UNIVERGE IX-R2530

新アーキテクチャの採用により基本性能や静音性(注1)を向上しながらコストを低減するとともに、10GbEと1GbE双方への対応や本モデルに接続するネットワーク機器の管理を強化する「マルチベンダ管理機能」も新たに搭載しました。

「マルチベンダ管理機能」では、NECプラットフォームズが提供するクラウド型統合管理サービス「NetMeister」(注2)と連携して、他社製機器を含む「NetMeister」非対応のネットワーク機器の状態把握や異常検出などの管理ができます。

従来の「UNIVERGE IXシリーズ」と「NetMeister」の連携では、非対応機器についてはPING監視と対象装置へのリモートアクセス(注3)のみの対応でした。新商品では、有償の「NetMeister Prime」との連携により、NetMeisterの管理画面からネットワーク機器の監視等を行うプロトコルSNMPを利用した情報収集でCPU・メモリ使用率、トラフィック・ポート状態を把握でき(注4)、さらに、遠隔操作を行うプロトコルtelnet、SSH(注5)に対応した機器ではコマンドの実行もできるようになります。
これらにより、社内ネットワークのより効率的な運用管理を支援します。

また、本モデルはUNIVERGE IXシリーズのコマンド体系に準じており、これまでの同シリーズ利用者であればスムーズに導入することもできます。

 

【UNIVERGE IX-R2530 仕様概要】
 <ポート構成>
・10Gイーサネット 2系統 2ポート
・1Gイーサネット   1系統 4ポート(スイッチングHub)
・USBポート     1ポート(Type-A)
・シリアルコンソール接続ポート(従来機互換) 1ポート

 <性能>
・IP転送性能     10Gbps
・VPN時の暗号化性能   3.5Gbps

【価格と受注・出荷時期、販売目標】
・希望小売価格:225,000円(税別)
・受注開始時期:2024年4月下旬
・出荷開始時期:2024年4月下旬
・販売目標:出荷後3年間で1万台

以上

(注1):FANの自動制御により通常時は35dB以下
(注2):NetMeister: https://www.necplatforms.co.jp/product/netmeister/index.html
(注3):リモートアクセスが利用可能な環境の場合のみ
(注4):SNMP(Simple Network Management Protocol)対応機器で該当のMIB(Management Information Base)情報の応答が可能な機種が対象
(注5):telnet(Teletype network)、SSH(Secure Shell)


お問合せ・関連製品

<UNIVERGE IX-R2530>
https://jpn.nec.com/univerge/ix-nrv/

<本件に関するお問い合わせ先>
 NECデジタルネットワーク統括部 E-Mail:ixwa-press@news.jp.nec.com

新着情報

お問い合わせ