サイト内の現在位置を表示しています。

ローカル5G

産業や自治体のDXを加速し豊かな社会を実現

資料ダウンロード

ローカル5Gとは

地域・産業のニーズに応じて地域の企業や自治体等が個別に利用できる5Gネットワークのことです。通信事業者が全国で展開する均一な5Gの通信サービスに対して、ローカル5Gは、地域・企業が主体となって、自らの建物内や敷地内といった特定のエリアで自営の5Gネットワークを構築・運用・利用することができます。
ローカル5Gを利用するには国で指定された無線局免許の取得が必要となります。

このようなお客様に

・ 超高速・大容量の専用ネットワークを持ちたい
・ セキュリティを確保した安心・安全な通信をしたい
・ 必要な時・必要な場所にネットワークを構築したい

「ローカル5Gってなに?」と思った方へ

ローカル5Gの基礎知識や特徴、キャリア5GやWi-Fiとの違い、ユースケースなど全49ページにまとめた資料です。
これからローカル5Gの検討を始める方、改めてローカル5Gについて詳しく知りたいかは是非ご一読ください。

目次
1.5Gとは何か?   
  5Gやローカル5Gの基礎知識・特徴・違いについて
2.ローカル5Gの価値は?   
  ローカル5Gのユースケース例やNECが提供するサービスのご紹介   
  ローカル5GにおけるNECの取り組みや共創環境のご紹介
3.ローカル5Gを利用するには?   
  ローカル5Gの利用にあたり必要となる免許やその他情報について

プレスリリース

トピックス

関連リンク

関連記事