サイト内の現在位置

2023年度NEC社会起業塾生(第22期生)に2団体を決定

2023年9月15日
日本電気株式会社

NECは、若手の社会起業家育成プログラム「NEC社会起業塾」(注1)の2023年度塾生(第22期生)として2団体を決定しました。

2002年度にNPO法人ETIC.(エティック、注2)と協働で開始した本プログラムは、これまでに、持続可能な開発目標(SDGs)や先駆的な社会課題に取り組む社会起業家を育成し、ソーシャルインパクト(社会的波及効果)(注3)を創出してきました。

2023年度は応募43団体のうち、事前選考会を通過した16団体のプレゼンテーションを審査し、最終選考会にて、予約したい福祉タクシー・民間救急がすぐに見つかるサービス「mairu」を運営する株式会社mairu techと、シニアのためのテーマパーク「シルバーニア」を運営する株式会社想ひ人への支援を決定しました。

NECは今後も、社会課題の解決や新たな価値創造を目指す次世代の起業家の育成を通じて、社員の社会課題への感度を高め、さらに社会起業家との対話・共創を通じて、さらなる社会価値創造を目指していきます。

支援団体の概要は次の通りです。

2023年度NEC社会起業塾生(第22期生) *順不同、敬称略

団体名 株式会社mairu tech
氏名 大村 慧(オオムラ ケイ)、田上 愛(タノウエ アイ)、柴田 紗季(シバタ サキ)
事業内容 私たちは、医療搬送の構造自体を変革することで、この業界に存在する多くの問題を解決し、これまで移動手段がなかった人々が移動できる社会の構築を狙っています。
この目標の達成のための基盤作りを、社会起業塾で達成します。自分たちのカルチャーを明確にし、組織の基盤を作ることや、仲間を見つけ、事業の方向性を定めること。目標達成のために必要不可欠なステップを、仲間と共に歩んでいくことを楽しみにしています。
関連サイト new windowhttps://mairutech.com/
活動地域 東京都
入塾への想い 既存の交通手段が届いてこなかった、車椅子やストレッチャーを必要とする人にも移動する機会を届けるべく、福祉交通の検索・予約支援サービス「mairu」と、それを用いて予約することのできる医療搬送サービス「mairu+」を開発しています。現在は、神戸市や渋谷区といった自治体の枠組みを活用し、医療機関などを巻き込んだ実証を進めています。これらを用いて高齢者の移動困難や救急逼迫の課題を根本から解決し、身体的障がいを持つ人とその支援をする人に簡単で安心できる移動を届けることが私たちの目標です。
団体名 株式会社想ひ人
氏名 金子 萌(カネコ モエ)
事業内容 弊社のビジョンは老いるのが怖くない世界を創ることです。
私が17歳の時に父が44歳の若さで若年性の認知症とパーキンソン病を発症し、以来11年間以上、母親と2人で在宅介護を続けています。
ただ昨年の9月には家族3人でハワイに行き、水陸両用の車椅子で要介護4の父でも海に入ることが出来ました。
このように介護を支える製品やサービス・制度は沢山あるため、したいことを諦める必要はありません。
だからこそ私は、老いや介護に希望を持てるプラットフォーム、シニアのためのテーマパーク シルバーニアを創ります。
関連サイト new windowhttps://www.omohibito.com/
活動地域 東京都・神奈川県・長野県
入塾への想い 介護は様々な要因が複雑に絡み合い、一筋縄では解決が難しい課題です。そんな中でも、弊社のメインターゲットである、在宅で家族を介護している家族介護者(ケアラー)の介護負担を下げるサービスを提供していきます。そのために、様々な社会課題に挑み、解決してきた先輩方から学び、シルバーニアの事業を具体化させたいです。

以上

  • (注1)
    NEC社会起業塾 https://jpn.nec.com/community/ja/resources/npo.html
    2002年度よりNECとNPO法人ETIC.が協働で開催し、社会的課題に取り組む若手社会起業家を支援するプログラム。卒業生には、認定NPO法人フローレンス(ハーバード・ビジネス・スクール・クラブ・オブ・ジャパンより「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」を最年少で受賞、ニューズウィーク「世界を変える100人の社会起業家」に選出)や認定NPO法人かものはしプロジェクト(国際青年会議所世界大会にてTOYP賞『世界で最も傑出した若者賞』を受賞、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー(リーダー部門)を最年少で受賞)等がいる。また2013年度には10年以上にわたる実績が評価され、「企業フィランソロピー大賞・社会変革への礎賞」(主催 公益社団法人日本フィランソロピー協会)を受賞。
  • (注2)
    NPO法人ETIC.(特定非営利活動法人エティック) new windowhttps://www.etic.or.jp/
    社会の未来をつくる人を育み、挑戦する人を支える仕組みづくり・生態系づくりを提案するNPO法人。
    1993年の創業以来、次世代の起業家型リーダーの育成と社会へのイノベーション創出を通して、実践型インターンシップやソーシャルビジネスを立ち上げる若者を支援するNEC社会起業塾などの起業家支援プログラム、先輩起業家や事業パートナーと繋がるコミュニティ、キャリアに関する情報発信などの機会提供を行う。これらのプログラムへの参加を通して1,900⼈以上が起業するなど、アントレプレナーシップ(起業家精神) に溢れる人材がより多く育まれている。
    また、SDGsやESGへの関心が高まる中、近年では大企業からのCSRコンサルや、社会課題を起点とした新規事業創造の研修等も実施。企業・行政・大学・個人などの多様なセクターと連携している。
  • (注3)
    NEC社会起業塾によるソーシャルインパクト(社会的波及効果)
    ※NPO法人ETIC.調べ。
    • NEC社会起業塾の卒塾生数:70団体(2022年度末現在)
    • 卒塾生の事業継続率:80%(2022年度末現在)
    ※10年以上事業を継続している企業例:
    認定NPO法人フローレンス<2003年度>、認定NPO法人かものはしプロジェクト<2003年度>、NPO法人CANVAS<2003年度>、認定NPO法人カタリバ<2004年度>、ケアプロ(株)<2008年度>、(株)坂ノ途中<2009年度>、NPO法人クロスフィール<2011年度>等
    • 事業規模からみた平均成長率 :約3倍(2012~2019年度の卒塾生50団体)

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC コーポレートコミュニケーション部
コーポレートプロモーショングループ
E-Mail:sco@csr.jp.nec.com

NPO法人ETIC.
担当:川上、猿渡
TEL: 050-1743-6743
E-Mail:incu@etic.or.jp

Orchestrating a brighter world

NECは、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、
誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
https://jpn.nec.com/brand/