サイト内の現在位置

NEC、高齢者見守りにおけるCOVID-19対策としてコミュニケーション・ロボットを活用したサービス「みまもり パペロ」を福井県坂井市へ提供

~坂井市が見守りロボットによる実証実験を開始~

2020年8月4日
日本電気株式会社

NECは、福井県坂井市へコミュニケーション・ロボット「PaPeRo i(パペロアイ)」(注)を活用した高齢者の見守りと楽しい生活をサポートするサービス「みまもり パペロ」の提供を開始しました。坂井市では、新型コロナウイルス感染症により新しい生活様式が求められる中、本サービスを活用した新たな高齢者の見守りの実現に向け、実証実験を行います。

坂井市では、新型コロナウイルス感染症の影響により、地域による見守りや離れて暮らす家族による見守りが困難になっており、一人暮らしの高齢者の孤立化が懸念されています。
そこで坂井市は、非訪問・非対面で高齢者の癒しや家族とコミュニケーションを実現する「みまもり パペロ」に注目し、その有効性を検証するため実証実験を行うことになりました。
本実証は、一人暮らしの高齢者10名を対象に2020年8月1日から9月30日までの2ヶ月間行われます。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い「新しい生活様式」が求められるなか、坂井市では、一人暮らしの高齢者が安心して地域で生活できるようにするため、この実証実験を通して「みまもり パペロ」を新しい見守り方法として検討していきます。
このような新型コロナウイルス感染症対策を目的とした、ロボットを活用した高齢者見守りサービスの取り組みは、全国で初めてです。

「PaPeRo i」を使う坂井市の高齢者
「PaPeRo i」を使う坂井市の高齢者

本サービスは、顔検知機能や音声認識AI技術、さらにクラウドサービスを融合しています。高齢者を見守るだけでなく、ロボットとの会話や、家族とのメッセージ・写真などのやりとりを通じて一人暮らしの高齢者の孤独感を癒し、楽しい生活をサポートします。
また、坂井市は、「みまもり パペロ」を通じて、高齢者と離れて暮らす家族に代わって警備会社が緊急時に対応できる緊急通報サービスや市の防災メールが受信できるサービスにも取り組みます。

「みまもり パペロ」の主なメニューzoom拡大する
「みまもり パペロ」の主なメニュー

以上

  • 注:
    PaPeRo i:NECプラットフォームズが2016年7月に出荷開始したロボット型オープンプラットフォーム。撮影用カメラ、顔認識用カメラ、温度・湿度・光度等のセンサーを持つ。音声認識機能やテキスト読み上げ機能を持つ他、クラウド型AIとの連携が可能。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC デジタルネットワーク事業部
みまもり パペロ プロジェクト 松田
TEL:090-1728-4223
E-Mail:mimamori@pap.jp.nec.com

Orchestrating a brighter world

NECは、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、
誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
https://jpn.nec.com/profile/vision/